ライフ

窓の結露対策で賃貸でもできるもっとも良い方法は?

投稿日:

冬になると窓に結露する住宅があります。実は私の住んでいる家もそうです。もっとも寒い時期になると、雑巾・タオル1枚では拭き取りきれないほどの結露が生じます。結露は単純に濡れるだけではなく、カビが発生する原因となったり、壁や壁の内部を痛めたりします。結露を防止する対策を施した方が良いでしょう。以下に紹介します。

スポンサードリンク

窓の結露対策で賃貸でもできる方法は?

窓の結露は、断熱性の低い窓で発生します。したがって、窓の結露対策で一番良い方法は、断熱性の高い(優れる)窓にすることです。複層ガラスの窓にする、二重窓にするなどの方法が一般的です。しかし、いわゆるリフォームになってしまうために、通常は賃貸住宅ではできません。賃貸住宅のデメリットですね。

私は賃貸住宅に25年以上住んでいますが、これまでに賃貸住宅でもできる結露対策として、窓に断熱シートを貼ってきました。断熱シートは、いわゆる「プチプチ」で、ホームセンターなどに行けば安く入手でき、窓の大きさに合わせて切って貼り付けれは、それなりに断熱性があり、結露を大きく減らすことができます。

注意すべき点は、窓に貼り付ける時のテープなどをはがしやすいものにしないと、窓や窓枠などに粘着剤が残って、後で除去するのが大変になることです。また完全に結露が防止できるわけではなく、プチプチと窓の間にある程度は結露するため、プチプチの窓側にカビが発生し、1シーズンで交換が必要になることです。費用は安く済みますが、多少問題があり、面倒です。

さらに調べたところ、もっと良い方法があることが分かりましたので、以下に紹介します。

窓の結露対策で賃貸でもできるもっとも良い方法は?

窓の結露を防ぐためには断熱性の高い窓にする方法が良いこと、賃貸ではそのようなリフォームが難しいことを先に述べました。しかし、調べてみると、DIYで簡易内窓を設置できる以下のような製品があることが分かりました。

窓のレールを両面テープで貼り付け、そこにポリカーボネート製の窓を取り付けるだけです。両面テープで貼り付けたレールを剥がすだけですので、撤去も簡単です。窓のサイズにも依りますが、価格も安いです。部屋の断熱性も大きく向上しますので、暖房費の節約にもなります。おそらく賃貸住宅の窓の結露対策としてはもっとも優れているでしょう。


スポンサードリンク

大きな窓の結露対策で賃貸でもできるもっとも良い方法は?

前述のDIYで二重窓を作る方法は優れているのですが、製品のラインアップを見ると足下から頭の上まであるような大きな窓用のものが無いようです。またそのような窓の場合、内側に二重窓を付けるようなスペースがない場合も多いようです。このように二重窓をDIYで設置できない場合にはどうすれば良いでしょうか?以下のような結露防止用のヒーターの設置が良いでしょう。

これならば床において足下から温風を吹き出して窓を温めますので、結露を防止する効果が高いです。冬は窓から冷気が部屋に広がってきますので、オイルヒーターなども窓際においた方が良いとされています。これを使えば、結露を防止しつつ、窓際から冷気が来るのを防ぐことができます。

二重窓と比較した欠点を挙げるとすると、電力を使用することでしょう。いずれにしても冬は暖房を使いますし、電球程度の消費電力ですので、部屋を温めるためのトータルの電力としては大きな差はないかもしれません

まとめ

賃貸住宅でも実行できる窓の結露防止対策について紹介しました。多少の投資で、結露を防止した快適で健康的な生活ができますので、是非お試しください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ボーナス払いの長所と注意点 クレジットカード・ローン

スポンサードリンク クレジットカードの支払い、住宅ローン、車のローンなどをボーナス払いにしている人も多いでしょう。 ボーナス払いの長所短所を紹介します。 スポンサードリンク 関連

長期投資とデイトレードのどちらを選ぶ?メリットとデメリット

スポンサードリンク インターネットでの株取引が格安の手数料でできるようになって以来、多くの個人投資家が誕生しました。もはや株式投資は一部の人のやることではなく、一般的なものとなったと言えるでしょう …

冬の節電・省エネ エアコン・カーテン・ウォシュレット

日本では、東日本大震災以降、節電の意識が高まり、多くの人の努力で着実に消費電力量が減っています。またエコカーの普及に象徴されるように、電気だけでなく、ガソリン・軽油などのその他のエネルギーについても省 …

窓の結露による問題 防止方法は?賃貸でもできる対策は?

スポンサードリンク 寒い季節になると気になるのが窓の結露。家の窓などに結露が発生し、量が多くなるとその周辺まで結露による水が広がってしまいます。この結露に悩んでいる人も多いようです。 結露対策につ …

ツバメの巣を作らせる方法は?毎年ツバメは来るの?

スポンサードリンク ツバメは渡り鳥で、暖かくなると日本に来て、寒くなると南の方へ行きます。日本国内でも地域によって差がありますが、関東地方では3〜4月頃にツバメが訪れ、10月頃に南の方へ渡って行く …

最近のコメント