ヘルス

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?水の飲み過ぎは危険

投稿日:2018年8月9日 更新日:

日本の夏は猛暑で厳しいです。2018年7月16-22日の1週間で2万2647人の人が熱中症で搬送されています。また多くの人が熱中症で命を落としています。命の危険があるほどの暑さですので、熱中症予防のための水分補給が欠かせません。しかし、「水をたくさん飲むと危険」との情報も聞いたことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?

暑い場所に居ると汗をかきますので、熱中症の予防には適切な水分補給が大切です。これは間違っていません。しかし、どんどん汗をかいているような状況で、それを補うために水をたくさん飲むだけというのは危険です。なぜなら汗で水分と一緒に塩分やミネラルも身体から失われており、純粋な水だけをたくさん飲むと体内の塩分とミネラルの濃度が低くなってしまうためです。

体内の塩分とミネラルの濃度が低くなってしまうと、手足の筋肉が痙攣する、しびれる、足がつる、などの症状が現れることがあります。必ずしも体温が高くなっていなくても、これらの症状が起こることはあります。なぜなら、体温上昇が直接的な原因ではなく、体内の塩分とミネラルの濃度が下がることが原因だからです。

水分補給時に、塩分も補給することが大切です。

*ペットボトルの開封後にいつまで飲めるかについては、こちらの記事「ペットボトルは開封後いつまで飲めるのか?雑菌が繁殖する?」をご覧ください。

熱中症の予防には水だけでなく塩分補給が重要

水分とともに塩分を補給する方法はいくつかあります。もっとも簡単な方法はスポーツドリンクを飲んで、両方補給する方法です。スポーツドリンクならば通常販売されているものを入手しやすく、飲料なので各種スポーツの競技中でも適宜飲むことができるでしょう。

真夏も暑い場所で仕事をしないといけない方々の熱中症対策としてよく行われているのが、水分補給とともに塩分を含む飴などをなめる方法です。食塩を水に溶かして飲むという方法もありますが、食塩水を作るのが手間がかかるということと、以下のような熱中症対策用の塩飴の方が手軽な上に、クエン酸や糖分も含まれているので効果が高いです。

また伝統的な食品である梅干しは、食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウム、ブドウ糖が含まれていて、熱中症対策として非常に優れた食品です。

水は大人の場合、通常でも1日に2リットル必要と言われています。さらに塩分やミネラルのことを考えれば、栄養の量とバランスの良い食事を摂ることが熱中症予防の基本です。


スポンサードリンク

熱中症ではなくても水の飲み過ぎは危険

猛暑の時期になると自宅に居ても熱中症になる人が増えています。電気代を気にしてエアコンを使用しない人も居るようですが、もはや命の危険がありますので、エアコンは使用しましょう。

エアコンを使用して、適切に温度調節をしていても、就寝中に熱中症になってしまう事例が報告されています。そのため、意識して水を飲んでいる人も多いようです。しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。水も飲み過ぎると「水中毒」になることが知られています。

水中毒とは、水を過剰に摂取することで、血液中のナトリウムイオン濃度が低下することにより起こる中毒です。痙攣を生じ、重症の場合は死亡することもあります。

やはり、水分だけではなく、塩分とミネラルとのバランスが大切ですね。

まとめ

熱中症の予防で水のみを摂取し続けると危険であることを紹介しました。人間の身体は、いろいろな成分の絶妙なバランスで成り立っていることを改めて認識しました。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

足の親指の爪の内出血は靴が原因?防ぐ方法は?

スポンサードリンク 私は、以前、毎年夏に職場の旅行でテニスをすることがあったのですが、その度に足の親指の爪の下側で内出血してしまいました。そうするとほとんどの場合、爪が剥がれて、新しい爪が生え替わ …

風邪予防に効果的なのは手洗い?マスク?加湿器?

スポンサードリンク 受験生は大切な入学試験の際に万全の体調で臨みたいですね。それだけに風邪やインフルエンザにならないように予防することは重要です。受験生以外の人でも、風邪をひいて休まなければならな …

インフルエンザの予防接種は効果ない?時期は?2回接種する?

スポンサードリンク 日本では空気が乾燥し、気温が下がる季節にインフルエンザが流行することが多いです。インフルエンザは重症化することもあり、命に関わるケースもあります。 感染力が強いため、一人一人が …

子供の熱中症の症状と対処方法・予防方法をチェック!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で湿度も高く、熱中症で搬送される人も毎年かなりの人数になります。幼い子供の場合、熱中症になった時に自分の身体の状態を上手く周囲の人に伝えることができないこともあり …

最近のコメント