4K・8K・ディスプレイ

有機ELの研究をしている大学の研究室は?山形大学・九州大学

投稿日:2018年8月13日 更新日:

大型テレビやスマホなどに有機ELが採用され、普及が始まっています。また照明にも有機ELが使われ始めています。製品が販売されてもまだまだ発展途上で、研究開発が進められています。有機ELの研究をしている大学の研究室はどこでしょうか?

スポンサードリンク

有機ELの研究をしている大学の研究室は?

世界初の有機ELの発光素子は、1987年に米イーストマン・コダック社の鄧青雲、Steven A. Van Slykeらによって発明されました。その後、多くの研究者が有機ELの研究に取り組みました。1993年に山形大学の城戸淳二教授(当時は助手)が、初めての白色有機ELの開発に成功しました。ディスプレイとしては、2002年に韓国のサムスンが小型の有機ELパネルの量産を開始し、2007年にはソニーが世界初の有機ELテレビを発売しました。いくつかの日本の電機メーカーが有機ELパネルの試作に取り組みますが、事業化は困難で、シャープ以外のメーカーから有機EL事業を切り離し、国主導でJOLEDに統合されました。2014年にAppleが韓国LGの有機ELをApple Watchに採用。さらにLGの大型テレビ用の有機ELパネルの歩留まりが向上し、2017年から日本メーカーへ供給しています。それ以降、ソニー、パナソニックなどからハイエンドのテレビとして、大型有機ELテレビを販売しています。

駆け足で有機EL素子の発明からこれまでの歴史を見てみました。この間、日本のメーカーは有機ELの研究開発に多大な貢献をし、大学もそれを支えてきました。有機ELと言っても、それは多くの技術の集積により実現しています。しかし、一般に「有機ELの研究をしている」と言えば、有機ELの発光材料を合成し、有機ELへの素子化までを手がけているところを指すでしょう。

もっとも有名なのは、前述の山形大学の城戸淳二教授の研究室、それから九州大学の安達千波矢教授の研究室でしょう。以下に紹介します。

有機ELの研究は山形大学の城戸研究室

世界で初めての白色有機ELは、1993年に城戸淳二教授が助手の時に開発に成功しました。それ以来、日本の有機EL分野を代表する研究者として、非常に有名です。山形県米沢市城南4-3-16にある、山形大学大学院理工学研究科 有機デバイス工学専攻に研究室があります。

2002年からNEDOの有機EL関連の大型プロジェクトなどを進めています。多くの企業と共同研究も進めてきました。

城戸淳二教授は、株式会社フラスクという有機エレクトロニクス関連材料の製造・販売を行う企業のCTOや、ナチュラルプロセスファクトリー株式会社という有機EL植物工場の企業の代表取締役も務めています。

かなり赤裸々に語っている「大学教授のぶっちゃけ話」という城戸教授のブログは有名で、ブログランキングの1位になっていることも多いです。かなり個性豊かな方で、有機ELに関する著書も多く、なんとゴルフに関する著書まであります。

山形大学でもっとも有名な研究室の一つと言ってよいでしょう。


スポンサードリンク

有機ELの研究は九州大学の安達研究室

安達千波矢教授は、第三世代の有機EL発光材料「熱活性化遅延蛍光(TADF)材料」の提案・開発者として世界的に著名な研究者です。2009年に、レアメタルを使わずに内部変換効率100%を実現できる材料を理論的に発見したと論文発表し、内閣府の最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム)において2012年にそれを実現しました。

安達千波矢教授は、九州大学応用化学部門の教授で、福岡市西区元岡744にある最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長を兼任しています。

第三世代の有機EL発光材料「熱活性化遅延蛍光(TADF)材料」の実用化のため、九州大学発ベンチャー「Kyulux(キューラックス)」を設立し、共同創業者となっています。

九州大学でもっとも有名な研究室の一つと言ってよいでしょう。

まとめ

有機ELの研究で有名な日本の大学の研究室について紹介しました。大学は、まだ世の中で誰も実現していないような新しいことに挑戦し、切り拓いていくことを期待されています。何か新しいことを成し遂げると、企業等からの共同研究も増え、どんどん産業界に波及していきます。いずれも新しいことを成し遂げた研究室で、現在は次のことにも挑戦しています。

有機ELテレビ・照明については、こちらの記事「有機ELのまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-4K・8K・ディスプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

有機EL基板用ポリイミドはワニスとフィルムがある?

スポンサードリンク 有機ELがスマートホンやテレビなど使われ、急速に普及し始めています。有機ELの基板には従来はガラスが使用されていましたが、スマートホン用などからポリイミドの基板が使用され始めて …

4K放送を録画するには?レコーダーは?ブルーレイディスクは?

スポンサードリンク 2018年12月1日から4K放送が始まりました。地デジの4倍の画素数の高画質な映像が魅力です。4Kチューナーを用意して4K放送を楽しもうとしている方も多いでしょう。放送を楽しむ …

液晶にはIPSとVAとTNがある!それぞれの特徴は?

スポンサードリンク 最近は有機ELが注目されることが多いようですが、世の中のテレビ、スマホ、パソコンなどのディスプレイでは圧倒的に液晶ディスプレイが使われています。長年の研究開発により高画質の液晶 …

有機ELと液晶のコントラストを比較すると?4K・8Kテレビでは?

スポンサードリンク テレビ、スマホ、パソコンのディスプレイでは、液晶ディスプレイが主流ですが、有機ELもかなり使われるようになってきました。有機ELは液晶に比べてコントラストに優れると言われていま …

量子ドットLED技術「QLED」とは?TCLが4Kテレビを日本で販売!

スポンサードリンク 液晶ディスプレイなどに用いられる技術として、量子ドット関連技術が複数提案され、注目されています。そのため量子ドット関連技術の名称もいろいろなものが使われており、混乱しやすいです …

最近のコメント