テニス

テニススクールの中級からレベルアップするために体力アップ!

投稿日:2018年8月24日 更新日:

週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人は、レッスンを受ける程度の体力はあると思いますが、一般的にはさらに上のレベルを目指すためには不十分なことが多いように思います。テニススクールの中級レベルの人の基礎体力アップについて紹介します。

スポンサードリンク

テニススクールの中級からレベルアップするために基礎体力アップ!

テニススクールの中級と言っても、一般の社会人のクラスであれば20代から60代ぐらいの方まで、幅広い年齢層の方々が居ます。必ずしも年齢が上の方が基礎体力が低いというわけではなく、人によってそれぞれです。コーチもスクール生の体力レベルを見ながら、ある程度加減をして球出しをします。中には体力レベルの高い人もいますが、一般的には週に1回レッスンを受ける程度ではそれほど高いレベルの体力は無いでしょう。

コート内でボールの所までダッシュしたり、ラリーが続いた時にもスピードを落とさずに動き続けるにはワンランク上の体力が必要となるでしょう。逆に言えば、今よりももっと素早く動き、そのスピードを維持できれば上級レベルへの道が開けてきます。実際、同じスクールで上級クラスのレッスンを見てみれば分かるのですが、中級の人よりも動きが速いですし、もっとラリーが続きますので、長い時間動き続けています。もっと分かりやすいのはプロの試合です。テレビなどで見てみれば、非常に素早い動きで、コート全体を動き回っているのが分かるでしょう。もちろんプロと同じように動くのは無理ですが、テニスという競技で勝つためにはあそこまで動き回らなければいけないということを認識できるだけでも、やる気が出てくるでしょう。

そしてテニススクールの短いレッスンの時間で、できるだけ素早く動こうとして痛感するのは、「基礎体力をアップする必要がある!」ということです。

テニススクール以外では時間が無い人の基礎体力アップ方法

基礎体力をアップするために、本格的に走り込んだりできれば理想的ですが、週に1回テニススクールでレッスンを受けている人は、あまり運動する時間を確保するのが難しいのではないかと思います。また、いきなり激しいトレーニングをすると継続できないことが多いですし、最悪の場合は怪我をしてしまいます。無理せず段階を踏んで基礎体力をアップしましょう。

通勤・通学している人ならば、エスカレーターやエレベーターを使用していた所を、それらを使用しないようにするだけで案外脚力の向上に役立つものです。さらに慣れてきたら、歩いたり、階段を上り下りするペースを少しずつ速くすると、かなり鍛えられます。それを日々継続すれば、コートでの動きも素早くなるでしょう。

それも慣れてきたら、少し遠回りして距離を伸ばす、軽くランニングするなどをすることにより、さらに心肺機能と脚力が向上します。

さらにラケットを持って、実際のコートをイメージしながらフットワークと素振りの練習をすれば、素早い動きと正しいスイング、スプリットステップが身体にインプットできるでしょう。この時も、最初はゆっくり動き、身体が暖まってきたらスピードアップするようにすると良いでしょう。


スポンサードリンク

テニススクール中級のためのパワーアップ方法

テニスのパフォーマンスを上げるためには、筋トレをした方が良いでしょう。それはナダルの身体を見れば分かります。実際、20年ぐらい前のテニスのトッププロと現在のトッププロの身体を写真で見比べてみれば分かりますが、現在は筋トレの重要性が広く理解され、ほとんどのトッププロが練習に取り入れています。

テニスのツアーは過酷で、強い選手ほど試合数が多くなり、過密なスケジュールになります。特にグランドスラムは5セットマッチなので、ものすごく身体を酷使します。あまりに過酷で、故障してしまう選手が多いことが問題視されているほどです。それほど過酷な試合をやっているにも関わらず、別途、筋トレ(ウエイトトレーニング)の時間をとって鍛えるのは、筋肉を太くする方法としてはもっとも優れているからです。筋肉を太くすることで、耐久力も向上し、怪我の予防にもなります。

中級レベルの人も、できれば筋トレをした方が良いでしょう。最初は特に器具を使用しないで、腕立て伏せやスクワットだけでも効果があります。ダンベルなどを用意できれば、さらに筋トレもやりやすくなり、身体のいろいろな筋肉を短時間で鍛えれられます。筋肉を太くするためには、比較的重めのダンベルで数回〜10回の運動が良いので、案外短時間でできます。

ダンベルなどの器具を使った筋トレのやり方がよく分からない場合は、近所のスポーツジムに行って、専門家に教えてもらうことをおすすめします。一度習っておけば、一生役立ちます。

筋力をアップすれば、テニスをする時の怪我の予防に役立ちますので、長くテニスを楽しめるようになるでしょう。

筋トレについては、こちらの記事「プロテインを飲めば筋肉がつく? 筋トレとタイミング」をご覧ください。

まとめ

テニススクールの中級からレベルアップするには基礎体力を向上させることが役立つこと、具体的な方法などについて紹介しました。コートでもっと動けるようになると、テニスももっと楽しくなるでしょう!

コートで動き回るには、体力だけでなくフットワークを身につける必要があります。こちらの記事「テニススクールの中級からフットワークの基本を練習する!」で紹介しています。

テニススクールでテニスを楽しむ人に役立つ情報をこちらの記事「テニススクールのことが分かるまとめ」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コンプレッションタイツの効果は?おすすめは?テニスで試した!

スポンサードリンク 最近、コンプレッションタイツを着用している人をよく見かけます。ファッション的にもかっこいいですが、機能面でも効果があるでしょうか?気になったので、実際に購入して試してみました。 …

テニススクールの中級が強くなるためのポイントは?

スポンサードリンク 週に1回テニススクールのレッスンに通う中級レベルの人は、練習時間を増やせばもっと上達する人がほとんどです。しかし、通常は仕事やその他の事情によりテニスの練習時間を増やすのが難し …

片手バックハンドのスピンを打つとネットする人は必見!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも片手バックハンドのスピンを安定して打てる人は少ないです。週に1回のスクールの練習で片手バックハンドのスピンを習得するのは難しいです。それでもわずか …

テニススクールの中級からポーチの出方をマスターする

スポンサードリンク テニススクールの中級のレッスンでは、試合形式の練習をすることがありますが、クラスの人数が多ければほとんどはダブルスでしょう。ダブルスでは、レベルが高ければ前衛がポーチに出てボレ …

テニスの中級から上達するために予測を磨く!パターン練習も!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの方には、さらに上達するために積極的に試合を経験することをおすすめしたいです。試合では、いつも練習でのコーチの球出しのように、ある程度規則正しいボール …

最近のコメント