4K・8K・ディスプレイ

8Kテレビのチューナー内臓がシャープから発売!

投稿日:2018年10月21日 更新日:

4K8K放送が2018年12月1日から放送開始となるため、外付けのチューナーやチューナー内蔵のテレビの発表が相次いで行われています。特に最高峰の8K(スーパーハイビジョン)放送については、現時点(2018年10月20日)ではチューナー別売りのシャープの8Kテレビのみが販売されている状況で、外付けチューナーの発売や内蔵モデルの発売が待たれていました。いよいよシャープから8Kチューナー内臓の8Kテレビの発売が発表されましたので、以下で紹介します。

スポンサードリンク

8Kテレビのチューナー内臓がシャープから発売!

シャープの発表によれば、11月17日より世界初の8Kチューナー内臓の8Kテレビ(第2世代AQUOS 8K)の発売が開始されます。機種は以下の3つです。

・8T-C80AX1 80型 店頭予想価格200万円
・8T-C70AX1 70型 店頭予想価格100万円
・8T-C60AX1 60型 店頭予想価格75万円

これらの「第2世代AQUOS 8K」では、動画応答性を高める「960スピード」により倍速駆動(120Hz)に対応しています。昨年発売された「第1世代AQUOS 8K」では対応していませんでしたので、この差は大きいでしょう。残像感の少ない映像が楽しめます。またフルハイビジョンか4Kの映像からアップコンバートする機会が多いと思いますが、それらのアップコンバートを行う「AQUOS 8K Smart Engine PRO」も強力になっています。

8Kパネルも新規開発されたもので、開口率が高められたことによりピーク輝度が向上し、レベルの高いHDR表示が可能となっています。

HDMI入力は4系統あり、これらをすべて使って8K伝送が可能です。後日、アップデートにより「1本のケーブルで8K伝送対応予定」とのころです。おそらくこれはHDMI2.1へのアップデートのことでしょう。現時点ではHDMI 2.1のテストスペックが確定してなく、このような発表の仕方になっていると考えられます。

USB接続の外付HDDによって8Kの録画ができるようです。

8Kテレビはチューナー内蔵が良い?

昨年発売されたシャープの「第1世代AQUOS 8K」であるLC-70X500(70型)は、価格.comでの最安価格は716,000円(税込)です。今後さらに価格が下る可能性はあると思いますが、これに外付けの8Kチューナーの価格が加わりますので、「第2世代AQUOS 8K」の70型と60型はそれほど大きくないです。8Kテレビを設置する時に別体のチューナーを置かなくても済むことを考えると、「第1世代AQUOS 8K」を選ぶ理由はあまりないでしょう。特に前述の倍速駆動対応を考えると、表示される映像も格段に「第2世代AQUOS 8K」の方が優れています。

4Kテレビと8Kテレビの精細度の差は、画面のサイズが小さくなるほど分かり難くなります。そのような意味で下限が60型とシャープは判断しているのでしょう。しかし、ほとんどの家庭で80型は大き過ぎますので、購入を検討するとしたら70型と60型がメインとなるのではないでしょうか?


スポンサードリンク

8Kテレビの買い時は?

それでは8Kテレビの買い時はいつでしょうか?

まず液晶テレビのようなデジタル家電製品の鉄則として、「価格は必ず時間とともに下がる」というものがあります。シャープとしてもフラッグシップの8Kテレビの価格はできるだけ維持しようと努力しますし、当面はシャープ1社のみが販売する状況が続きますので、4Kテレビよりは価格下落スピードが遅くなる可能性はあります。しかし、少しでも8Kテレビを普及させようとするほど、価格下落の鉄則は通用するでしょう。実際、2017年に発売された世界初の8Kテレビも、時間とともに実売価格は下がりましたし、「第2世代AQUOS 8K」では多くの性能向上が図られ、コストパフォーマンス(価格性能比)という点ではやはり下がっています。したがって、少しでも安く買いたいならば、可能な限り待ってから買った方が良いでしょう。

またシャープが販売するAQUOS 4K NEXT LC-70XG35(70型)は、8K相当の画像表示ができる4Kテレビとして非常に優れています。価格.comでの最安価格は341,330円(税込)です。これに4Kチューナーを接続して見た場合とどれだけ違いがあるものなのかは、一度家電量販店売り場で確認しておきたいです。

また8Kテレビを視聴するためには、テレビとチューナーだけでなく、アンテナや屋内の分波器などの伝送路も重要です。状況によっては4K放送の視聴を検討した方が良い場合もありそうです。十分に調べてから購入を決めましょう。

まとめ

シャープから2018年11月17日から発売される最新の8Kテレビについて紹介しました。「第1世代AQUOS 8K」に比べて「第2世代AQUOS 8K」は格段に進歩しています。最高峰の8K放送を視聴するためには、8Kテレビとチューナー以外の準備も必要ですので、よく調べてから購入しましょう。

8Kテレビのまとめについては、こちらの記事「8Kテレビのまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-4K・8K・ディスプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

4Kビデオカメラとは?フルハイビジョンカメラとの比較 買い時?

スポンサードリンク 家庭用のハンディなビデオカメラが登場してからずいぶん経ちますが、最近は「4Kビデオカメラ」を見聞きするようになりました。テレビは4Kが主流になりつつありますが、ビデオカメラも4 …

量子ドットLED技術「QLED」とは?TCLが4Kテレビを日本で販売!

スポンサードリンク 液晶ディスプレイなどに用いられる技術として、量子ドット関連技術が複数提案され、注目されています。そのため量子ドット関連技術の名称もいろいろなものが使われており、混乱しやすいです …

コントラストの高い液晶テレビはできるのか?普及する?

スポンサードリンク 有機ELテレビと液晶テレビの画質を比較した時に、液晶の弱点の一つとして挙げられるのはコントラストです。現状の製品では、有機ELテレビの方が黒らしい「締まった黒」を表示できること …

有機EL vs 量子ドット液晶、そしてマイクロLEDディスプレイ

スポンサードリンク 2000年代前半からブラウン管から液晶ディスプレイなどのフラットパネルディスプレイ(FPD)に移り始めてから、何と言ってもディスプレイの花形は大型テレビです。最近は60インチ以 …

量子ドットディスプレイの色域を比較してみる!改善する?

スポンサードリンク 液晶ディスプレイの最先端のテクノロジーとして、量子ドットによる広色域化があります。広色域化とは、表示できる色の数を増やすことで、これまでの液晶ディスプレイでは表示することができ …

最近のコメント