ライフ

家計簿をつける意味はあるの?支出管理と資産形成の第一歩

投稿日:

生活するにはお金が必要です。限られた収入の範囲内でお金を使っていれば問題ないのですが、お金を使いすぎて困ってしまうこともあるでしょう。人によってはお金が足らなくなって高い金利で借金をすることも・・・。そのような事態に陥らないためには家計管理が必要で、家計簿をつけることが有効です。

スポンサードリンク

家計簿をつける意味はあるの?

誰でも収入以上にお金を使ってしまえば、お金が足らなくなってしまいます。これは収入の多寡に関係なく、年収何億円も稼いでいる人でも借金で破産してしまうことは珍しくありません。一般的な労働者の年収レベルであれば、お金の心配をせずに使いたいだけ使えるなんてことは考え難いです。また毎月一定の金額の支出であれば予定しやすいのですが、年に1回や数年に1回大きな支出があるような場合は、それに備えてお金を貯金しておく必要があります。そのようなことに対応するためには、やはり支出と収入を把握することが必要です。

収入については、給与所得者は月々おおよそ決まった金額の給与が支払われることが多いですが、残業代や業績に連動する部分、ボーナスなどについては変動幅があります。しかし、基本給部分は大きく変動しないと考えられますので、すこし堅めに見積もっておけばある程度予想できるでしょう。もっとも手堅いのは、振り込まれた給与を確認してからその範囲で使えばよく、実際に振込金額を確認してから支出計画を立てるという方法です。

一番把握しにくいのが支出です。特に何にどのぐらいお金を使っているのかは、意識しているようで把握しにくいものです。特に家族がいる場合は、家計全体の支出については自分以外の人もお金を使っているので、分からなくなることが多いでしょう。そのため家計簿をつけることに意味があります。次項でさらに詳しく説明します。

家計簿をつけて支出管理

少々体験談的になりますが、結婚前の一人暮らしの時は、自分の給与の範囲内で自分でやりくりするだけだったので、支出の管理はそれほど難しくありませんでした。将来に備えて給与からまず一定額を別口座に移し、残りのお金でやりくりすれば、必ずしも詳細な家計簿をつけなくても問題ありませんでした。

結婚し、夫婦で暮らすようになり、さらに子供も加わるようになってからは、普通に暮らしていくのにいくら必要なのかがよく分からず、リスクを感じましたので家計簿をつけ始めました。家内が家計簿をつけるのが苦手だったので、私が家計簿をつける担当になりました。1年間家計簿をつけてみると、特別に高額な支出をしなかった場合に、おおよそいくらの支出で生活できそうか見えてきました。もちろん子供の成長とともにその内容も変化してきますので、さらに継続して家計簿をつけると、何にいくら必要かがおおよそ把握できてきます。

重要なことは、無理のない範囲で節約した場合に、家賃、光熱費、食費、衣料費、学費、医療費などおおよそいくらぐらいのお金を用意しておけば生活できるのかということを把握することです。現在、比較的収入に余裕があり、毎月一定額を貯金に回せているならば、もし給与がどれぐらい下がっても今と同じ生活水準を維持できるのかを把握できていれば、何らかの理由で給与が下がったり、転職しなければならない状況となってもある程度精神的に余裕が持てます。さらにこれまで努力して貯金したお金があれば、最悪収入がゼロになってもどのぐらいの期間耐えられるのかが分かるでしょう。

もっと節約しなければならないという時にも、全てにおいて支出を削るのはかなり大変ですが、何にどれくらいお金を使っているのかが分かれば、効果的に支出を減らすことができるはずです。例えばスマホ代を格安スマホにすれば月々どれくらい、年間でいくらの支出を減らせるのかが分かります。このような支出管理をする上で、日々の家計簿のデータが重要です。

最近はいろいろな家計簿アプリがありますので、それらを活用すれば比較的簡単に家計簿がつけられます。しかし、前述のような目的から考えれば、もう少しおおまかな記録でも構いません。おすすめなのがクレジットカードの活用です。クレジットカードならば毎月明細が送られてきますので、支払いをした店舗が分かればおおよそ支出内容も分かります。光熱費やスマホ代などもほとんどクレジットカードで支払いできますので、クレジットカードでできるだけ支払いをすれば、毎月その明細と、そこに記載されない家賃などを銀行の通帳をみて整理すれば、おおよそ会計簿を作ることができてしまうでしょう。これなら簡単ですね。

