ライフ

スーツの汗染みはクリーニングで落とせるの?

投稿日:2018年9月6日 更新日:

日本の夏は猛暑で厳しく、冷房の効いていない屋外などを歩けば、すぐに汗をかいてしまいます。仕事でスーツを着る人は、スーツに汗が染み込んでしまいますね。クールビズになってからは、スーツの上着を着用しなくてもよい場合が多くなりましたが、それでもスーツのズボンを着用していると汗がたっぷり染み込んでしまいます。スーツの汗染みのクリーニングについて紹介します。

スポンサードリンク

スーツの汗染みはクリーニングで落とせるの?

クリーニング店にスーツを持って行って、クリーニングをお願いすると、通常はドライクリーニングになります。ドライクリーニングでは、クリーニング用の有機溶剤で衣類を洗いますので、油溶性の汚れは落としやすいです。しかし、汗染みのような水溶性の汚れについては、基本的には落ちません。夏場に汗がたっぷり染み込んだスーツを、きれいに洗おうとしてドライクリーニングに出したつもりでも、実は汗はほとんど洗い投げせていないことを知っておきましょう。

それではクリーニング店にスーツを持って行っても汗染みは落とせないのでしょうか?実はウェットクリーニングいう方法で洗えば、汗染みを落とすことができます。これはドライクリーニングすべき衣類を、プロの技術で水を使って洗う方法です。プロがやるので、ドライクリーニングすべき衣類でも水で洗うことができるのですが、高い技術と手間がかかりますので、クリーニング店による差が大きいとも言われています。

汗抜きクリーニングというサービスもありますが、店によってウェットクリーニングと同じ場合もありますし、異なる場合もあります。クリーニング店でよく説明を聞いてみた方が良いでしょう。汗染みを落とすためのクリーニングに自信があるお店であれば、わかりやすく説明してもらえるはずです。

スーツの汗染みをクリーニングで落とす必要がある?

スーツに汗染みができたら、目立たなくてもウェットクリーニングをしてしっかり洗えれば良いのですが、前述のように通常のドライクリーニングよりも高い技術と手間が必要で、料金も高めです。そうなるとそれほど気軽にはウェットクリーニングには出せないでしょう。

多くの人が着ている濃い色のスーツならば、汗染みがあってもそれほど目立たないでしょう。それならば汗染みを落とすために、わざわざ高い料金を払ってウェットクリーニングをしなくてもよいのでしょうか?少なくとも、夏が終わり、来シーズンまでそのスーツを着る予定がなく、しばらくクローゼットに収納しておく場合は、その前にウェットクリーニングで汗を洗い落としておいた方が良いでしょう。そのまま収納したり、ドライクリーニングのみで収納してしまうと、汗が洗い落とされていないため、カビが生えやすくなります。実際、私も、自分が持っている中で一番高いスーツをドライクリーニングしかしなかったために、カビが生えてしまいました。

カビは栄養になるものがなければ繁殖しません。スーツのような衣類の場合は、繊維に染み込んだ汗がカビの栄養になります。カビがスーツに繁殖してしまうと、繊維の奥深くまでカビが侵入し、完全に取り除くことはできなくなってしまいます。色の薄い生地の場合は、カビが黒い点のように見えますので、非常に困りますね。またカビの一部が繊維内に残っていれば、栄養、温度、湿度などの条件が整えば、すぐにカビが繁殖し始めることとなります。このような面倒なことを防ぐためには、スーツの汗染みをクリーニングで落とした方が良いでしょう。


スポンサードリンク

スーツの汗染みをクリーニングに出さずに抑える方法は?

前述のように夏物のスーツを、シーズンが終わったらクリーニングに出すようにするとしても、シーズン中にクリーニングに出す人はあまりいないようです。費用がかかりますし、クリーニングに出している間に着られるスーツが無くなってしまうという問題などがあるためでしょう。そのような場合は、シーズン中にクリーニングに出さずに、スーツの汗染みを抑えるようにすれば、衛生上も望ましいでしょう。

その方法は、濡らしたタオルを、スーツの汗がたくさん染み込んだ部分に押し当てるというものです。このようにして汗をタオルに写し取ることで、汗染みをある程度は抑えることができます。濡れタオルをスーツに押し付けた後は、風通しの良い所に吊るしてしっかり乾かしましょう。長時間濡れたままにしておくと、カビが生える原因になりますので。

また別の方法としては、夏物のスーツには自宅で洗えるタイプのスーツを選ぶという方法もあります。見た目は普通のスーツと変わらないのに、ウォッシャブルなスーツが販売されていますので、非常に便利です。これならば他の衣類と同じように、シーズン中も自宅で簡単に水洗いできます。

まとめ

スーツの汗染みはドライクリーニングでは落とせず、ウェットクリーニングが必要であることを紹介しました。大切なスーツを台無しにしないように、しっかり洗いましょう。

大切なスーツを長持ちさせる方法については、こちらの記事「スーツを長持ちさせるには?汚れ・汗・ポケットが破れるなどの対策」で紹介しています。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヒートアイランド現象には排熱も原因となっている!対策は?

スポンサードリンク 地球温暖化にともない年々厳しい暑さとなっていくような気がする日本の夏。地球温暖化についてはまだ議論が続いていますが、間違いなく日本の夏を猛暑にしている原因の一つがヒートアイラン …

足型測定を店舗でやってもらおう!ゼビオでやってみました!

スポンサードリンク 自分の足型をシューフィッターなどに計測したもらったことはありますか?足型を計測し、自分の足に合った靴を履くようにしないと、足が変形し、様々な身体のトラブルの原因になります。足型 …

冬の電気代が高いのはなぜ?節約術で抑えるためには?

スポンサードリンク 東日本大震災以降、日本では節電に対する意識が高まっています。多くの人の努力により、日本の電力需要も減っています。地球環境を考えれば、節電により電力の使用量が減っていることは良い …

引越しの際の家具の処分は?買取?粗大ゴミは?費用は?

スポンサードリンク 人生の節目で引越しをすることがありますね。今まで住んでいた所を引き払って新しい場所に移る時、部屋の間取り・サイズが異なるのがほとんどです。そのためこれまで使っていた家具を処分す …

マイカーローンは残価設定型?通常型? ディーラー?銀行?

スポンサードリンク 欲しい車があって、ディーラーに見に行って、購入を決め、カタログを見ながらグレード、色、オプションなどを決めるのは楽しいですね。そんなに頻繁に買うものではないので、奮発していろん …

最近のコメント