テクノロジー

車でハンズフリーで通話するのは違反か?道路交通法は?

投稿日:2018年7月9日 更新日:

スマホが普及したため、車を運転中に通話する人が増えてきました。運転中に通話するためには、ハンズフリーを使わなければなりません。しかし、インターネットで関連の記事を検索すると、ハンズフリーを使っても違反になるのではないかという趣旨のものを見かけます。実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

車でハンズフリーで通話するのは違反か?

車を運転中にスマホを使って通話する場合に関する法律は以下のものです。

道路交通法
(運転者の遵守事項)
第七十一条

五の五  自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

この内「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る」と「当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと」というところがポイントです。つまり、運転中にスマホの画面を見ながら電話をかけたり、スマホを手で持ちながら通話してはいけないということです。

カーナビなどに付いているハンズフリー機能を使って、Bluetoothでスマホと接続し、スマホ本体を持たずに通話するのであれば基本的には道路交通法には違反しないことになります。

車でハンズフリーで通話すると違反になるケースは?

インターンネット上の記事で「ハンズフリーを使っても違反になる」と言われているのはどのようなケースなのでしょうか?その事例として考えられるのは、全国共通の道路交通法ではなく、都道府県ごとに定められている条例に関するもののようです。

例えば神奈川県の場合、以下のような条例があります。

神奈川県道路交通法施行細則第11条(運転者の遵守事項)
第5号
大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

カーナビのハンズフリーで、車のスピーカーから通常の音量で音を出して通話しているのであれば問題ありません。しかし、ヘッドホンやヘッドセットなどをして通話していたり、そもそも通話でなくても大音量で音楽を流していたりすれば取締の対象となることがあります。

ハンズフリー用の片耳だけのヘッドセットをしているだけで、すぐに違反になるのかはよく分かりませんが、微妙なところでしょう。

ある程度運転経験のある方ならば、走行中に前を走る車がフラフラしているところを目撃したことはあるでしょう。ほとんどの場合、ドライバーがスマホなどで通話していました。これは危険な状態で、事故防止のために取り締まらなければいけないことは一般の人でもよく分かるでしょう。

これは警察の視点で見ても同様で、フラフラしながら走行しているところをパトカーなどで巡回中の警察官が気がつき、さらにスマホを耳に当てて通話しているようであれば取締が行われるでしょう。ハンズフリーでヘッドセットしている場合も、フラフラした走行になっているようであれば取り締まられる可能性がありそうです。


スポンサードリンク

車で信号待ちの時にスマホを操作するのは違反か?

前述の道交法から、通話していなくても、運転中にスマホ画面を見ながら操作していると違反となります。また「当該自動車等が停止しているときを除き」とありますが、信号待ちで停車している時がこれに該当するかは微妙との意見もあります。

はっきりしているのは、信号待ちの状態でスマホを操作していて、信号が変わって発進したり、前の車が少々前に詰めたために自分もノロノロと少々前に移動するなどして、少しでも前に動いた時にスマホを操作していれば違反になるということです。速度が遅いだけに、車外から見られていることが多いようです。

特に渋滞している時などは、スマホで何かをしたくなるものですが、ちょっとした気の緩みで違反してしまうことは案外ありそうです。運転中はスマホの操作をしないようにしましょう。

道路交通法やこれらの条例は、そもそもの目的として交通事故を防止することがあります。違法行為になるか否かだけでなく、どのような場合に交通事故が起こりやすいのか、交通事故を防止するためにどのような努力をすればよいのかという観点から考えることも大切です。詳しくはこちらの記事「交通事故を防止するポイント ヒューマンエラーを減らすには?」で紹介しています。重大な交通事故が起これば、加害者および被害者のいずれの立場でも悲惨なことになります。もっとも大切なことを交通事故を防止することです。

まとめ

車を運転中にハンズフリーで通話をする時のことを、法律の点から紹介しました。ルールを守り、安全運転を心がけましょう。

最近はスマホをカーナビとして使用する人も増えているようです。カーナビとしてスマホを使うことにデメリットはないのでしょうか?こちらの記事「カーナビはスマホで十分なのでしょうか?後悔しないために」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

5Gと4Gの違いは?5G通信はいつから?IoTとの関係は?

スポンサードリンク 街に出れば多くの人がスマホを使っているのが見えます。シンプルな文字だけではなく、美しい写真や動画なども今ではスマホで楽しめます。それは通信技術が発展し、ブロードバンドの通信網が …

モバイルルーターのおすすめは?お得な申し込み方法教えます!

スポンサードリンク 多くの人はスマホ、パソコン、タブレットなどでインターネットを利用しています。ある程度以上利用している人ならば、その便利さを知っていますので、もはやインターネット無しの生活など考 …

MacBook ProのThunderbolt 3 USB-Cとは?おすすめのハブは?

スポンサードリンク Appleのノートパソコンの最高峰であるMacBook Proは、Thunderbolt 3のポートとヘッドホンジャックのみがインターフェイスとして用意されています。前者はAp …

MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

スポンサードリンク 長年、プライベートと仕事の両方でWindowsのパソコンを使ってきました。スターバックスなどのカフェでMacBookを使っている人をよう見かけるようになり、「カッコいいなあ」と …

ガストのクーポンをアプリで使おう!クーポン券と株主優待も!

スポンサードリンク 職場の近くにガストがあるので、私は週に3〜4回昼食で利用しています。何と言っても安く、価格を考えれば非常に美味しいですし、テーブルや席も一人で食事をするのにはちょうど良いです。 …

最近のコメント