クレジットカードを使うことのメリットは、いくつかあります。もっとも大きいのは、支払い金額が同じなのにポイント還元されるということです。まだ家賃などはクレジットカードで支払えないところが多いですが、多くのものがクレジットカードで支払えるようになっていますので、子供のいる世帯であれば年間に100万円以上はクレジットカードで支払っているでしょう。ポイント還元率は0.5-1.0%のものが多いので、100万円ならば5000円〜1万円は還元されるわけですので、これは大きいでしょう。利用しなければ損です。さらに年会費が無料で、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶことで実質的なお得度がアップします。

例えば以下のバナーの楽天カードならば、年会費無料で、楽天市場ではポイント還元率が高く、楽天市場を使う方ならば作っておきたいクレジットカードです。私も累積で10万円相当以上のポイントを獲得して使っています。

クレジットカードのもう一つのメリットは、キャッシュレスということです。あまり大きな金額の現金を持ち歩くのは危険なので、必要な金額だけ銀行から引き下ろす事が多いのですが、クレジットカードを活用すれば銀行にお金を引き下ろしにいく手間と時間が節約できます。店舗での支払い時もスマートにでき、精算の間違いも少なく、省力化できますので、店舗側も歓迎するところが増えています。社会全体のトレンドとしてはキャッシュレスに向かっています。

クレジットカードを使わない理由が、「お金を使いすぎてしまう」ということが多いのですが、このように支払い明細をしっかり家計簿として活用すれば、むしろ支出管理に役立つでしょう。


スポンサードリンク

家計簿をつけて資産形成へ

家計簿を1年以上つけることに成功すれば、おおよその支出内容と金額が把握できます。大きく生活水準を買えなければ、それは今後数年先まで参考になるでしょう。この家計簿から得られたデータをベースに、子供の学費、車の購入費、家族旅行などの大きな一時的な支出予定を、エクセルなどで今後数十年分入力し、表にしてみましょう。いわゆるファイナンシャルプラン(FP)の簡易版ができあがります。入力項目も、思いついたら順次追加していけば、さらに精度が向上します。これが資産形成への第一歩となるでしょう。

どんな人生を送りたいのかを経済面から考えるよいデータになります。給与が将来何倍にも増えることを目指すのか、株式投資などの資産運用を併用し、給与収入以外の柱を作るのか。また副業を少しずつ始め、それを数年から10年以上かけて育て、大きな収入源とし、定年後はそれを主要な収入源とするのか。それとも給与収入だけでを頼りに、スキルアップし、高齢になっても働き続けるのか。いろいろな選択があります。自分が望む生き方を実現できるうように考えるベースとなるでしょう。

「家計簿を付ける意味」というところから書き始めましたが、支出の管理とはそれだけ重要なことです。さらにそれをおおまかにでも把握できるだけで、資産形成などの自分らしい人生を実現するための大きな力となるでしょう。

まとめ

家計簿をつけるということは面倒ですが、アプリなどのITの進歩によってかなり手間がかからなくなっています。ここで紹介したのはクレジットカートを使うというかなり簡単な方法です。日々の支出をできるだけクレジットカードにするだけで、かなりの部分を把握できますし、それに銀行の通帳を組み合わせる程度のものです。さらにクレジットカードのポイント還元も受けられますのでかなりお得でしょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

株の配当と株主優待で生活するには?食事券・お米・クオカード

スポンサードリンク インターネットで株のトレードができるようになり、売買の手数料も安くなったため、多くの人が株式投資をするようになりました。20年ぐらい前には、株式投資をしているというと驚かれるよ …

熟睡するためにやってはいけないこと!お酒は?食事は?

スポンサードリンク 良質の睡眠は健康にはとても大切です。同じ睡眠時間でも眠りが浅いと疲れがとれず、それが続けば疲労が身体に蓄積していきます。熟睡してしっかり疲労を取ることが大切です。うっかりやって …

ツバメの巣を作らせる方法は?毎年ツバメは来るの?

スポンサードリンク ツバメは渡り鳥で、暖かくなると日本に来て、寒くなると南の方へ行きます。日本国内でも地域によって差がありますが、関東地方では3〜4月頃にツバメが訪れ、10月頃に南の方へ渡って行く …

ふるさと納税の限度額の株式譲渡益がある場合の計算は?

スポンサードリンク 2008年からふるさと納税制度が始まり、現在ではすっかり定着しました。2015年には控除額の上限が2倍になり、この制度を活用しないと非常にもったいない状況となっています。給与所 …

たんぱく質の摂取量の目安と効率良く摂取できる食品は?

スポンサードリンク 最近の研究で年齢が高くなるほど筋肉が減少傾向にあり、高齢になった時にもできるだけ自分で自分の身体を動かせるようにするためには、筋肉量を維持することが重要であることが明らかになっ …

最近のコメント