カーナビについて役立つ情報をまとめました!

カーナビ

カーナビはかなり普及し、レンタカーにも装備されていることが多くなりました。またスマホのカーナビソフトも登場し、車載専用のカーナビではなく、スマホをカーナビとして使用する人も増えています。カーナビに関することをまとめました。

スポンサードリンク

カーナビの目的地設定の方法

カーナビは便利ですね。初めて行く場所でも、カーナビで目的地設定さえすれば、経路を示し、道案内してくれます。それだけに最初に正しく目的地設定をすることが大切なのですが、実は少々面倒です。一般的には目的地の名称・住所・電話番号・地図などから目的地を探し出し、設定します。名称が短くてすぐに表示できれば簡単ですし、住所や電話番号が分かればこれらの方が簡単かもしれません。地図は、ある程度場所が分かっている場合には目的地を探しやすいかもしれません。非常に便利な方法として、マップコードを使う方法があります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:カーナビの目的地設定を簡単にやる方法を紹介します!

カーナビにVICS WIDEは必要?

道路交通情報通信システム Vehicle Information and Communication System、通称「VICS」と呼ばれるシステムがあります。これは渋滞や交通規制などの道路交通情報を収集し、さらにその情報を処理・編集し、ドライバーへ情報提供するシステムです。日本のいろいろな場所で道路の渋滞が発生していますが、渋滞によって多大な労力・時間・経済的損失が発生します。VICSの導入によって、渋滞損失額を減らすことに成功していると言われています。このVICSをさらに高機能で便利にしたものがVICS WIDEです。

VICS WIDEの特徴は以下の4つです。

1.最新の渋滞情報を反映したルート検索
2.よりきめ細かな交通情報提供
3.気象などの特別警報をポップアップ表示
4.大雨のエリアを表示

VICS WIDEを利用するためには対応するカーナビが必要となります。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:VICS WIDEとは?カーナビに必要なのか?


スポンサードリンク

道路交通法ではハンズフリーは違法?

カーナビの多くには、Bluetoothでスマホと接続し、スマホを持たなくても通話ができる「ハンズフリー」機能があります。スマホを手で持って、車を運転しながら通話することは、道路交通法違反になりますので、許されない行為です。しかし、ハンズフリー機能を使って、スマホを持たずに通話することは認められていると思われますが、インターネット上には「ハンズフリーを使っても違反になる」との趣旨の記事があるようです。本当に違反になるのでしょうか?

インターンネット上の記事で「ハンズフリーを使っても違反になる」と言われているのはどのようなケースなのでしょうか?その事例として考えられるのは、全国共通の道路交通法ではなく、都道府県ごとに定められている条例に関するもののようです。

道路交通法から、通話していなくても、運転中にスマホ画面を見ながら操作していると違反となります。また「当該自動車等が停止しているときを除き」とありますが、信号待ちで停車している時がこれに該当するかは微妙との意見もあります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:車でハンズフリーで通話するのは違反か?道路交通法は?

スマホをカーナビに使うメリットとデメリット

スマホの性能は年々向上し、ブロードバンド網の整備も進んでいます。そして便利なアプリが次々に開発され、利用できるようになっているため、スマホをカーナビに利用する人が増えています。カーナビは、スマホのカーナビが登場するよりもずっと前から、車載専用のカーナビが開発され普及しています。車載専用カーナビは、高性能で本当に便利ですが、すでにスマホのカーナビに追いつかれてしまったのでしょうか?つまり、カーナビはスマホで十分なのでしょうか?

車載専用カーナビの一部の機能は、新車の購入時でないと付けられないものもありますので、本当にスマホで良いのかどうかよく検討した方が良いでしょう。最近のカーナビの販売台数は増えていますので、スマホが普及してもカーナビが売れなくなっているわけではありません。やはりカーナビ専用機ならではの長所があるということです。さらにバックガイドモニターなどは、新車購入時に純正のカーナビを選ばないと設定できないこともあります。ミニバンやSUVなどの大きめの車両では、バックガイドモニターが無いと非常に運転し難いですし、危険です。以下の記事で紹介しています。

関連記事:カーナビはスマホで十分なのでしょうか?後悔しないために

カーナビにiPad使うならば機種選びが重要!

カーナビにiPadを利用しようという方も増えています。iPhoneに比べて画面が大きいので見やすいですね。

iPadはiPhoneとは異なり、WiFiモデルとセルラーモデルがあります。どちらを選ぶべきでしょうか?

WiFiモデルは、4G回線が使えず、GPSも搭載していないため、位置検出精度が低くなります。非常に問題なのはWiFiの通信ができないエリアになると、カーナビとしてほぼ使用できなくなることです。

以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:iPadをカーナビにするならWiFiモデルかセルラーモデルか?

まとめ

カーナビに関する情報をまとめて紹介しました。カーナビは上手に利用すれば本当に便利です。正しく理解して活用しましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました