テクノロジー

WiFiのスピードが遅い場合の原因と対策!

投稿日:

自宅でインターネットを存分に楽しむためには、光ファイバー回線などのブロードバンド回線を引き込み、最新のWiFiルーターを接続して使用する方法がおすすめです。スマホなどのデータ通信量を心配せずに、ブロードバンド回線の定額料金で快適に利用できます。しかし、自宅に設置したWiFiルーターのスピードが遅くて困っているという話をよく聞きます。WiFiルーターのスピードを遅くする原因と対策について紹介します。

スポンサードリンク

WiFiのスピードが遅い場合の原因

自宅のWiFiのスピードが遅い場合も、さらに詳しく見てみると「常に遅い」「最近遅くなった」「時々遅くなる」などの状況があり得るでしょう。またその原因も複数のことが考えられるために、一概には言えず、簡単に調べられるところから、順次調べていくことになります。

まず直接的にWiFiに関係していない事例としては、引き込んだブロードバンド回線側でトラブルが発生することがあります。これは頻度が少なく、通常は回線事業者が対応するので、トラブルがあったとしてもある程度の期間で復旧します。ただし、復旧時にWiFiルーターをリセットして、再起動しないと上手く動かないこともあります。ONUなどの機器も再起動が必要な場合があります。急にWiFiが繋がらなくなった場合は、一旦WiFiルーターの電源を切って、30分程度置いてから再起動すると復旧することがあります。

以下は、WiFiルーターに原因がある場合について述べます。よくある原因は、「WiFiルーター本体に原因がある場合」と「WiFiルーターの設置場所に原因がある場合」です。順番に調べていきましょう。

WiFiのスピードが遅い場合はルーターをチェック!

まずWiFiルーターの機種が古すぎるということはないでしょうか?WiFiの技術は進歩していますし、WiFiに接続する機器の性能も向上し、より多くのデータ通信量を送受信するようになっています。さすがに10年以上前のWiFiルーターでは、スピード的に厳しいでしょう。少なくともIEEE 802.11nに対応する機種、できればIEEE 802.11acに対応する機種を使用したいです。最新のWiFiルーターでも、以下のように1万円程度の価格ですので、月々のブロードバンド回線の利用料を考えればWiFiルーターが旧式であるために利用し難くなっているようであればもったいないです。

WiFiルーターの機種ごとに使用する人数の目安(同時に接続する機器の台数)なども記載されていますので、使い方に相応しい、十分な性能のものを選びましょう。家族が同居している場合は、それぞれにスマホ、タブレット、パソコンなどを利用していることが多く、案外多くの機器を接続していたりします。

また家族が大容量のデータ通信が必要な動画やゲームなどを楽しんでいる場合に、WiFiルーターの通信量のかなりの部分を占めていることがあります。デュアルバンドやトライバンドが利用できるWiFiルーターで、周波数帯を住み分けるようにすると、他の人の通信が圧迫されることが避けられるような機種もあります。

前述のブロードバンド回線のトラブルのように、何らかの原因によりWiFiルーターが上手く動作しなくなることもあります。そんな場合は、まずはリセットし、30分程度待ってから再起動すると解決できることがあります。


スポンサードリンク

WiFiのスピードが遅い場合はルーターの設置場所をチェック!

WiFiルーターは正常なのに、WiFiルーターからの電波が届き難くなっている場合もあります。まず使用している住居の広さに対して、十分な電波送受信能力のあるWiFiルーターであることを確認しましょう。最近の機種には、使用する住居の広さの目安が記載されています。実際の自宅内には、壁や天井、ドア、家具などいろいろな電波を妨害するものがあり、これらの状況が各家庭によって異なりますので、各機種に記載されている使用する住居の広さはあくまでも目安になります。

まずWiFiルーターが置いてある部屋以外の部屋でWiFiが遅いと感じる場合は、WiFiルーターのすぐ近くまで来て状況を確認してみましょう。また多くの機器でWiFiの電波の受信状況がアンテナの数などで表示されますので、それによりWiFiの電波の強さを調べてみましょう。

基本的にはWiFiルーターを何らかの物体で遮ると電波が弱くなります。棚や家具の間に置くと電波が遮られやすく、特に水槽やコンクリートの壁などは遮蔽性が高いです。一般にWiFiルーターは1階の高い位置、可能であれば家の中心に近い位置に設置する方が住居内をカバーしやすいです。

住居のサイズや構造によっては、どうしてもWiFiルーター1台だけでは十分にカバーできないこともあります。そのような場合は、中継機を使用すると良いでしょう。

また電子レンジやコードレス電話の近くでは、電波が干渉してしまうことがありますので、WiFiルーターとは離して設置した方が良いでしょう。

まとめ

WiFiのスピードが遅い場合の原因と対策について紹介しました。最新の通信規格であるIEEE 802.11acは高速です。WiFiルーターそのものが旧式の場合は、この通信規格に対応していない場合がありますので、非常にもったいない状況です。WiFiのスピードを引き出せるように最新のWiFiルーターを準備すると良いでしょう。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

niftyのメールにログインできなくて困らないようにすること

スポンサードリンク メールを使っていると、基本的には毎日確認しますので、ログインしたい時にログインできないとものすごく困りますし、ストレスが溜まります。niftyでは、突然メーラーでログインできな …

人工知能は人間を超えるのか?役に立つ?仕事も奪われる?

スポンサードリンク 囲碁のプロ棋士と囲碁をやり、人工知能が打ち負かすなど、人工知能(AI)の進歩が注目されています。 そして人工知能の進歩によって、人間の仕事が奪われてしまう、なくなってしまうと言 …

パソコンの指紋認証は便利!対応機種も増加!外付けも可能!

スポンサードリンク パソコンはセキュリティの関係上、起動時やある程度操作しないでいた際にパスワードロックがかかり、パスワードを入力しないと使用できなくなります。これは必要な機能ですが、あまりに頻繁 …

HVとPHVとEVの違いは?おすすめは?

スポンサードリンク 1997年に世界初のハイブリッドカー(HV)の量産車「プリウス」が登場してから、エコロジーを意識したプラグインハイブリッドカー(PHV)や電気自動車(EV)の新型の車が次々に登 …

北朝鮮による電磁パルス攻撃(EMP攻撃)とは?対策は?

スポンサードリンク 北朝鮮による電磁パルス(EMP)攻撃の脅威が話題となっています。電磁パルス攻撃とはどのようなものなのでしょうか?対策を取ることはできるのでしょうか? スポンサードリンク 関 …

最近のコメント