防災の日の意味は?災害のリスクをハザードマップで確認!

防災

9月1日は「防災の日」です。日本中でこの時期に防災訓練等が行われます。「防災の日」の意味を理解し、準備しておきましょう。毎年この時期に災害の怖さを再認識し、多くの人が防災の意識を高めることが重要です。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼地震・台風・豪雨などへの防災対策についてはこちら▼▼
地震・台風・豪雨などへの防災対策まとめ!

防災の日の意味は?

「防災の日」は、台風、高潮、津波、地震等の災害への認識を深め、災害への備えと心構えをするために、昭和35年(1960年)に内閣の閣議了解により制定されました。9月1日が選ばれたのは、10万人以上の死者・行方不明者を出した「関東大震災」が発生した1923年(大正12年)9月1日にちなんだものです。制定前年の1959年(昭和34年)9月下旬には、伊勢湾台風により5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人の犠牲者が出ています。

大きな自然災害は、実際に遭遇する時まではその被害の甚大さ・深刻さを想像することが難しく、「防災の日」を制定して災害への認識を深めることは大切なことと言えるでしょう。

防災の日に災害が起こりやすい?

「防災の日」は「関東大震災」にちなんで9月1日とされましたが、地震については特にこの時期に発生しやすいというわけではありません。

日本には毎年台風が来襲します。台風に関しては、これまでの記録からも8〜10月に多いことは知られています。台風による高潮も発生しますので、そのような意味では比較的災害が起こりやすい時期に「防災の日」が制定されていると言えるでしょう。

夏には落雷、最近では竜巻、ゲリラ豪雨が発生します。冬は豪雪。春に近づくと雪崩、山火事などもあります。日本ではどのような災害が起こるのか知っておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

ハザードマップで住んでいる場所の危険度を知る

今住んでいる所にこれまでどのような災害があったかは、自治体によっては記録を公開しています。「(住んでいる場所の地名)〇〇 災害」などと検索してみれば、公開されている場合はヒットするでしょう。その土地に長く住んでいる人に聞いてみるのも良いでしょう。

国土交通省ではハザードマップを公開しています。一度は自分の住んでいる地域を確認しておきましょう。

防災・減災につなげるハザードマップの活かし方 [ 鈴木康弘 ]

また産業技術総合研究所のサイトでは、活断層の位置を地図上で表示しています。自分の住んでいる地域の近くに活断層がないかどうか確認しておきましょう。しかし、大きな地震は活断層の所だけで起こるわけではなく、また大地震の影響は広範に及びますので、近くに活断層が無いからといって地震の心配が無いわけではありません。家具の転倒防止、防災セットなど、備えをしっかりしておきましょう。

まとめ

「天災は忘れた頃にやってくる」の言葉通り、災害の無い日が続いていたとしても忘れてはなりません。日頃からの準備・訓練がいざという時にう役立ちます。

▼▼地震・台風・豪雨などへの防災対策についてはこちら▼▼
地震・台風・豪雨などへの防災対策まとめ!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました