ライフ

お墓は子供がいない場合はどうすれば良いのか?

投稿日:2018年12月4日 更新日:

日本では、その家の跡継ぎになる長男などの場合は、先祖代々のお墓を継承し、自らもそのお墓に入り、次男の場合は分家として新しくお墓を建てることが慣例です。しかし、サラリーマンになる人が多く、転勤命令が出れば遠方に引っ越すことも多く、また少子化で子供のいない人も多い現代では、必ずしも従来の慣習を守ることも難しいかもしれません。特に子供がいない場合の自分の入るお墓について解説します。

スポンサードリンク

お墓は子供がいない場合はどうすれば良いのか?

「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」によると、生涯未婚率は、男性の場合は23.4%、女性の場合は14.1%です。今後さらに生涯未婚率は高くなる見込みです。合計特殊出生率は、第1次ベビーブーム(1947-1949年)では4.3 を超えていましたが、2016年には1.44となっています。出生数は減少する一方で、少子化・人口減少に歯止めがかかる傾向は見られません。このことは、自分が命を終えてから入るお墓の管理をしてくれる人がいないケースが増えていくことを意味しています。

通常は、自分の子供が自分の入ったお墓の管理をしてくれるパターンが多いのですが、そもそも子供がいなければそのようなことが期待できませんし、子供がいたとしても、お墓から遠く離れたところで生活するようになれば、お墓の管理をすることが重い負担となり、管理してもらえないことも有り得ます。お墓をどうすれば良いのでしょうか?

お墓は子供がいない場合は次男でも実家へ

まず自分が次男で、長男が実家のお墓を継承している場合についてです。日本の慣習では、次男は分家として独立し、お墓を新たに建てることが一般的です。そのため、長男が継承した実家のお墓には入りません。しかし、分家の次男に子供がいない場合はどうすれば良いのでしょうか?そのような場合は、長男が継承した本家のお墓に入るという選択がこれまでの日本でもありましたので、特に珍しいことではありません。

法律的にも次男が本家のお墓に入ることはまったく問題ありません。法律的にはお墓を継承した長男に、誰の遺骨をお墓に入れるのかを決める権利がありますので、極端に言えば親族以外を入れても構いません(*法律以外に霊園等の規則で制限がある場合が普通です)。つまり、次男が本家のお墓に入るためにはその墓の継承者の承認が必要となります。


スポンサードリンク

お墓は子供がいない場合は永代供養墓へ

家のお墓を継承する長男であっても、自分の子供がいない場合もあります。そうなると自分が永眠した後、自分のお墓はどうなるのでしょうか?誰もお墓の管理をしてくれない「無縁仏・無縁墓」のようになってしまうのでしょうか?人によっては「自分が死んだ後のことなどどうでもいい!」と言う方もいるかもしれませんが、「やはり気になる!」という方もいるでしょう。

また子供がいても、物理的にお墓から距離が遠いところに住んでいると、お墓参りやお墓の管理をすることが重い負担になります。例えば実家に誰も住んでいなかったり、実家をすでに処分してなかったりするのに、交通費だけでも往復数万円かけ、1〜2日の時間を費やしてお墓に来るとなると、経済的にも時間的にも大変です。

そんな方々のために「永代供養墓」を選ぶ人が増えています。永代供養墓ならば、法要やお墓の定期的な管理をお寺や霊園が行ってくれるので、「無縁仏・無縁墓」になる心配がありません。費用的にも一般的なお墓を建てるよりは安くなることが多いようです。しかし、永代供養墓は、納骨時に他の遺骨と一緒に合祀する場合と、17回忌、33回忌、50回忌などの一定期間を区切りとして合祀する場合などがあります。合祀してしまうと、そこから再度遺骨を取り出すことは通常はできません。これらの方法によっても費用が異なります。

このようなお墓を探す場合でも、最近は便利な以下のバナーのようなお墓のポータルサイトがありますので、まずはサイトで調べてみると良いでしょう。



まとめ

子供がいない場合は自分のお墓をどうすれば良いのか悩みますね。また子供がいてもできるだけ子供の負担を減らすようなお墓を選択する人が増えているようです。

お彼岸のお墓参りのマナーについては、こちらの記事「お彼岸のお墓参りの時期・マナー 行けない場合はどうする?」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鯖缶の開封後の保存方法は?賞味期限と保存方法は?

スポンサードリンク 2017年から鯖(サバ)缶ブームが続いています。「鯖缶に含まれる栄養が身体に良い」などとテレビなどで取り上げられてブームになったことは過去にもあります。そのため今回のブームもそ …

光化学スモッグ注意報が増えている?症状と対処方法は?

スポンサードリンク 先日、自分の住んでいる地域で光化学スモッグ注意報が発令されていました。自分が子供だった頃は、もっと頻繁に光化学スモッグ注意報が発令されていたような気がしますが、最近も光化学スモ …

ワイシャツの襟の汚れの落とし方 擦り切れも予防可能

スポンサードリンク 職場でワイシャツを着ている人は大勢いらっしゃることは、通勤時の駅の様子を見ただけでわかります。勤務のある日は毎日着るワイシャツですので、長持ちさせないと費用も大変です。ワイシャ …

人手不足による倒産はなぜ起こる?深刻な業界は?

スポンサードリンク 最近は新聞やインターネットなどで、毎日のように「人手不足」という言葉を耳にします。商品やサービスの注文・ニーズはあるのに、人手不足が原因で倒産する事例も増えているようです。一方 …

セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

スポンサードリンク ガソリンで走行する車に乗るならばガソリンスタンドで給油する必要があります。電気自動車の販売が始まりまりましたが、まだまだ圧倒的にガソリン車の方が多いでしょう。ガソリンを少しでも …

最近のコメント