ライフ

水道料金は全国で値上げされるのか?すでに格差が大きい!

投稿日:2018年7月15日 更新日:

最近、「水道料金が今後は値上げされる可能性が高い!」という話を聞きました。本当に値上げされるのでしょうか?本当であるならば、なぜなのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

水道料金は全国で値上げされるのでしょうか?

水道料金が値上げされる地域が増えています。検索エンジンで「水道料金 値上げ」と入力して検索すると、かなりの件数がヒットします。値上げ幅も数%どころではなく、10%〜数10%の大幅値上げがかなりあります。地域的にも一部の都道府県だけの問題ではなく、全国的に値上げをする地域が増えていることが分かります。

この値上げの動きも、今年だけの問題ではなく、ここ数年多くの地域で起こっているようです。つまり、今後も水道料金が値上げされていく可能性が高そうです。

水道料金の格差はすでに大きい

水道料金は、各地域の水道事業者が設定しています。おおよそ各市町村ごとにあるようで、国あるいは県よりも小規模な単位で水道事業を行っています(*公益社団法人 日本水道協会 水道リンク集参照)。

各水道事業者のウェブサイトで水道料金を比較してみると分かりますが、日本の中でも水道料金に大きな格差があります。最大では水道料金の高い地域は安い地域の8倍近い格差があるようです。

同じ都道府県内でも水道料金格差が大きいです。例えば埼玉県のケースでは、もっとも高い秩父広域ではもっとも安い戸田市の2倍以上の水道料金となっています。

このように水道料金の地域格差があるのですが、ほとんどの地域で水道料金が値上げされていくことが予想されています。


スポンサードリンク

水道料金が全国で値上げされる理由は?

水道料金がなぜ今後値上がりしていくことが予想されているのかを理解するために、まず各地域の水道事業について考えてみましょう。

人間にとって水は、無ければ生きていけないほど必須なものです。すべての人間が生活するために水を必要としています。そのような点では、必ず需要がある事業ではあります。しかし、一人の人間が必要とする水量は普通の生活をしている限りは大きく変わりません。場合によっては、種々の機器で節水機能が向上しているので、一人当たりの必要水量は減っていく可能性があります。

大きなトレンドとして、今後の日本は間違いなく人口が急激に減少していきます。一人当たりの必要水量が増えないで、水を使用する人間の数が急激に減少していくのであれば、間違いなく水の使用量が急激に減少します。水資源という点では良いことなのかもしれませんが、水道事業ということを考えた場合は売上が急激に減少していくことを意味します。

水道事業では河川等から取水して、浄水場で飲料水を作り出し、上水道を通って各家庭に給水します。これらの地域をカバーするインフラがあるわけですが、かなり昔から水道インフラが整備されてきているわけで老朽化が進んでいます。日本中で色々なインフラの老朽化が進んでいるわけですが、水道も例外ではなく、寿命が来ればインフラを更新しなければ使えなくなってしまいます。また水道事業に従事する人の人件費等もコストとしてかかります。これらを水の売上で賄って以下なければならないわけです。

減り続ける販売水量でインフラの更新料や人件費などの必要コストなどを賄って行かなければならないわけですので、水道料金の値上げという結論にならざるを得ないわけです。

まとめ

全国で進み始めている水道料金の値上げについて、その理由を解説しました。これからの日本では、人口減少はもはや避けられない運命です。少ない人口でいろいろなものを支えていかなければならないわけですので、一人あたりの負担が増えていくものがいろいろと出てきそうです。

水道の水質も地域によって差があります。基本的には浄水器を使用する方が良いでしょう。こちらの記事「浄水器の選び方 蛇口直結型 ポット型 据え置き型のどれがいい?」で紹介しています。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

体力をつける方法 40代以上向け!無理なく楽しく体力向上!

スポンサードリンク 40代以上の方で、体力の衰えを感じている方は多いのではないでしょうか?20代まで何らかの競技のプロあるいはトップアマチュアで活躍していたような方は別として、一般のあまり本格的に …

株の配当と株主優待で生活するには?食事券・お米・クオカード

スポンサードリンク インターネットで株のトレードができるようになり、売買の手数料も安くなったため、多くの人が株式投資をするようになりました。20年ぐらい前には、株式投資をしているというと驚かれるよ …

動体視力を鍛える方法 簡単な最先端のやり方

スポンサードリンク 先日、久しぶりにテニスの大会に出て、自分より断然強い人と対戦する機会がありました。球は速いし、回転もかかっていて、いつも練習している相手の球筋とは全然違い、ボールを目で追うのも …

加湿器を暖房と一緒に使う効果は?省エネ?風邪予防?

スポンサードリンク 寒い時期になるとエアコンなどの暖房器具を使います。温度の低い空気は含んでいる水蒸気の絶対量が少なく、暖めて温度が上がると湿度がかなり低くなります。そのため暖房器具と加湿器は一緒 …

粘着テープのはがし方で窓の場合は?粘着剤が残っています

スポンサードリンク 何らかの理由により、何かを粘着テープで貼り付けて固定することはあるでしょう。世の中にはいろいろなテープがあります。テープの素材にも種類があるのですが、後ではがすことを考えると粘 …

最近のコメント