八王子祭りは関東屈指の山車祭り 民謡流しはギネス記録

イベント

東京都八王子市に年に数回行っています。八王子では毎年「八王子祭り」が開催されています。

昔ながらのお祭りが開催されていますので、神輿・山車などを見たことがないお子さんをお持ちでしたら、一度行って見てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  

八王子祭りについて

八王子祭りは、人口約44万人の八王子市で最大のお祭りで、毎年8月の第1金曜日を初日とする、金・土・日曜日の3日間に開催されています。

2010年時点で前身の市民祭から数えて50回目となる歴史あるお祭りで、2016年には約80万人が来場しました。最大の特徴の一つは山車です。「関東屈指の山車祭り」と呼ばれ、山車祭としては300年の歴史があります。

八王子祭りは山車が見所

八王子祭りが「関東屈指の山車祭り」とまで言われるのは、その歴史の長さと彫刻に力を入れた山車の美しさにあるようです。

スポンサードリンク

江戸後期から明治中期にかけて人形山車の祭りとして、明治後期以降は、彫刻を全面に施した彫刻山車の祭りとして有名です。

太平洋戦争時の空襲で山車が8台も消失してしまいましたが、少しずつ再建し、現在は19台の山車があります。

見せ場は「ぶっつけ」と呼ばれるクライマックスで、山車がすれ違う時にお互いに寄せ合い、囃子が競い合います。相手の囃子に連れ込まれた方が負けになります。2台に限らず、3台以上が「ぶっつけ」状態になることもあります。

祭りの夜に照明にライトアップされ、山車同士が競い合う瞬間を一度は見てみたいですね。

八王子祭りの民謡流しはギネス世界記録

八王子祭りは山車以外にもいつくかのイベントが開催されます。中でも民謡流しが規模が大きく、2016年にはLargest bon dance(最多人数で踊る盆踊り)としてギネス世界記録として認定されました。2130名が踊ったのですが、今年はさらに人数を増やし、3000名になる予定です。

ギネス世界記録が更新される瞬間に立ち会う機会となりますので、歴史の目撃者になるのも良いでしょう。

まとめ

八王子祭りは、伝統的な山車が見られる歴史あるお祭りです。民謡流しの規模は大きく、ギネス世界記録に認定されています。山車を見たことのないお子さんには、一度は見せておきたいイベントです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました