ライフ

地震で停電になったら復旧時の火災を防ぐ!あると便利なもの

投稿日:

日本では毎年大地震が発生しています。日本で生活する以上、どこに住んでいようとも地震と無縁ということはないと言ってもよいでしょう。地震といえば、まずその揺れによる被害を思い浮かべるかもしれません。ここでは地震によって停電になった時の影響と対策について紹介します。

スポンサードリンク

地震で停電になったら復旧時の火災を防ぐ

地震によって大規模な停電になることがあります。電力会社は停電の復旧に全力を挙げますので、比較的短時間で復旧することもありますが、被害状況によっては停電が長期化することもあります。現代の社会は、多くのものが電気によって稼働していますので、停電した場合の不便さは耐え難いものがあります。

必死の努力によって電力の供給が再開し、停電が解消する時に火災になる危険があることが過去の事例から明らかになっています。大地震の激しい揺れにより家具が転倒し、電気製品がその下敷きになると、再び通電した時にそれらの電気製品から出火することがあります。これを「通電火災」と呼びます。通電火災が頻発したのが阪神淡路大震災で、実に建物火災の6割が通電火災であったと言われています。

大地震の時に建物が倒壊を免れて、中に人がいる状態ならば、通電火災が発生してもすぐに気がついて初期消火をできる場合があります。最悪なのが、避難所等に移動して建物内に人が居ない状態で通電火災が発生した場合です。こうなるとほとんどの場合は大きな火災になるまで気が付き難いです。

通電火災を防止するためには、大地震の後に建物を離れる際には「ブレーカーを落とす」ことです。これならば通電が再開した時にも電気製品が通電せず、通電火災を防ぐことができます。転倒した家具などを片付け、下敷きなった電気製品がないかどうか確認し、注意しながら電源を入れましょう。本体だけではなく、電源ケーブルとコンセントに差し込むプラグ部分にもダメージが無いか確認しましょう。

地震で停電になったらライトが必要

停電になると、言うまでもなく夜間は暗くなりますので、明かりが必要です。それでもロウソクの使用は、火災の原因となる可能性が高いので避けたいです。基本的には火災の危険性がほとんどない懐中電灯やLEDランタンが便利です。

懐中電灯やLEDランタンは防災用に用意している家庭が多いようですが、注意しておきたいのが電源です。乾電池を使用するものであれば、乾電池が古くなってしまったら点灯しなかったり、点灯できる時間が短くなることが考えられます。常に新しい乾電池を用意しておきましょう。

おすすめなのが、乾電池だけでなく、手回し充電で使用できる以下のバナーのようなLEDランタンです。乾電池もいつかは使い切ってしまいますので、手回しすれば何度も充電してしようできるならば便利です。

LEDランタンは、ぶら下げたりすれば、周囲を明るくできますので、懐中電灯よりも便利でしょう。できれば一家に一つではなく、複数個あれば、一つの電気を使い切って再度手回しで充電する時も、真っ暗にならないので便利です。


スポンサードリンク

地震で停電になったら現金があると便利

平成30年北海道胆振東部地震の際に、SNS等で話題になっていたのが、手持ちの現金が無いことによる不便です。もちろんこれまでの大地震の際に、家屋が倒壊あるいは火災に見舞われるなどして、荷物を持ち出すことができず、家も失ってしまった場合などに手持ちのお金がないという事例はありました。ここで紹介するのは少々状況が異なり、停電に関連するものです。

最近は電子マネーやクレジットカードが普及し、「キャッスレス」の決済の比率が増えています。そのためすでにキャッシュをあまり持ち歩かずに、電子マネーやクレジットカードでほとんどの支払いを行っている人も増えているようです。ところが停電になってしまうと、これらの決済に使用する店側の端末が使用できなくなることがほとんどです。またATMも停電時には使用できなくなります。そのため停電時に現金を持っていないと、周囲の店舗が販売を続けている状況でも何も買えなくなってしまします。

これは電子マネーやクレジットカードが普及してきた「キャッシュレス社会」だからこそ、知っておきたいことです。ある程度の現金は持っていた方が良いでしょう。

地震で停電になったらバッテリーがあると便利

平成30年北海道胆振東部地震の際に、スマホの充電スタンドに長蛇の列ができたことが報道されていました。災害時にはスマホは情報を取得したり、自ら発信したりできる重要なツールです。家族間の連絡などにおいても非常に重要です。そんなスマホも、バッテリーの電源が無くなってしまったら使用できません。大地震が起こったら、すぐにスマホの設定を「低電力モード」に変更して、バッテリーの消耗を防ぎましょう。

それでもスマホのバッテリーは時間とともに無くなってしまいます。以下のバナーのような大容量のモバイルバッテリーを用意しておくとかなり助かるでしょう。

一般に災害時は、発生から3日間を生き延びられるように準備することが推奨されています。停電も多くの場所では3日以内で復旧することが多いと考えられますので、最大4回充電できる上記のバッテリーがあればほとんどの場合は対応できるでしょう。

まとめ

「天災は忘れた頃にやってくる」というの言葉があります。過去の地震による停電の事例に学び、被害を小さくするための準備をしましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

粘着テープのはがし方で窓の場合は?粘着剤が残っています

スポンサードリンク 何らかの理由により、何かを粘着テープで貼り付けて固定することはあるでしょう。世の中にはいろいろなテープがあります。テープの素材にも種類があるのですが、後ではがすことを考えると粘 …

セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

スポンサードリンク ガソリンで走行する車に乗るならばガソリンスタンドで給油する必要があります。電気自動車の販売が始まりまりましたが、まだまだ圧倒的にガソリン車の方が多いでしょう。ガソリンを少しでも …

エアコンの電気代の計算と節約の方法!冷房と暖房について

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で、エアコンを使って適切な温度に調節しないと熱中症の危険が高くなります。冬には暖房が必要で、いろいろな暖房器具の中ではエアコンの効率が最も高いため、利用している人 …

窓の結露による問題 防止方法は?賃貸でもできる対策は?

スポンサードリンク 寒い季節になると気になるのが窓の結露。家の窓などに結露が発生し、量が多くなるとその周辺まで結露による水が広がってしまいます。この結露に悩んでいる人も多いようです。 結露対策につ …

ワイシャツの襟汚れの洗剤はこれがおすすめ!カネヨ石鹸!

スポンサードリンク 通勤・通学などで日常的にワイシャツを着るようになると、ワイシャツの襟の汚れが気になりますね。ワイシャツを着たら必ず洗濯するようにしていても、徐々に襟の黄ばみ汚れが目立つようにな …

最近のコメント