夏バテはいつから?治すには?元気になる食べ物は?

夏バテ

日本の夏は、年々暑くなり、まさに猛暑です。熱中症で搬送される人もかなりの人数ですので、夏バテしても不思議ではありません。夏バテはつらいですね。快適に夏を乗り切るための夏バテ予防法を紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼夏バテの症状・原因・対策・予防法がわかるまとめ▼▼
夏バテを解消するために知っておきたいことガイド

夏バテはいつから?原因から考えてみる

夏バテの原因は何でしょうか?夏バテとは、医学的に正式な用語ではなく、夏の高温多湿な気候により、全身の疲れ、食欲不振などの不調が表れることを指します。

夏バテの原因はいくつか考えられます。

冷えと温度差

気温が高くなると冷房を使います。部屋の中と外との温度差により身体に負担がかかり、自律神経の乱れから引き起こされ、夏バテの原因になります。

夏にいろいろな施設に行くと、ある意味「暑い時期のサービス」として冷房が効き過ぎていることが少なくありません。そんな場所に長時間いると、すっかり身体が冷えてしまいます。この冷えによって血行が悪くなります。

脱水症状

暑い場所に長時間いると脱水症状になり、夏バテの原因となります。人間の身体は、少なくとも基礎代謝分の熱量を消費し、発熱しています。発汗や外気によって身体を冷やさないと、体温が上昇してしまいます。

気温が上がり、体温との差が小さくなると、外気による冷却効果が小さくなり、汗をたくさんかいて体温を下げなくてはいけなくなります。日本の夏は湿度も高く、発汗による冷却効果は湿度の上昇によっても弱まります。

どんどん汗を掻くと、気がつかないうちに脱水症状になってしまうことがあり、さらに深刻化すると熱中症になります。熱中症は、気温が25℃あたりから発生し、31℃を超えると急増します。

熱中症になってしまったら、それは熱中症と認識して対処すべきですが、その手前の状況は夏バテと判断することも多いでしょう。

ストレス・睡眠不足

夏バテは自律神経の乱れから引き起こされますので、精神的なストレス、睡眠不足なども夏バテの原因になります。これは夏以外の季節でも起こり得るものですが、夏に起これば夏バテと同じですので特に区別する必要もありません。

以上の夏バテの原因から考えると、地域によって気候も異なりますので一概に「いつから」とは言い難いのですが、一般にエアコンによる冷房を多くの人が使用し始める時期から夏バテになる可能性が高くなると考えて良いでしょう。

特に体力が低下していたり、ストレスなどによる疲れ・睡眠不足などがある方は要注意です。

夏バテの症状

最近は、暑い時期に熱中症への注意喚起がされますので、「夏バテ」がどのようなものなのかあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれません。前述のように「夏バテ」とは、夏の暑さにより自律神経が乱れ、それにより現れる様々な症状のことを言います。

これだけではわかり難いので、もう少し具体的にいくつかの症状を紹介します。

もっとも多いのが、全身がだるくなる(倦怠感)、思考力が低下する、食欲が落ちるなどの症状です。いわゆる「疲れ果てた」状態で、「バテる」に通じることから略されて「夏バテ」と呼ばれています。他には、下痢、便秘、頭痛、発熱、めまいなどの症状が現れることもあります。

夏場にウイルス感染により流行する夏風邪や、菌などによる食中毒とは異なり、二次感染などの心配は要りません。

また熱中症と混同するかもしれませんが、熱中症は暑い場所に居て、水分、塩分などが失われ、体温が上昇することによって現れるいろいろな症状のことです。冒頭でも触れましたように、重度になると非常に危険ですので救急車等により搬送する必要があります。

「夏バテ」の場合は、辛くはありますが、一般的には救急搬送するような緊急性はありません。症状から「夏バテ」と考えられる場合は、まずは原因を調べ、対策を考えましょう。


スポンサードリンク

夏バテを治すには?

夏バテにはどのような対策をとれば良いのでしょうか?基本的には以下の3つのポイントについて改善すると良いでしょう。

1.自律神経の乱れを整える
2.栄養のバランスと量を考慮し、十分な栄養を摂取する
3.十分な睡眠をとる
4.水分・塩分を摂取する

自律神経の乱れを整えるには睡眠が効果が高いので、上記3のポイントも兼ねてしっかり睡眠時間を確保することが重要です。可能であれば昼寝もしましょう。

精神的なストレスが原因となっている場合は、寝付きが悪くなって睡眠不足になってしまうこともあります。マインドフルネス(瞑想)や考えを整理して、前向きな気持ちになるようにするなどの作業が必要になることもあります。ストレッチや軽く運動するなどして、リラックスしましょう。それだけ睡眠は大切です。

栄養をバランスよく摂ることも大切です。食欲が落ちてしまっている時は、無理して大量に食べる必要はありません。量を減らしても食べられれば、徐々に食欲も戻ってくるでしょう。しかし、食欲がなかなか戻らない時はプロテインなどのいろいろな栄養素がバランスよく配合されたサプリメントを、水に溶かして飲めば栄養を補えます。

サプリメントもいろいろなものが販売されていますが、ビタミン剤や各種栄養素の錠剤・タブレットなどをそれぞれ買って必要量を摂取するのもかなり面倒です。その点、通常のプロテインは各種栄養素が配合されており、コストパフォーマンスも高いです。

高温多湿の気候ですので、汗をかきやすく、意識的に水分・塩分を補給するようにしましょう。エアコンの効いた部屋にいても、脱水症状になることが多くなっています。意識して水分・塩分を摂取することが重要です。

夏バテの予防法

夏バテの予防法としては、まずは「バランスよく十分な栄養を摂る」「十分な休養・睡眠をとる」という点では前述の「夏バテを治すには?」で述べたことと同じです。まだ夏バテになる前の状況で、夏バテを予防するという状況であれば、さらに「適度な運動をする」ということを意識しましょう。

普段から運動をする習慣がある方は、オーバーワークにならないようにそれを継続するようにしましょう。運動習慣が無い方が運動を始めようとする場合、初めから張り切りすぎてしまうことがありますので、少しずつ始めましょう。「昨日よりは身体を動かした」というレベルで十分に効果があるはずです。

夏バテから元気になる食べ物は?

夏バテで食欲が落ちてしまうと食事をするのも辛くなってきます。それでストレスが溜まるとますます食欲が低下することとなります。そのような状況を想定すると、「夏バテから元気になる」ためには、まずは食べられるものから食べるということからスタートしましょう。

夏バテでかなり食欲不振になり、痩せてしまう方もいらっしゃいます。本当に食べられなくて痩せてきてしまうと、どんどん体力が低下してしまいますので、まずは少しでも食べられるものを口に入れるようにしましょう。サプリメントのゼリー飲料なども、食欲が無いときには口に入れやすいです。どうしても食欲がない時は、無理してたくさん食べようとしないようにしましょう。

少ししか食べないと栄養が不足しがちです。そんな時は前述のプロテインなどのサプリメントを活用すると良いでしょう。そのように少しでも栄養を摂取すれば、徐々に食欲も回復してくることが多いです。

ある程度食欲が出てきたら、栄養のあるものを食べたいですが、その場合も「これを食べれば良い!」的な考え方はあまりおすすめできません。栄養は、量だけでなくバランスが重要だからです。いろいろなものをバランス良く食べるようにしましょう。

まとめ

日本の夏は高温多湿で厳しいですが、しっかり夏バテ予防をすることで乗り切りましょう。

▼▼夏バテの症状・原因・対策・予防法がわかるまとめ▼▼
夏バテを解消するために知っておきたいことガイド

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました