テニス

テニススクールの中級からトップスピンに磨きをかける

投稿日:2018年10月10日 更新日:

テニススクールで週に1回レッスンを受けている中級レベルの人は、それなりのスピードのフォアハンドストロークを打っているでしょう。しかし、スクール内のテニス大会などで上級レベルの人と打ち合う機会などがあると、球のスピード・回転量・安定性などに差があることに気がつくでしょう。トップスピンのレベルアップについて紹介します。

スポンサードリンク

テニススクールの中級からトップスピンに磨きをかける

テニススクールの中級レベルの人とだけ打ち合っていると、中級レベルの人の球の質が標準となってしまい、上級レベルの人の打つ球との違いに気がつきにくいようです。私もそうでした。偶然、テニススクール内で開催されたテニストーナメント大会で、中級と上級がエントリーできるものがあり、参加しました。そこで初めて上級の人が本気で打ち込んでくる球を受ける機会がありました。

中級でもスピードはそれなりに速い人もいます。私も中級の中ではそれなりに速い方なのですが、フォアハンドストロークはの球質がフラットドライブ系です。フラットドライブ系では、スピードを上げるほどバックアウトしやすく、試合では慎重になってスピードを落とし、入れに行ってしまうことがありました。そうなるとストロークの威力が落ち、簡単に打ち返されてしまいます。

一方、上級者は強い回転のトップスピンを打ち込んできます。トップスピンは、順回転がかかってますので、早く地面に落下し、バックアウトしにくくなります。そのため上級者はラケットを振り切って、強い回転をかけますし、ストロークも安定します。さらに回転量が大きいと、バウンド後も勢いよく弾んでくるので、慣れていないと打ち返すのが難しいです。

トッププロの試合を見ていても、強烈なスピンをかけて打っているのがよく分かります。これはラケットの進歩により、軽く、反発力が強くなり、さらに振り抜きやすくなったことが一因と言われています。スイングも、前後の体重移動ではなく、体幹を軸とした回転運動で打つようになっています。その結果、テニスも高速化しており、トップスピンはその特徴を活かすために必須です。

中級レベルから上級にレベルになるために、是非習得したいショットですね。

テニススクールの中級にトップスピンはなぜ難しい?

中級レベルの人が、上級者のように強烈な回転量のトップスピンを打とうとしてラケットを振り切っても、最初は上手く回転がかからず、バックアウトしたり、フレームショットしたりします。スイングスピードを少し落として当てに行っても、ボールに強い回転がかかりません。テニススクールで週に1回レッスンを受けているだけの場合、あまり打ち損じると相手にも申し訳ないと思って、すぐに挫折して、いつものフラットドライブに戻してしまう人が多いでしょう。

どうしてトップスピンは難しいのでしょうか?フラットの場合は、ボールを飛ばす方向にラケットを振り出していきますので、もっともボールを打ちやすいスイングになります。フラットドライブは、フラットに比べて少し上にラケットを振り出すので、打つこと自体はそれほど難しくはありません(ただし、前述のようなバックアウトのリスクがあります)。ところが、トップスピンの場合、「ボールをこすり上げるように打つ」とよく言われるように、ボールを飛ばす方向とラケットの振り出す方向にかなり角度差があります。そして、そのようなスイングでボールにラケットを当てるためには、ボールの軌道の下側からラケットを入れていかなければなりません。この感覚が初めはつかみにくいので、難しく感じます。それでも習得するには練習するしかありません。

今現在打てるフラットドライブだけに満足せずに、ある程度ミスしてもめげず、トップスピンの習得に取り組みましょう!

習得のための順序としては、動画やテニス雑誌の連続写真などをみて、フォアハンドのトップスピンを打つための正しいイメージを頭にインプットしましょう。自分のフォアハンドの時のグリップと同じグリップをしているトッププロを探し、その人の動画や連続写真を見ることをおすすめします。グリップが違えば、打点が変わるためです。ちなみにコンチネンタルグリップでトップスピンを打つのは合理的ではなく、通常はもっと厚いグリップを選択します。私の場合は少し薄めで、いつもフェデラーの打ち方を参考にしています。

次にインプットしたイメージを身体に覚え込ませるために、素振りをしましょう。素振りならばテニススクールのレッスン以外の時間でもできるでしょう。強烈な回転をかけるためにはラケットヘッドのスピードを上げる必要があり、回内と内旋を上手く使うことが求められます。前述の動画や連続写真でも、回内と内旋もよくチェックしましょう。

そして最後は実際にボールを打ってみて、スイングを固める作業になります。上手く回転がかかると、いつもレッスン中に相手をしてくれているコーチや他のスクール生も、球筋が変わったことに気がついて、驚くでしょう。特に高い球や低い球など、打点の高低に気をつけてスイングを固めていけば、ショットが安定するでしょう。


スポンサードリンク

テニススクールの中級がトップスピンを打つ時に怪我に注意

中級レベルの人が、トップスピンの習得を目指して頑張って練習し始めると、手首や肘などを痛める確率が高くなります。テニスのラケットが昔に比べて軽くなったとは言え、ラケットを使用する競技の中ではもっとも重いラケットを使用するのがテニスです。そのためヘッドスピードを上げる努力をすると、腕への負担が高くなり、故障しやすくなるわけです。私は、昔はバドミントンをやっていたことがあります。バドミントンのスマッシュと同じ感覚でテニスのスマッシュを打った途端、手首を痛めました。それ以来、ショットを打つ時の腕の使い方にはかなり慎重になりました。

まず重いラケットのスイングスピードを上げるためには、それ相応の筋力を付けた方が良いでしょう。フォアハンドストロークのスイングは、手打ちにならないように体幹を軸に行うものですが、ラケットをしっかり握るための握力と回内と内旋のための筋力が必要だからです。特にスイングスピードが上がるほど、握りが甘いとラケットが手の中で動いて、当たりがブレたり、怪我をしたりすることがあります。

ボールを打った時に、どこかに痛みが走るような場合は、スイングが間違っている可能性があります。どの瞬間に痛みを感じたのかなどをよく分析し、痛みを感じる身体の使い方を把握し、そのような身体の使い方を修正していきましょう。地味な作業ですが、それにより怪我を未然に防ぎ、ショットの威力と精度を上げることができるでしょう。

まとめ

中級から上級にレベルアップするためのフォアハンドストロークのトップスピンについてい紹介しました。威力のあるトップスピンが打てれば、試合の時にも頼りになります。

テニスのフォアハンドのトップスピンについては、こちらの記事「テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのサービスでダブルフォルトを減らす方法!

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている人は、練習量が少なく、レッスンの間隔も空いてしまいますので、サービスの確率が下がってしまうことがあります。ダブルフォルトが多くなると …

テニスのダブルスのバックハンドストロークで短い球を打つ方法

スポンサードリンク テニスでは一般にフォアハンドストロークよりもバックハンドストロークの方が苦手な人が多く、さらにダブルスでは狙えるコースが狭く、甘い球は相手前衛にボレーされやすいので難しいです。 …

テニススクールで上達する方法!まとめ!上手くなりたい人必見

スポンサードリンク テニスは生涯スポーツです。プロやハイレベルのアスリートではなくても、自分なりのペースで長く楽しみたいですね。週に1回テニススクールでテニスするということも、その良い方法です。せ …

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

テニスの中級から上達するために予測を磨く!パターン練習も!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの方には、さらに上達するために積極的に試合を経験することをおすすめしたいです。試合では、いつも練習でのコーチの球出しのように、ある程度規則正しいボール …

最近のコメント