Apple Watchの防水性能は?海やプールでは?

Apple Watch

Apple Watchは便利ですね。特にスポーツをする人にとっては、心拍数や消費カロリーなどのデータを計測できますので、必須のアイテムと言っても良いでしょう。水泳やトライアスロンなどの時にも使いたくなりますが、海やプールで使っても大丈夫なのでしょうか?防水性能について紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watchの防水性能は?海やプールでは?

Apple Watch(Series 1を除く)の防水性能はこちらの記事で詳しく紹介しましたが、要点を再度まとめると以下のようになります。

・Apple Watchは耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。
プールや海の水深の浅い場所で装着したまま泳ぐことも可能なレベルの耐水性能があります。
ダイビングやウォータースキーなどの水圧が高くなるような使い方はできません。
経年劣化により、耐水性能が低下することがあります。

以上の特性から、基本的には海水浴やプールなどで、水深の浅い場所で使う範囲であれば大丈夫ですが、使い続けると経年劣化で故障する可能性もあると考えた方が良いでしょう。正直なところ、絶対大丈夫と考えて使うには少々不安があります。

水泳やトライアスロン、サーフィンなどで、本格的にApple Watchを使用するならば、防水性能を高めて使う方が安心できそうです。どういうことなのか、以下でもう少し詳しく説明します。

Appleの公式の説明でも、海の水深の浅いところで大きな水圧がかからないような状況で使うことは問題ないとされています。正常な状態であれば、海水に浸けることで特に問題はありません。それなのになぜ不安を感じるかというと、一般に耐水性能の高い腕時計でも2年程度の間隔で定期的にオーバーホールをしてメンテナンスをしないと、その耐水性能が維持できないからです。

さらにApple Watchはこの耐水性能を維持するためのメンテナンスを受け付けていません。何年ぐらい安心して海で使用できるのか公式の説明はありません。Apple Watchの耐水性能を維持するための構造や使用部品の寿命を不明ですので、経年劣化で耐水性能が低下すると考えて使用した方が安心できます。

Apple Watchに防水ケースを装着する

Apple Watchの防水性能を強化できる簡単な方法は、専用の防水ケースを装着する方法です。防水ケースとしては、以下のカタリスト社の製品が定評があります。

 

アメリカ国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠しており、海水の腐食性からApple Watchを保護できます。もちろん、ケースを装着しても、心拍数の計測やマイク・スピーカーなど、Apple Watchの機能を使用することができます。色は上の写真のホワイト以外に以下のブラックもあります。

 

これを使えば、海やプールなどでも安心してApple Watchが使用できます。

実は海で防水ケースを装着せずにApple Watchを使用すると、デジタルクラウンを動かした時に水が侵入したり、小さな砂粒が侵入したりするリスクがあります。これらが侵入するとApple Watchが壊れてしまう可能性がありますので、防水ケースを装着すれば安心です。


スポンサードリンク

Apple Watchを使うにはiPhoneの防水も必要?

Apple Watchは基本的にはiPhoneとペアリングして、セットで使うように設計されています。そうするとiPhoneを海やプールに持っていくことになります。実は私、iPhoneを海中に落として、壊してしまったことがあります。iPhoneは本当に短い時間であれば、水に浸かっても助かる可能性がありますが、電源を入れた状態で海水に浸かるとほぼ助かりません。海水は塩分が溶けているので、iPhoneの電子回路がショートしてしまうためです。

このようなリスクを考えると、Apple Watchに防水ケースを装着するならば、iPhoneにも防水ケースを装着した方が良いでしょう。同じくカタリスト社の防水ケースを以下に示します。

備えあれば憂い無し。壊してしまってから後悔するよりは、事前に防水ケースを装着して、防御を強化しておいた方が良いでしょう。

Apple WatchのGPS+Cellularモデルなら通話ができる

海で泳いだり、サーフィンなどを楽しむならば、Apple WatchのGPS+Cellularモデルが断然便利です。普段の陸上にいる時は、Apple Watchを使っている時にiPhoneを近くに携帯しているでしょう。ところが海へ出た時はさすがにiPhoneを携帯し難いですよね。ほとんどの場合、ビーチや陸上に置いていくでしょう。

Apple Watchは近くにiPhoneがあればGPSモデルでも通話ができますが、近くにiPhoneが無い状況では通話ができません。こんな時はGPS+Cellularモデル威力が発揮されます!海の上から離れたところにいる人に連絡できますので、万が一の緊急事態でも便利です。もしかしたら命を救うことになるかもしれません。

海の上に出ることが多い人には、GPS+Cellularモデルをおすすめします。

海から上がったらApple Watchをよく洗う

海水は塩分を含んでいますし、それ以外の物質を含んでいることもあります。海から上がったらApple Watchをきれいな水でよく洗い、水を拭き取って乾かしましょう。海水だけでなく、砂粒などが付着していることもありますので、これらも丁寧に洗い流すようにしましょう。

そのような意味でも、Apple Watchに防水ケースを取り付けておくと安心ですね。

まとめ

Apple Watchの防水性能とその強化方法について紹介しました。防水性能を強化して、存分に活用しましょう。

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました