イベント

皇居一般参賀のまとめ

投稿日:

毎年、皇居での一般参賀がテレビのニュースなどで放映されています。日本人には馴染み深い行事ですが、実際に皇居に行って一般参賀に参加したことはありますか?平成という時代が終わる節目に際し、一般参賀に言ってみようとお考えの方が増えているようです。以下にまとめます。

スポンサードリンク

皇居一般参賀は混雑する?初めてならバスツアーもあり?

皇居一般参賀は、年に2回あります。天皇誕生日一般参賀(12月23日)と新年一般参賀(1月2日)です。平成29年の天皇誕生日一般参賀で52,300人、平成30年の新年一般参賀で126,720人の人が参内しました。天皇誕生日一般参賀(12月23日)では3回、新年一般参賀(1月2日)では5回、天皇陛下と皇族の方々がお出ましになられます。初めて皇居一般参賀に行く人のために、役立つ情報を以下の記事で紹介しています。

記事:皇居一般参賀は混雑する?初めてならバスツアーもあり?

皇居一般参賀バスツアーのおすすめは?新年と天皇誕生日

皇居では、天皇誕生日一般参賀(12月23日)と新年一般参賀(1月2日)の年に2回の一般参賀が行われます。皇居では一般参賀の人のための駐車場はありませんので、自家用車で皇居に行くということはありえません。しかし、何と言っても東京の中心で、東京駅や複数の駅から徒歩圏という交通至便な場所にありますので、アクセスには心配要りません。それなのに「皇居一般参賀バスツアー」が人気があります。こんなに電車でのアクセスが良くて、皇居に駐車場も無いのに、ちょっと不思議に思うかもしれませんが、それは一般参賀を終えた後に、美味しいレストランや都内の観光スポットを回れるバスツアーだからです。1月2日は、都心も通常の休日のようにお店も営業していませんし(年始の特別な体制が多いでしょう)、12月23日は、少し早めのクリスマスデートなどで良いレストランなどは予約しておかないと入れない可能性があります。旅行会社がレストランを予約し、そこまで時間どおりにバスで連れて行ってもらえれば、遠方から一般参賀に来た人も安心できるでしょう。以下の記事で紹介しています。

記事:皇居一般参賀バスツアーのおすすめは?新年と天皇誕生日


スポンサードリンク

皇居一般参賀の行き方と注意点!持ち物検査があります!

皇居の一般参賀に行きたいとお考えの方が増えているようです。皇居に何度も言ったことがある方であれば何の問題も無いのですが、初めて行く方、特に遠方から来られる方は、Googleマップなどで皇居を見てもよくわからないかもしれません。旧江戸城の跡地であり、城郭の回りはお堀で囲まれ、複数の門がありますので、どこから入場すれば良いのか分かりにくいですし、鉄道・地下鉄も複数あり、駅も多いので、迷うこともあるでしょう。そんな方々のために皇居一般参賀への行き方と参内する時の注意点・服装などについて以下の記事で紹介しました。

記事:皇居一般参賀の行き方と注意点!持ち物検査があります!

まとめ

皇居一般参賀についてまとめました。平成という時代の節目ですので、近年で最多の参内者数となる可能性が高そうです。しっかり準備して行きましょう。

スポンサードリンク


-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

母の日のプレゼントで花以外のおすすめは?お菓子?飲み物?

スポンサードリンク 母の日に贈るプレゼントに何を選ぶのかは迷いますね。いつも定番のカーネーションなどのお花をプレゼントしているならば、花以外のものを考えても良いかもしれません。もちろんお花とセット …

クリスマスプレゼント 社会人の彼氏に革財布がおすすめ!

スポンサードリンク 大切な彼氏にクリスマスプレゼントとして何を贈るか悩みますよね。 革財布は如何でしょうか?お金を入れて普段持ち歩くものなので、贈った財布をいつも使っていてくれると嬉しいものです。 …

敬老の日に何する?何もしない?お金がかからないプレゼントは?

スポンサードリンク 日本では毎年9月の第3月曜日が敬老の日です。高齢の父母がいる方は、敬老の日に何かすべきか悩みますね。どうするのが良いのか、一緒に考えてみましょう。 スポンサードリンク 関連

暑中見舞いの意味 送る時期 返事はどうする?

スポンサードリンク 日本では夏になると暑中見舞いを送る文化・習慣があります。 恥をかかないように、基本的なポイントを押さえておきたいですね。 以下に紹介します。 スポンサードリンク 関連

横浜みなとみらいで初日の出を見る!おすすめのスポットは?

新年を迎え、初日の出を見るとすがすがしい気持ちになりますね。「良い年になりますように!」「今年も頑張るぞ!」などと人それぞれの思いを、初日の出を見ながら祈りを捧げる人も多いようです。 スポンサード …

最近のコメント