ヘルス

夏バテの症状は?原因を理解して対策しましょう!

投稿日:2018年8月17日 更新日:

日本の夏は猛暑で厳しいです。熱中症で搬送される人も多いです。水分・塩分を注意して補給し、熱中症予防を心がけたとしても、なんだか身体がだるくなって、不調を感じている人も少なくないでしょう。もしかしたら、それは夏バテかもしれません。熱中症の症状・原因について知り、効果的な対策を実践しましょう。以下に紹介します。

スポンサードリンク

夏バテの症状は?

最近は、暑い時期に熱中症への注意喚起がされますので、「夏バテ」がどのようなものなのかあまりご存じない方も少なくないでしょう。「夏バテ」とは、夏の暑さにより自律神経が乱れ、それにより現れる様々な症状のことを言います。

もっとも多いのが、全身がだるくなる(倦怠感)、思考力が低下する、食欲が落ちるなどの症状です。いわゆる「疲れ果てた」状態で、「バテる」に通じることから略されて「夏バテ」と呼ばれています。他には、下痢、便秘、頭痛、発熱、めまいなどの症状が現れることもあります。

夏場にウイルス感染により流行する夏風邪や、菌などによる食中毒とは異なり、二次感染などの心配は要りません。

また熱中症と混同するかもしれませんが、熱中症は暑い場所に居て、水分、塩分などが失われ、体温が上昇することによって現れるいろいろな症状のことです。冒頭でも触れましたように、重度になると非常に危険ですので救急車等により搬送する必要があります。

「夏バテ」の場合は、辛くはありますが、一般的には救急搬送するような緊急性はありません。症状から「夏バテ」と考えられる場合は、まずは原因を調べ、対策を考えましょう。

夏バテの原因は?

夏バテの原因は何でしょうか?

日本の夏の平均気温は上昇し、最高気温も更新されています。数十年前の日本では、地域にもよりますが、真夏でもエアコンの冷房を使用しない家庭は案外ありましたし、「エアコンを使うなんて贅沢だ」などという意見もよく聞きました。しかし、数十年前にも気温が上昇していくことがデータではっきり示されている現在、エアコンの冷房を使用するのはもはや常識で、使用しないで我慢すると命に関わる場合があります。

つまり、数十年前の日本では冷房の無い部屋で暑さに長時間耐えることで夏バテになることが多かったと考えられます。ところがエアコンの普及した現在では、冷房の効いた部屋と温度の高い部屋の外・屋外を行き来する時の、温度・湿度の大きなギャップが心身に負担をかけて夏バテの原因になります。

また前述のように自律神経の乱れから引き起こされるものですので、精神的なストレス、睡眠不足なども夏バテの原因になります。これは夏以外の季節でも起こり得るものですが、夏に起これば夏バテと同じですので特に区別する必要もありません。


スポンサードリンク

夏バテの対策は?

夏バテにはどのような対策をとれば良いのでしょうか?

自律神経の乱れを整える必要があるので、まず必要なのは十分な睡眠です。可能であれば昼寝もしましょう。

精神的なストレスが原因となっている場合は、マインドフルネス(瞑想)や考えを整理して、前向きな気持ちになるようにするなどの作業が必要になることもあります。寝付けない場合は、ストレッチや軽く運動するなどして、リラックスしましょう。それだけ睡眠は大切です。

栄養をバランスよく摂ることも大切です。食欲が落ちてしまっている時は、無理して大量に食べる必要はありません。量を減らしても食べられれば、徐々に食欲も戻ってくるでしょう。しかし、食欲がなかなか戻らない時はプロテインなどのいろいろな栄養素がバランスよく配合されたサプリメントを、水に溶かして飲めば栄養を補えるでしょう。

夏バテの時のおすすめメニューについては、こちらの記事「夏バテで食欲ない時はどうすればよい?おすすめメニューは?」をご覧ください。

まとめ

夏バテの症状、原因、対策について紹介しました。自律神経の乱れによって引き起こされる症状ですので、しっかり睡眠と栄養をとってることが大切です。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ららぽーと横浜クリニックで大腸内視鏡検査・胃カメラ検査を受診

スポンサードリンク 40歳を過ぎたら、大腸がんの早期発見のために隔年で内視鏡検査を受けた方が良いとされています。大腸がんができてから進行するスピードを考えると、2年に1回内視鏡で検査すれば、早期に …

夏バテの症状と予防法 暑い夏を乗り切るためのポイント! 

スポンサードリンク 日本の夏は、年々暑くなり、まさに猛暑です。熱中症で搬送される人もかなりの人数ですので、夏バテしても不思議ではありません。 快適に夏を乗り切るための夏バテ予防法を紹介します。 ス …

インフルエンザの感染を予防する方法 飛沫から?予防接種は?

インフルエンザが流行すると、毎日感染が広がり、医療機関でインフルエンザと診断された患者数が増えてきます。1人のインフルエンザ感染者から2人以上に感染すれば、指数的に感染者が増えていくことになります。あ …

歯列矯正の年齢 子供の場合 おすすめの方法は?痛い?

スポンサードリンク 美しい歯並びの人を羨ましくなりますね。歯並びがあまり良くない人は、歯並びに対するコンプレックスを持っていても無理もありません。 「自分の子供には歯並びのコンプレックスを持たせな …

ストレッチで腰痛・頭痛・四十肩が治った!正しい知識が必要!

スポンサードリンク ストレッチを毎日やるようになってから、体調が良く、もはやストレッチは欠かせないものになっています。なぜならストレッチを何日かやらないでいると、腰痛・頭痛などになってしまうからで …

最近のコメント