ライフ

ズボンの後ろポケットに財布を入れない方が良い?

投稿日:

男性はバッグなどを持ち歩かず、財布をズボンの後ろポケットに入れている人が多いようです。ビジネス用のカバンを持っているときでも、財布をズボンの後ろポケットに入れている場合がよくあります。しかし、ズボンの後ろポケットに財布を入れないほうが良いようです。

スポンサードリンク

ズボンの後ろポケットに財布を入れないほうが良い?

ズボンの後ろポケットに財布を入れないほうが良い主な理由は、以下の3つです。

1.ズボンのポケットが破ける

2.財布が変形する

3.財布を入れた側のお尻が膨らんでカッコ悪い

ズボンの後ろポケットに財布を入れている方は、思い当たるところがあるのではないでしょうか?実際、私はこれらの点を痛感しています。詳細ついてはこちらの記事「財布をズボンの後ろポケットに入れない方が良い3つの理由」をご覧ください。

ズボンのポケットに財布を入れたいならばこの方法

「ズボンの後ろポケットに財布を入れないほうが良い」と言われても、やはり便利ですし、特に男性ならば「手ぶらでフットワーク良く行動したい」という方ほど財布をポケットに入れたくなりますね。実は私もそうです。しかし、前述のようなデメリットがありますので、悩んでいました。いろいろと試行錯誤した結果、たどり着いたソリューションが、「コンパクトな財布を使う」ことです。

コンパクトな財布を使えば、ズボンのポケットにかかる負荷は軽減できますので、破けにくくなります。またコンパクトですので、ポケットの膨らみも小さくなります。またコンパクトならば、ズボンの後ろポケットではなく、前側のポケットやシャツの胸のポケットに入れることもできます。そうすれば財布の変形もある程度防げる可能性があります。

コンパクトな財布としては、いわゆる「小銭入れ」は昔からありますが、少なくともクレジットカードは収納できないと不便ですね。機能性に優れるコンパクトな財布が理想ですね。次項で紹介します。


スポンサードリンク

ズボンのポケットに入れられる財布

ポケットに入れるためのコンパクトな財布としては、「薄い財布」と「小さな財布」があります。どちらを重視するのかは好みに合わせて選びましょう。

1.「薄い財布」

ただ薄い財布を作るだけならば難しくはないのですが、高い収納力と機能性を備え、使い勝手が良い財布を作るということはかなり難しいことです。根本的に財布の構造から見直し、独創的な財布が生まれました。それがハンモック構造の財布です。この斬新なアイデアは、財布を一目見ただけで分かります。ちょっと感動してしまいますね。さらに実際に使ってみるとその使いやすさに感動です。少しずつユーザーが増え、評価が高まっています。

公式サイトはこちら

2.「小さな財布」

前述のハンモック構造の財布は使いやすくて便利だけど、もう少し全体的に小さな財布が欲しいという方もいらっしゃいます。そんな要望に応えるために開発された斬新が財布がこのハンモック構造の三つ折り財布です。「こんなに小さいのに必要なものがほとんど入る!」と感動してしまいます。なんだか手品を見ているような気分になります。これならばポケットに入れても大丈夫ですね。

公式サイトはこちら

まとめ

「ズボンの後ろポケットに財布を入れるのは良くない」と知って困っている方に、解決策としてコンパクトな財布を紹介しました。財布をポケットに入れてアクティブに行動しましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

水道料金は全国で値上げされるのか?すでに格差が大きい!

スポンサードリンク 最近、「水道料金が今後は値上げされる可能性が高い!」という話を聞きました。本当に値上げされるのでしょうか?本当であるならば、なぜなのでしょうか?以下に紹介します。 スポンサー …

テニススクールの中級からレベルアップするために体力アップ!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人は、レッスンを受ける程度の体力はあると思いますが、一般的にはさらに上のレベルを目指すためには不十分なことが多いように思 …

自社株買いの目的は?株主還元として配当と何が違うの?

スポンサードリンク インターネットによる株式投資、いわゆるオンライントレードが普及し、株式投資は一部の人のものではなく一般的なものになりました。日経マネーのような株式投資の雑誌も複数出版されており …

マイクロプラスチックの対策は日本と世界ではどうなるの?

スポンサードリンク マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な問題となっています。海水中に浮遊するマイクロプラスチックには多くの有害化学物質が付着し、海洋生物の体内に取り込まれます。さらに食物連 …

エアコンのクリーニングは必要?分かり易く解説します!

スポンサードリンク 日本の夏は厳しく、エアコン無しでは熱中症になる危険さえあります。そのため、気温が上がってくると、しばらく使用していなかったエアコンを掃除(クリーニング)するかどうか悩む人もいる …

最近のコメント