iPadをカーナビにするならWiFiモデルかセルラーモデルか?

カーナビ

最近は車に専用のカーナビを搭載して使用するのではなく、iPhoneやiPadをカーナビとして使う人が増えているようです。iPhoneは確かに便利なのですが、最大の難点は画面が小さいこと。その点、iPadはむしろ通常のカーナビよりは大きく、iPad miniでも十分な画面の大きさです。iPadにはWiFiモデルとセルラーモデルがありますが、カーナビとして使うならばどちらを選べば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

注目!
▼▼カーナビの上手な使い方はこちら▼▼
カーナビについて役立つ情報をまとめました!

iPadをカーナビにするならWiFiモデルかセルラーモデルか?

同じiPadであればWiFiモデルの方がWiFi+セルラーモデルよりも安いので、どちらでも良いならばWiFiモデルを選びたくなりますね。特にWiFi+セルラーモデルには月々の通信費を支払わないといけませんので、さらに負担が大きいです。

ところがWiFiモデルにはカーナビに使うためには、GPSが付いていないという大きな問題があります。もちろん4Gも使えません。カーナビとして使用するためには、移動しながら随時位置情報と地図情報を取得しなければなりません。WiFiモデルでは、唯一WiFiに接続すればおおよその位置と地図情報を取得できますが、そのためにはモバイルルーターかiPhoneでデザリングする必要があります。車でドライブする場所が必ずしもモバイルルーターのサービスエリアになっているとも限りませんので、かなり使い勝手が悪いでしょう。iPhoneでデザリングする場合もオプション料金が発生します。またiPhoneのバッテリーの消耗も早くなります。

WiFi+セルラーモデルならば、GPSも4Gも両方使えますので、カーナビとして使う上で断然良いでしょう。

iPadをカーナビにするなら通信料は?

iPadをカーナビとして使うならば、WiFi+セルラーモデルの方が良いことを説明しましたが、月々の通信料を支払わなければなりません。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアではそれなりの料金になります(*プランやiPhoneとセットにしたりなどで大きく料金が異なりますので、詳しくは各社のサイトをご覧ください。

iPadの月々の通信料を安く抑えることができる方法としては、SIMフリーのiPad WiFi+セルラーモデルをApple Storeで購入し、格安SIMを挿入して使用する方法が知られています。この方法であれば、プランにもよりますが、月々1000円未満で使うことができます。このぐらいの負担であれば耐えられるという人もいるでしょう。


スポンサードリンク

iPadをカーナビにするならホルダーは?

iPadをカーナビに使用する場合に忘れてはいけないのがホルダーです。見やすい場所に取り付けなければ、カーナビとしては使い難いでしょう。また車ですので、ドライブ中にある程度の振動が発生します。多少の揺れでもしっかりiPadを固定してくれる、信頼できるホルダーを選んだ方が良いでしょう。

以下のバナーは、売れているホルダーの一例です。

 

またiPadの電源も車内で取れるように準備した方が良いでしょう。

 

まとめ

カーナビに使うためのiPadの選び方などについて簡単に紹介しました。しっかり準備して、快適なドライブにしましょう。

▼▼カーナビの上手な使い方はこちら▼▼
カーナビについて役立つ情報をまとめました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました