ライフ

腕時計が防水ならば水に濡れても大丈夫?メンテナンスは?

投稿日:

腕時計にもいろいろな種類があり、価格面でも性能面でも本当に幅広いです。自分で気に入ったものを使えばよいのですが、有名ブランドの高級腕時計が好きで、頑張って購入したら大切に使いたいですね。ダイビング用の腕時計だけでなく、普段使用するような腕時計でも防水のものが多いようです。防水性能について正しく理解し、大切な腕時計を壊さないようにしましょう。以下に紹介します。

スポンサードリンク

腕時計が防水ならば水に濡れても大丈夫?

腕時計には防水性能が高い機種があり、WATER RESISTANTなどと文字盤や裏面などに記載されています。それではWATER RESISTANTなどのように記載されていれば、その腕時計は水に濡れても大丈夫なのでしょうか?

腕時計の内部は、バッテリーや精密な機械部品があり、そもそも水に弱いです。そのため、防水性能は、外部から腕時計の内部に水が侵入しないようにする構造を備えることで実現しています。したがって、どの程度の水圧をかけても水の侵入を防げるかによって防水性能が以下のようにクラス分けされています。

1.日常生活用防水 3気圧防水 WATER RESISTANT

2.日常生活用強化防水 5気圧防水 WATER RESISTANT 5BAR

3.日常生活用強化防水 10気圧防水 WATER RESISTANT 10BAR

4.日常生活用強化防水 20気圧防水 WATER RESISTANT 20BAR

5.空気(スキューバ)潜水用防水 200m 防水 100m 防水 AIR DIVER’S 200m 100m

6.飽和潜水用防水 1000m 防水 600m 防水 300m 防水 200m 防水 He/GAS DIVER’S 1000m 600m 300m 200m

(*セイコーウォッチ株式会社ホームページ参照

防水性能の表現として、10気圧防水や100m防水といったものがあります。10気圧が水深100mでの水圧に相当するため、そのような表現となっています。しかし、10気圧防水ならば水深100mまでこの腕時計を装着して潜れるという意味ではありません。あくまでも腕時計を静置して、周囲から10気圧の水圧をかける試験に合格しているという意味になります。

どういうことかというと、例えば水中で泳ぐと水の抵抗分の水圧が腕時計にかかります。これが腕時計を静置して動かしていない時に加わるわけですので、10気圧防水だからといって水深100mまで潜っても大丈夫というわけではないということです。これと同じことが3気圧防水や5気圧防水の場合にも言えます。

3気圧防水と言えば水深30mに相当する水圧に耐えられることを意味しますので、通常のプールなどでは装着して泳いでも大丈夫と誤解する人もいるようです。3気圧防水では、汗や雨、手を洗う時の飛び跳ねる水滴が少々かかる程度であれば大丈夫というレベルの防水機能と考えた方が安全です。腕に装着したまま水中にどっぷりと使ってしまうような使い方は危険です。

5気圧防水レベルならば、雨天時に外で装着したままスポーツをする、台所で装着したまま水洗いをするなどしても大丈夫な防水性能です。

10気圧防水レベルならば、通常のプールなどで水泳をしても大丈夫な防水性能です。ダイビングするならば20気圧防水以上が必要でしょう。

腕時計が防水ならば水に浸けても大丈夫?

腕時計の防水性能のクラス分けについて上で説明しましたが、それでは10気圧防水の腕時計ならばプールやシャワーに腕時計を装着したまま入っても大丈夫なのでしょうか?実は以下のように注意すべき点があります。

1.リューズが緩んでいたり、水が付いたまま動かしてはいけない

防水性能の試験は、腕時計のリューズがしっかり締めてある状態で行われています。リューズが緩んでいる状態では簡単に水が侵入してしまいますので、本来の防水性能が発揮されません。また水に使っている状態や、水がリューズに付いている状態でリューズを動かすと、水が腕時計内部に侵入しやすくなります。

2.水以外の石鹸・シャンプーなどに弱い

防水機能は、あくまでも水に対してものものです。石鹸やシャンプーなど水以外の液体が付着すると、パッキンやコーティングなどの劣化が早くなる可能性があります。劣化が進むと、知らないうちに防水機能が低下し、腕時計がダメージを受ける可能性があります。


スポンサードリンク

腕時計が防水でもメンテナンスが必要?

腕時計の防水性能は、新品の時のものです。通常はゴム製のパッキンなどが使われていて、これらの部品が経時変化で劣化していくため、定期的に分解し、部品交換をしなければ性能が維持できません。通常は2〜3年でメンテナンスを受ける必要があります。厳密には腕時計の機種によって異なりますので、添付の取扱説明書などをみて使用方法・メンテナンスの時期などについてしっかり確認しましょう。

まとめ

防水機能がある腕時計でも、その防水性能にはいくつかのクラス分けがありますので、どのレベルの防水性能であるのが把握して使用しましょう。また定期的にメンテナンスして、防水性能を維持しましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人手不足による倒産はなぜ起こる?深刻な業界は?

スポンサードリンク 最近は新聞やインターネットなどで、毎日のように「人手不足」という言葉を耳にします。商品やサービスの注文・ニーズはあるのに、人手不足が原因で倒産する事例も増えているようです。一方 …

家計簿をつける意味はあるの?支出管理と資産形成の第一歩

スポンサードリンク 生活するにはお金が必要です。限られた収入の範囲内でお金を使っていれば問題ないのですが、お金を使いすぎて困ってしまうこともあるでしょう。人によってはお金が足らなくなって高い金利で …

体力をつける方法 40代以上向け!無理なく楽しく体力向上!

スポンサードリンク 40代以上の方で、体力の衰えを感じている方は多いのではないでしょうか?20代まで何らかの競技のプロあるいはトップアマチュアで活躍していたような方は別として、一般のあまり本格的に …

子供がグリルでやけどする事故!ガスコンロで魚を焼いたら注意!

スポンサードリンク 外出して自宅に戻ってくるとホッとしますが、小さな子どもにとっては家の中にも危険があります。注意が必要なのが、小さな子どものキッチンでやけどです。ガスコンロのグリルに触ってしまい …

窓の結露対策で賃貸でもできるもっとも良い方法は?

スポンサードリンク 冬になると窓に結露する住宅があります。実は私の住んでいる家もそうです。もっとも寒い時期になると、雑巾・タオル1枚では拭き取りきれないほどの結露が生じます。結露は単純に濡れるだけ …

最近のコメント