イベント

防災の日の意味は?災害のリスクをハザードマップで確認!

投稿日:2017年6月13日 更新日:

9月1日は「防災の日」です。日本中でこの時期に防災訓練等が行われます。

「防災の日」の意味を理解し、準備しておきましょう。

スポンサードリンク
  

防災の日の意味は?

「防災の日」は、台風、高潮、津波、地震等の災害への認識を深め、災害への備えと心構えをするために、昭和35年(1960年)に内閣の閣議了解により制定されました。

9月1日が選ばれたのは、10万人以上の死者・行方不明者を出した「関東大震災」が発生した1923年(大正12年)9月1日にちなんだものです。

制定前年の1959年(昭和34年)9月下旬には、伊勢湾台風により5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人の犠牲者が出ています。

大きな自然災害は、実際に遭遇する時まではその被害の甚大さ・深刻さを想像することが難しく、「防災の日」を制定して災害への認識を深めることは大切なことと言えるでしょう。

防災の日に災害が起こりやすい?

「防災の日」は「関東大震災」にちなんで9月1日とされましたが、地震については特にこの時期に発生しやすいというわけではありません。

日本には毎年台風が来襲します。台風に関しては、これまでの記録からも8〜10月に多いことは知られています。台風による高潮も発生しますので、そのような意味では比較的災害が起こりやすい時期に「防災の日」が制定されていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

夏には落雷、最近では竜巻、ゲリラ豪雨が発生します。

冬は豪雪。春に近づくと雪崩、山火事などもあります。

日本ではどのような災害が起こるのか知っておいた方が良いでしょう。

ハザードマップで住んでいる場所の危険度を知る

今住んでいる所にこれまでどのような災害があったかは、自治体によっては記録を公開しています。「(住んでいる場所の地名)〇〇 災害」などと検索してみれば、公開されている場合はヒットするでしょう。

その土地に長く住んでいる人に聞いてみるのも良いでしょう。

国土交通省ではハザードマップを公開しています。一度は自分の住んでいる地域を確認しておきましょう。

防災・減災につなげるハザードマップの活かし方 [ 鈴木康弘 ]

また産業技術総合研究所のサイトでは、活断層の位置を地図上で表示しています。自分の住んでいる地域の近くに活断層がないかどうか確認しておきましょう。

しかし、大きな地震は活断層の所だけで起こるわけではなく、また大地震の影響は広範に及びますので、近くに活断層が無いからといって地震の心配が無いわけではありません。

家具の転倒防止、防災セットなど、備えをしっかりしておきましょう。

まとめ

「天災は忘れた頃にやってくる」の言葉通り、災害の無い日が続いていたとしても忘れてはなりません。日頃からの準備・訓練がいざという時にう役立ちます。

スポンサードリンク


-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

横浜の花火大会はいつ?神奈川新聞花火大会は?ホテルは?

スポンサードリンク 港町横浜の花火大会は、海をバックにスケールの大きなイベントです。 一度は行ってみたい夏のイベントについて紹介します。 スポンサードリンク 関連

紅葉狩りの楽しみ方!関東のおすすめスポットと時期を紹介!

スポンサードリンク 日本では秋になると木々の葉が赤や黄色に変わる「紅葉(こうよう)」が美しく、それらを鑑賞する「紅葉狩り(もみじがり)」が人気です。 同じ「紅葉」という表記で「こうよう」と読んだり …

イチゴ狩り 神奈川のおすすめはここ!横須賀市・海老名市

スポンサードリンク イチゴは好きですか?子供と一緒にイチゴ狩りに行くと楽しめるかもしれません。多くのイチゴ狩りができるイチゴ園ではハウス栽培をしていて、1月上旬から6月頃までの長期間イチゴ狩りがで …

小学校の卒業式でのママの服装 コサージュ バッグは?

スポンサードリンク 大切に育ててきた子供の卒業式は、お子さんご本人にとって人生の大切な節目になる記念の行事ですし、ご両親にとっても感慨深いものです。そんな記念の式典に出席するママも、服装には悩む人 …

月の観測と撮影が簡単にできる 中秋の名月・十五夜のお月見

スポンサードリンク 天体観測をしたことがありますか? 最近は防犯上の理由もあって、街の至る所に照明があり、夜空の星を観測するのが難しくなっています。実際に天の川、土星の環、木星の縞模様を見たことが …

最近のコメント