テクノロジー

サイバー攻撃からパソコンを守るセキュリティ対策はこれ!

投稿日:2017年5月19日 更新日:

インターネットは簡単に国境を越えます。そのため海外からのサイバー攻撃にも備えなければなりません。パソコンのセキュリティ対策は万全でしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク
  

サイバー攻撃からパソコンを守るセキュリティ対策が必要

海外の犯罪集団からのサイバー攻撃が話題になっています。

最近ではランサムウェアと呼ばれる身代金要求型ウィルスによる被害が世界中で発生しています。

ランサムウェアに感染すると、パソコン内のデータが暗号化されて利用できなくなり、それを元に戻すために「身代金」を要求されます。身代金を支払って、暗号化されたデータを再び使用できるようになる場合もありますが、支払っても再び使用できない場合もあるようです。

高度にIT化が進んでいる現代社会において、パソコンのデータを使用できなくされることはとても影響が大きく、重大な被害が出ています。

例えば病院のパソコンがランサムウェアに感染したことで、手術が中止になったイギリスの病院の事例が報道されていました。被害が重大な場合は「身代金」を支払う人も少なくないようで、犯罪集団の稼ぎになっているようです。

このような国際的な犯罪集団が活動している以上、パソコンのセキュリティ対策をしっかりして、備えなければなりません。

パソコンのセキュリティ対策の基本

1.最新のOSを使う

最近のランサムウェアの標的になったパソコンの多くは、古いWindowsを搭載したものでした。

Windowsのシェアが大きく、犯罪集団でも多くのユーザーが使っているものを狙った方が、ウィルスの開発効率が良いことがその理由です。

またマイクロソフトが発売からある程度の期間が過ぎると、古いWindowsのサポートを止めてしまうことも原因です。

Windowsのセキュリティに脆弱性が発見されると、新しいWindowsではマイクロソフトがパッチを提供し、それを使えばセキュリティが強化されます。ところがサポートが終了すると、脆弱性が放置されます。

スポンサードリンク

したがって、サポートが受けられる程度の新しいOSを使い、パッチが提供されたらすぐにそれを使ってセキュリティを強化することが重要です。

2.セキュリティソフトを使う

パソコンにセキュリティソフトをインストールすることは、もはや当然というレベルの話です。

セキュリティソフトは、ソフト会社が世界中のウィルスの発生状況をチェックし、頻繁にアップデートされますので、それに合わせて常に最新の状態で使うことが重要です。

3.不審なメールの添付ファイルを開かない

ランサムウェアは、メールの添付ファイルから感染することが多く、不審なメールの添付ファイルは開かないことが鉄則です。

4.パスワードを定期的に更新する

パスワードを盗むマルウェアも報告されています。

多くの人が利用するような公共(あるいは共用)のパソコンなどで、パスワードが盗まれるパターンが多く、そのような端末からは使用しない方が安全です。

また自分のパソコンを使う場合でも、パスワードを定期的に更新する方が安全度が高くなります。

パソコンのデータのバックアップをとる

ランサムウェア対策としてもっとも効果があるのは、パソコンのデータを外付けのハードディスクなどにバックアップとして保存しておくことです。

ランサムウェアは、感染するとネットワーク上の他のパソコンに感染を広げていくので、外付けのバックアップ用ハードディスクも普段はネットワークから切り離しておくことが重要です。

バックアップさえあれば、仮にパソコン内のデータが暗号化されてしまっても安心です。

サイバー攻撃はネットワークを介して来るので、ネットーワークにつながってなければ安全です。

まとめ

サイバー攻撃は世界中どこにいても、インターネットにつながっていれば誰でも狙われる可能性があります。基本的なセキュリティ対策を怠らないようにしましょう。

ノートパソコンを使っているとかなり熱くなり、場合によってはシャットダウンしてしまうこともあります。ノートパソコンが熱くなる原因と対策については、こちらの記事「ノートパソコンが熱くなる原因と対策は?究極はこれ!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

太陽光発電と蓄電池の価格が下る!風力発電と合わせて普及する!

スポンサードリンク 太陽の光を利用して発電する太陽光発電は、クリーンで静かで魅力的な発電です。東日本大震災以降は、電力の需給が逼迫したこともあり、多くの太陽光発電設備が作られました。しかし、それで …

交通事故死者数は自動ブレーキでもっと減らせる!義務化は2020年!

スポンサードリンク 交通事故の死者数は平成29年には3,694人となり、現行の統計を記録し始めた昭和23年以降最少となりました。多くの人の多大な努力により、交通事故の死者数を減らすことができました …

車のスマートキーの電池の寿命が切れたらどうなる?

スポンサードリンク 車のキーとしては「スマートキー」が普及しています。メーカーによって名称が異なりますが、鍵穴にキーを挿入しなくてもドアの鍵を開け閉めしたり、乗車後にポケットにキーを入れたままでも …

車のドライブレコーダーの選び方 画質・画角 LED信号対応

交通事故による痛ましい被害がテレビなどで報道される度に、被害の深刻さに比べて加害者への処罰が軽すぎるような印象を受けるのはおそらく私だけではないでしょう。事故の事情聴取などでは、多くの人間が自分に有利 …

トヨタ自動車はなぜHVだけでなくEVとFCVの開発を続けるのか?

スポンサードリンク トヨタ自動車は、日本最大であるだけでなく、世界でもフォルクスワーゲングループなどと首位を争う自動車メーカーです。ハイブリッドカーでは世界トップですが、電気自動車や燃料電池車の研 …

最近のコメント