ヘルス

夏バテの症状と予防法 暑い夏を乗り切るためのポイント! 

投稿日:2017年5月31日 更新日:

日本の夏は、年々暑くなり、まさに猛暑です。熱中症で搬送される人もかなりの人数ですので、夏バテしても不思議ではありません。

快適に夏を乗り切るための夏バテ予防法を紹介します。

スポンサードリンク
  

夏バテの症状チェック

夏バテとは、医学的に正式な用語ではありません。夏の高温多湿な気候により、全身の疲れ、食欲不振などの不調が表れることを指します。

こんな夏バテの症状が出ていないかチェックしましょう。

高温多湿そのものも原因となりますが、暑い場所と冷房の効いた部屋を行き来する時の温度差が大きいと、かなり身体に負担がかかり、自律神経の乱れを引き起こします。

冷房が多くの場所で利用されている現在は、この自律神経の乱れが夏バテの主要な原因と考えられます。

非常に高温で多湿な場所に長時間いた場合の不調は、夏バテというよりは熱中症・脱水症状による不調の場合が多いでしょう。

夏バテの予防法

夏バテの予防法としては、まずは「バランスよく十分な栄養を摂る」「十分な休養・睡眠をとる」「適度な運動をする」ということになります。

スポンサードリンク

これらは「健康の秘訣」「長寿の秘訣」とも言われることですが、突き詰めるとこうなるのでしょう。

1.バランスよく十分な栄養を摂る

「疲労回復にはビタミンBが効果がある」と言った話をよく聞きます。これは間違っていないのですが、栄養素としてビタミンBだけを摂れば良いというものではなく、バランスよく必要な栄養素を摂取することが大切です。

2.十分な休養・睡眠をとる

睡眠不足は身体に負担がかかりますので、暑い夜も部屋の温度を調節して、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

1日の中でも、適宜休憩を取ることが大切です。疲れが溜まり過ぎないうちに、マメに休憩を挟むことで疲労を軽減できます。

3.適度な運動をする

暑くなるほど忘れがちなのが適度な運動。冷房が効いている部屋で短時間でも運動をする習慣を続けた方が良いでしょう。

身体を動かすことでストレス解消にも効果がありますし、体力維持にも役立ちます。また汗をかけば自律神経のバランスを調整することにも役立つでしょう。

夏バテ予防のためのエアコンと給水

夏バテの原因を考えると、エアコンの設定温度を調節して、外部と部屋の温度差を少なくすることも効果があります。

暑いと汗をかきますので、脱水状態になる前に水分補給することが大切です。水分補給の時も、水だけではなくスポーツドリンクなどを飲むことで塩分補給にも気を配りましょう。

まとめ

日本の夏は高温多湿で厳しいですが、しっかり夏バテ予防をすることで乗り切りましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

風邪予防に効果的なのは手洗い?マスク?加湿器?

スポンサードリンク 受験生は大切な入学試験の際に万全の体調で臨みたいですね。それだけに風邪やインフルエンザにならないように予防することは重要です。受験生以外の人でも、風邪をひいて休まなければならな …

ふくらはぎが夜中につる!治し方は?原因と予防法について

スポンサードリンク 夜中に寝ている時に、急にふくらはぎがつって、あまりに痛さに目が覚めることがあります。いわゆる「こむらがえり」です。命にかかわるようなことではなく、通常は数分で収まりますが、目が …

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?水の飲み過ぎは危険

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。2018年7月16-22日の1週間で2万2647人の人が熱中症で搬送されています。また多くの人が熱中症で命を落としています。命の危険があるほどの暑さ …

胃カメラ・胃内視鏡検査 苦しくない・痛くない神奈川の名医

日本人の死因で最も多いのは「がん」です。がんの種類別では、胃がんが男性で2位、女性で3位で、年間約5万人が亡くなっています。ほとんどの胃がんは早期に発見し、治療を受ければ完治可能です。 スポンサート …

インフルエンザワクチンの型はいつ決まる?製造は?不足する?

スポンサードリンク インフルエンザは日本のみならず世界中で流行する感染症です。全世界では毎年数十万人もの死者を出す、恐ろしい病気です。そのためインフルエンザワクチンの接種が推奨されています。 最近 …

最近のコメント