テクノロジー

車のダッシュボードの夏の温度は?置くと危険なものは?

投稿日:2018年8月1日 更新日:

夏の炎天下で、エアコンを切った状態の車の中は非常に高い温度になることは広く知られるようになりました。それでも、毎年、車内に子供を残したままパチンコで遊んでいる親が居て、ニュースなどで報道されるのは驚きます。車内でも、特にダッシュボードの温度が高くなり、危険です。以下に紹介します。

スポンサードリンク

車のダッシュボードの夏の温度は?

気温35℃程度の炎天下に、車を駐車しておくと、エアコンを止めてから1時間半程度で車内温度は50℃程度にまで上昇します。これは太陽光を反射しやすい白の塗装の車の場合で、太陽光を吸収しやすい黒の塗装の車ではさらに5℃程度高い温度になります。驚くのはダッシュボードの温度です。白の塗装の車で74℃程度、黒の塗装の車で79℃にまで達します(*JAFによるテスト参照)。

これらは車種や車の塗装、ガラスの赤外線・紫外線カット機能などにも依存しますが、おおよその目安として知っておいた方が良いでしょう。

車のダッシュボードに夏は置くと危険なもの

前述のような温度にまで上昇することを考えると、ダッシュボードに置いておくと危険なものが分かります。車内に持ち込みがちなものとしては以下のものが挙げられます。

1.炭酸飲料

炭酸飲料の入ったペットボトルが温められると、液体中に溶け込んでいた炭酸ガスが気体となって出てきて、ペットボトル内の圧力が高まります。炭酸飲料やペットボトルの種類、開封前か開封後か、開封後であれば飲み残しがどの程度なのかによって破裂する温度は異なります。正確な温度は分かりませんが、前述用な温度のダッシュボードに置いておいた場合は、破裂しても不思議ではないでしょう。ペットボトル入り炭酸飲料を加熱して破裂させたところを見たことがある方は少ないと思いますが、人間に直撃した場合は骨折、切傷、打撲を追う可能性がありますし、眼球に直撃したら最悪の場合は失明する可能性があります。車内の何らかの場所にペットボトルの破片が直撃した場合はその部分が破損し、高額な修理代が必要になる可能性もあります。もちろん中身の炭酸飲料は車内に撒き散らされるでしょう。

2.スプレー缶

中身は色々なものが考えられますが、ほとんどのスプレー缶は高温下に置くと爆発する可能性があります。夏場では虫よけスプレー、制汗剤、殺虫剤などが多いでしょうか?

3.ライター

私はタバコを吸わないのでよく分かりませんが、ライターは可燃性の液体が入っていますので、非常に危険です。

4.電池

案外見過ごされがちなのが電池です。高温下で破裂・発火する危険があります。

これらのものは絶対にダッシュボードに置かないようにしましょう。またダッシュボード以外の車内でも、直射日光が当たる場所は同様に危険です。


スポンサードリンク

車のダッシュボードに夏に置くと故障するもの

ダッシュボードに置くと故障しやすいものもあります。それらは以下のものなどです。

1.スマホ、タブレット、ノートパソコン

これらの機器は、本体の温度が上昇すると、危険防止のために動作しないような安全回路が組み込まれているものが多いです。つまり、負荷の高い使い方をした時にそもそも本体が熱くなることもあり、その時に機器自体が危険防止のために動作をストップさせるからです。ダッシュボードにおいて温められた場合は、この機能が作動してしまい、温度が下がるまで使えなくなります。温度と高温にさらされている時間によっては故障してしまう可能性もあります。さらにリスクがあるのはリチウムイオンバッテリーです。エネルギー密度が高く、通常通り使用していても膨張・発火した例も報告されていますので、ダッシュボードで高温にさらされると危険です。

2.CD、DVD、BD

CD、DVD、BDはプラスチックで作られた光ディスクですので、基本的に高音で変形しやすいです。長時間高温にさらされると変形して使えなくなる可能性があります。

3.高温で溶けるもの・揮発するもの

その他、いろいろなものが考えられますが、芳香剤やクレヨンなど高温で溶けてしまったり、揮発する可能性があるものは、ダッシュボードに置いたままにすると使えなくなってしまうでしょう。場合によっては車内を汚し、元に戻せなくなります。

基本的にはダッシュボードに何も置かない方が無難です。

まとめ

炎天下の車内では温度が高くなることは知られていますが、ダッシュボードがどのぐらいの温度まで達するのかについてあまり知られていないようです。不用意にダッシュボードにものを置いて、大きなトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。駐車する時は、フロントガラスのところにはサンシェードを置くようにした方が安全です。

車の中に居て運転をしていても、油断をすると日に焼けてしまいます。しっかり紫外線対策をしましょう。詳しくは、こちらの記事「車の運転中の紫外線対策は必要です!日焼けを防ぎましょう!」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

niftyのメールに突然ログインできない!対処方法はこれ!

スポンサードリンク 新しいパソコンを購入し、最新のメールソフトを設定する時などは、設定を間違えるとメールの送受信が上手くできずに困ることはよくあります。そんな時はプロバイダーのサイトの説明をよく読 …

テニスの試合でタイミングを取るのが難しい!リズムが重要!

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている中級レベルの人でも、コーチの球出しなどのボールは上手く打てるのに、試合(試合形式の練習)ではボールを練習の時のように上手く打てないこ …

WiFiのスピードが遅い場合の原因と対策!

スポンサードリンク 自宅でインターネットを存分に楽しむためには、光ファイバー回線などのブロードバンド回線を引き込み、最新のWiFiルーターを接続して使用する方法がおすすめです。スマホなどのデータ通 …

踏み間違い防止 トヨタの仕組み インテリジェントクリアランスソナーを体験

最近は高齢者の運転による死亡事故、店舗などの駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が大きく報道されていますので、社会の関心も高まっています。しかし、多少ミスリードされていると感じるのは、高 …

車の雪対策はタイヤ、ワイパー、スプレーなどの基本をチェック!

スポンサードリンク 積雪がそれほど無い地域に住んでいると、たまに雪が多く降って積もった時に車の運転ではかなりトラブルが起こることが多いようです。スキーやスノボーで雪が降っている地域に車でいくときも …

最近のコメント