テクノロジー

スマホでWiFiでインターネット接続して通信量を節約!

投稿日:2018年9月30日 更新日:

スマホが広く普及し、多くの人が日常的にスマホを使っています。コンテンツもますます充実し、美しい写真や動画なども簡単に楽しめるようになってきました。それだけにあまり考えずに使っていると、データ通信量がどんどん増えて制限がかかったりすることがあります。WiFiを上手く使いこなしたいですね。以下に紹介します。

スポンサードリンク

スマホでWiFiでインターネット接続して通信量を節約!

携帯会社によって料金プランは異なりますが、基本的には[通話料金+データ通信料金]です。データ通信料金は、毎月定額であるデータ量まで自由に使えて、それを超えると通信スピードに制限がかかります。データ通信量が多い人は、ほとんどの場合動画をストリーミングなどにより視聴していることが多く、通信スピードに制限がかかると実質的には動画が視聴できなくなります。制限を解除するためには、追加料金を支払うか、もっと多くのデータを使えるプランに契約変更する必要があり、要するにもっとお金がかかります。

この携帯電話会社との契約で使えるデータ通信量は、4Gや3Gなどの携帯電話会社の通信網を使ってデータを送受信した時のものです。したがって、WiFiを利用して送受信した時のデータ量は含みません。つまり、できるだけWiFiを利用してスマホを使用すれば、データ通信量を節約し、さらにはスマホの使用料金を節約することが可能になります。

携帯電話通信網がまだ十分に整備できていない頃は、多くの人がデータ通信を使うと通信網に負荷がかかり過ぎてしまうため、WiFiにできるだけデータ通信を誘導しようという努力がなされていたようです。その後、年々、家庭や職場でWiFiが普及し、さらに公衆WiFi(無線LAN)スポットも増えています。これらをできるだけ利用して、スマホのデータ通信量を節約しましょう。以下で、自宅でWiFiを使うための基本的なことについて紹介します。

スマホでWiFiでインターネット接続するために自宅に何が必要?

自宅で、スマホをWiFi経由で使用するためには、まず何を用意すれば良いのでしょうか?まずWiFiルーターとそれに接続する通信回線が必要です。主要な方法は2つあります。もっとも一般的な方法は、光ファイバー回線などの有線の通信回線を自宅に引き込み、そこにWiFiルーターを接続する方法です。もう一つはモバイルルーターを利用する方法で、有線の通信回線を引き込む等の工事は不要です。

多くの住宅では固定電話を利用しており、光ファイバー回線あるいはADSLなどのブロードバンドになっているようです。それらの通信回線がすでにあるのであれば、WiFiルーターを接続すれば安定したスピードで快適にスマホをWiFiが楽しめるでしょう。最初にルーターの費用がかかりますが、月々の利用料は普通はかかりませんので、経済的な負担も少ないです。

モバイルルーターは、親元を離れて一人暮らしをする大学生などのように、スマホがあるので固定電話を自宅に設置しない人が利用することがあります。モバイルルーターが利用できるエリアであれば、ルーターに接続さえすればWiFi通信網にデータが流れるので便利です。またルーターを持ち歩くことができますので、外出時でもデータ通信量を節約できます。欠点は月々の利用料がかかることと、通信スピードは先述の光ファイバー回線に比べると遅くなることです。


スポンサードリンク

スマホでWiFiでインターネット接続するためのルーター

自宅で光ファイバー回線などに接続するWiFiルーターは複数のメーカーから販売されています。満足度ランキングなどで上位にランクインしている新しい機種であればほとんどの場合は大丈夫でしょう。ただし、価格が3,000円前後のもの、1万円程度のもの、2万円以上のものなどがあり、この内3,000円前後のものは安いことで満足度ランキング上位になっていることが多いです。さすがに3,000円前後のものと1万円程度のものではかなりスペックに差があります。スペックの詳細などについてはまた別の記事で紹介したいと思いますので、ここでは最低限のポイントだけを説明します。

スマホで快適にインターネットの動画などを視聴するためには、さすがにルーターにも高いスピードが必要です。WiFi(無線LAN)には通信規格があります。IEEE802.11nとIEEE802.11acにまで対応しているルーターならば現状ではベストでしょう。それ以外には、何台の機器を接続するのか、どれぐらいの範囲をカバーするのかなどが機種選びに関係してきます。普通の住宅レベルの広さで、2〜3人程度で使用するのであれば、以下のような1万円程度のものでほとんどの場合は大丈夫でしょう。

もちろんお金に余裕があればさらに高級でハイスペックな機種を選んでも構いません。

モバイルルーターを選びたい場合は、自宅がサービスエリアに入っているかどうか確認しましょう(*下記のバナーからUQ WiMAX 2+のサービスエリアは確認できます)。エリア内でも住宅によっては電波状況が悪い場合もあります、そのようなケースはお客様サポートに相談すれば、電波状況を改善してもらえる場合もあります。



まとめ

スマホでWiFiでインターネット接続するために必要な回線およびWiFiルーターについて紹介しました。WiFiを上手く使いこなして、スマホのデータ通信量を節約しましょう。

WiFiも多くの場所で使えるようになっています。こちらの記事「WiFiについてのまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

WiFiにテレビやパソコンを接続するには?メリットは?

スポンサードリンク 最近は、自宅に光ファイバー回線などのブロードバンド回線を引き込んでいる方が増えています。かつてはハブから有線のLANケーブルでデスクトップパソコンやノートパソコンを接続すること …

MacBookがフリーズした時の対処方法!頻繁に起こる場合は?

スポンサードリンク AppleのMacBook Proの2016年モデルを愛用しています。13.3インチのTouchBar搭載モデルで、512GBのSSDで起動も速く、画面もRetinaディスプレ …

501エラーの原因と解決方法!WordPressで表示されたらこれ!

スポンサードリンク WordPressでブログを買いたり、サイトを構築したりする人は多いです。本業ではなく、副業や趣味でこれらをやっている方々は、限られた時間で作業をしています。それだけに困るのエ …

ノートパソコンが熱くなる原因と対策は?究極はこれ!

スポンサードリンク 数年前からデスクトップパソコンよりもノートパソコンの普及率の方が高くなったと言われています。私もノートパソコンを使っています。狭い日本の住宅事情では、コンパクトなノートパソコン …

車のドライブレコーダーの選び方 画質・画角 LED信号対応

交通事故による痛ましい被害がテレビなどで報道される度に、被害の深刻さに比べて加害者への処罰が軽すぎるような印象を受けるのはおそらく私だけではないでしょう。事故の事情聴取などでは、多くの人間が自分に有利 …

最近のコメント