ライフ

ダニの駆除・対策は必要?おすすめの方法は?

投稿日:

先日の朝、ふと気がつくと枕の近くにダニがいました。とりあえず捕殺しました。その次の日の朝にもまたダニがいたので捕殺しました。そしてその次の日もまた・・・。どうやら我が家にダニがかなり発生しているらしいです。現時点では、アレルギーや刺されたりなどの健康被害は出ていませんが、本気でダニの駆除・対策を進めないといけないようです。

スポンサードリンク

ダニの駆除・対策は必要?

一般家庭には30種類以上のダニがいます。これらのすべてを覚える必要はないですが、主に人を刺して、刺されたところが後で赤く腫れ、痒くなるのがツメダニ、非常に小さく、その体や死骸、糞がアレルギー・喘息などの原因となるのがチリダニです。家の中でこれらのダニを見かけると不快ということもありますが、やはりこれらのような実害がありますのでダニを発見したらできるだけ早く駆除・対策をするようにしましょう。

また通常は家の中にはいませんが、山間部、河川敷、草地などにマダニが生息しており、これらの生息地に行った時に知らない間にマダニに噛まれ、そのまま家の中に持ち込んでしまう可能性はあります。マダニは、SFTSウイルスなどの重篤な症状を引き起こす病原体を媒介しますので、生息地などに行った場合は注意しましょう。

ダニを駆除するおすすめの方法は?

ダニを駆除する方法にはいくつかあります。駆除剤などの薬品を使用する方法は、それなりに効果はあると思いますが、薬品による害がないかどうかが少々不安になりますね。実は安全で簡単な方法があります。それはダニシートを使う方法です。

身体に無害な誘引剤と、ダニを捕獲するための粘着シートでできていて、ダニがいそうな場所にセットするだけで使えます。そのまま3ヶ月使用でき、使い終えたら燃えるゴミとして捨てるだけです。

もちろん、ダニ駆除の基本としては、ダニが好みそうなホコリの溜まっている場所をキレイに掃除することなどが必要です。しかし、あまりに頻繁に徹底的に掃除するのも大変ですし、掃除やダニ駆除に要する労力と時間についてもよく考えた方が良いでしょう。単純にシートをセットするだけというもっとも労力と時間が節約できる方法であるという点は、注目に値するでしょう。


スポンサードリンク

ダニの対策で布団にはこれ!

ダニは、布団の中にも侵入し、住みついてしまいます。布団にダニが住みついてしまうと、布団を丸洗いしてもダニを取り除くことはできません。布団の内部まで侵入したダニを退治するためには、コインランドリーなどの乾燥機で70℃以上の高温で長時間温風を当てることが有効です。しかし、布団をまるごと乾燥機にかけるのも大変ですよね。

一番簡単な方法は、布団にダニが侵入しないようにすることです。最先端の極細繊維を使い、ダニが入り込めないほど緻密に編んだ生地で作った布団カバーが販売されています。これに現在使用している布団を入れれば、ダニが布団に侵入できなくなりますし、布団中にいるダニも外に出てこれなくなります。特に新しい布団を購入し、使い始める時にこの布団カバーを被せれば完璧です。詳しくは以下のバナーをからご覧ください。

まとめ

家の中に住みついてしまうダニの駆除と対策について紹介しました。ダニの駆除・対策にかける労力と時間も大切ですので、できるだけ少ない労力と時間で実行できる方法を選んでみました。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイカーローンは残価設定型?通常型? ディーラー?銀行?

スポンサードリンク 欲しい車があって、ディーラーに見に行って、購入を決め、カタログを見ながらグレード、色、オプションなどを決めるのは楽しいですね。そんなに頻繁に買うものではないので、奮発していろん …

エスカレーターを歩くのは危険?JR東日本は歩行禁止を呼びかけ

スポンサードリンク 最近、危険防止のためにエスカレーターでの歩行をやめるべきとの意見が聞かれます。これまではエスカレーターでは、急いで歩くための人のために片側を空けることがマナーとされてきました。 …

家計簿をつける意味はあるの?支出管理と資産形成の第一歩

スポンサードリンク 生活するにはお金が必要です。限られた収入の範囲内でお金を使っていれば問題ないのですが、お金を使いすぎて困ってしまうこともあるでしょう。人によってはお金が足らなくなって高い金利で …

静電気除去グッズ!バチッとくる静電気を簡単に除電する!

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると「バチッ」と静電気が起こりやすくなります。嫌ですよね。ガソリンスタンドなどでは事故にもつながりますし、精密機器を製造・取り扱いする現場では機器の破損につなが …

株主優待と配当で楽しむ株式投資!オリックス、アビストなど

スポンサードリンク 株価は様々な要因で上下しますので、含み損を抱えてつらい思いをすることがあります。そんな時でもしっかり配当や株主優待を出し続ける企業の株ならば、長期で保有するほど勝てる可能性が高 …

最近のコメント