ヘルス

冷房が寒い!もしかしてクーラー病?すぐに対策を!

投稿日:2017年5月28日 更新日:

暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、会社や外出先では必ずしも思い通りになりません。そのため、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよくあります。気が付けば体調が悪くなっているかも。それはもしかしたらクーラー(冷房)病なのかもしれません。すぐに対策が必要です。

スポンサードリンク
  

クーラー病とは?症状は?

クーラー病あるいは冷房病とは正式な病名ではなく、冷房に長時間あたる・冷房の効いた場所と暖かい場所を行き来することによって起こる体調不良のことを言います。一般的には女性に多いとされていますが、男性も少なくありません。

冷房の効いた場所と暖かい場所の温度差が5℃以上あると、それらの場所を行き来する時に人間の体温調節をつかさどる自律神経が対処しきれず、さらにそれが繰り返されると自律神経失調の状態になりやすくなります。寒いところに行くと自律神経の働きで血管が収縮し、体温を逃さないようにし、反対に温かいところへ行くと血管が広がり、体温を逃がそうとします。長時間冷房の効いたところにいると、身体の中心部分まで冷えてしまい、身体が寒さに対して鈍感になってきます。その状態で暑いところへ行くと、身体の表面は温まって体温が上がるのですが、中心部分は体温がすぐには上がりません。この感覚のズレも自律神経の混乱・ストレスになります。

冷房病では身体が冷えた状態になりやすく、それに関連して腰痛、肩こり、頭痛を引き起こしやすくなります。さらに自律神経の不調は、便秘・下痢などの腸の不調、腹痛、食欲不振、疲労感、鼻炎などを招きます。人によってどのような症状が出るかは異なりますが、案外辛いものです。軽く考えず、慢性化しないように解決しましょう。

クーラー病の対策:まずは防寒

根本の原因はクーラーにありますので、クーラーの設定温度を高くできれば効果があります。しかし、職場などの自宅以外ではクーラーの設定温度を自分の好みの温度に設定できないことが多いでしょう。そのような場合は、他の方法で解決しなければなりません。

まずは服を重ね着することで調節しましょう。上着を着ることで調節するのがもっとも手軽です。できるだけ目立たないようにしたいならば、下着を冬用の防寒性が高いものにしたり、重ねて着るのもよいでしょう。腹巻きやひざ掛けなどを使って防寒する方法も効果があります。

夏の暑い時期に、冬用のアンダーウェアなどを着ていると恥ずかしいような気がするかもしれませんが、身体が何よりも大切ですので、他人からどのように見られるかをあまり気にし過ぎず、暖かくしましょう。

私は、仕事などで講演などが行われる大きなホールに聴講に行くことがあります。ほとんどの場合、冷房がかなり効いています。特に海外に行った時などは、冷房の効きが強過ぎて、半日居たら身体が冷え切ってしまいました。そのため、昼休みに急いで近くのショッピングセンターを探し回り、偶然見つけたスポーツ用品店で防寒用のアンダータイツと長袖のアンダーウェアを買い、トイレで着替えてその後も引き続きクーラーの効いている部屋で聴講しました。

正直に言って、それでもまだ寒かったのですが、かなり楽になりました。つまり、一度身体の中心部まで冷え切ってしまうと、アンダーウェアなどを着込んでも、寒い部屋に居続ける限りは身体が暖まりにくいのでしょう。それ以降は、夏でも冷房の効いていそうなところに行く時にはアンダータイツとアンダーウェアを持っていくようにしています。


スポンサードリンク

クーラーの病の対策:身体を温める

前述のように身体の中心部まで冷えてしまうと、重ね着しただけではすぐに暖かくなりません。積極的に以下のような方法で身体を温めるようにしましょう。

1.温かいものを食べる

冷たいものを食べたり飲んだりすると、かなり身体を冷やします。1日に食べる・飲む量も少なくないので、あまり冷たいものを摂らないようにしましょう。反対に温かいものは身体を温める効果があります。

夏場は氷の入った飲み物が多くなりますが、氷を入れないだけでもずいぶん違いますし、水よりはお湯を飲んだ方が身体に優しいです。さらに生姜、唐辛子、ニンニクなどは身体を温めますので、良いとされています。

2.運動をする

簡単な運動を休憩時間などにするようにして、身体を動かし、血流を良くすることも効果があります。さらに時間があれば、汗をかく程度に運動すれば身体も温まりますし、自律神経のバランスを整える効果があります。ストレッチやヨガなどもよいでしょう。

3.お風呂で身体を温める

自宅のお風呂の湯船に浸かって、しっかり身体を温めましょう。血流がよくなります。またリラックスすれば、自律神経のバランスを整える効果も得られるでしょう。

まとめ

クーラーの効いた部屋で他の人が平気な顔をしているのに、自分だけ寒く感じたらクーラー病の可能性があります。対策をしないと症状が悪化し、慢性化する可能性もありますので、すぐに対策を施しましょう。

冷房が効きすぎてクーラー病になることがあります。こちらの記事「冷房が寒い!もしかしてクーラー病?すぐに対策を!」で紹介しています。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インフルエンザの感染を予防する方法 飛沫から?予防接種は?

インフルエンザが流行すると、毎日感染が広がり、医療機関でインフルエンザと診断された患者数が増えてきます。1人のインフルエンザ感染者から2人以上に感染すれば、指数的に感染者が増えていくことになります。あ …

ニキビがおでこにできやすいのはなぜ?治せるかも?

スポンサードリンク 年齢にかかわらず、顔にニキビができると辛いですね。私もかなり悩まされ、一番ひどかった時は皮膚科に通院しました。ある程度治ってからは通院は止めましたが、それでもしばしばできること …

春になると蕁麻疹ができる原因は?寒暖差や日光とストレス・疲労

スポンサードリンク 春になると何だか身体が痒くなることはありませんか?痒いところをよく見てみると、虫に刺されたような腫れが何個かできていることがあります。半日程度で腫れが収まるのですが、繰り返し腫 …

ふくらはぎが夜中につる!治し方は?原因と予防法について

スポンサードリンク 夜中に寝ている時に、急にふくらはぎがつって、あまりに痛さに目が覚めることがあります。いわゆる「こむらがえり」です。命にかかわるようなことではなく、通常は数分で収まりますが、目が …

うなぎの栄養で夏バテ防止 ナマズ・サプリメントも効く?

スポンサードリンク 夏になって暑くなると「夏バテ」しやすくなります。夏バテには「うなぎ」を食べると良いと言われていますが、うなぎにはどんな栄養があるのでしょうか? うなぎの代わりに近畿大学ではナマ …

最近のコメント