名古屋国際会議場のランチのおすすめは?安いのは?

トラベル

国際会議や種々のイベントが開催される中京地区の中核施設である名古屋国際会議場。東海道新幹線名古屋駅や中部国際空港セントレアからのアクセスも良く、多くの人が訪れています。名古屋国際会議場に行った時に便利なランチの情報について紹介します。

スポンサードリンク

名古屋国際会議場のランチのおすすめは?レストラン?

名古屋国際会議場は、総事業費392億円をかけて作られた大きな国際会議場で、当然のことながらレストランがあります。施設内にあるのは、カフェテリア「カスケード」、展望レストラン「パステル」、喫茶・軽食 ラウンジ「ユリ」の3つです。

一番大きいのはカフェテリア「カスケード」で、3号館地下1階にあります。大学の生協食堂的な雰囲気のレストランで、価格も手頃です。施設内のメインの食堂と考えて良いでしょう。名古屋国際会議場で開催されているイベントとその参加者の状況によるのですが、参加者が多い場合は、ランチの時間に多くの人がカフェテリア「カスケード」に殺到します。ワンテンポ遅れて行くと、長い行列ができてしまうところも大学の生協食堂と似ています。時間に余裕があれば良いのですが、ランチの時間が短い場合は少々焦ることがあります。

時間的に余裕がなかったり、あまり並ばずにゆったりランチを食べたいという方には、展望レストラン「パステル」がおすすめです。1号館の7階にあり、このレストランの存在に気が付かない人も多いためか、空いていることが多いようです。私もこれまでに2回利用しましたが、空いてすぐに座れました。景色もよく、ホテルのレストラン風の雰囲気です。その分、少々高いのですが、それでも1,000〜1,500円程度で、コーヒー付きのメニューがありますので、前述のメリットを考えれば魅力があります。

喫茶・軽食 ラウンジ「ユリ」は、その名の通り昼食としてのメニューはあまりなく、カレーライスやホットドッグ程度です。私はホットドッグを食べたのですが、当然のことながらランチとしては少なめで、ホットドッグとして価格も少々高めです。やはりランチと言うよりは、喫茶・軽食として利用するのが良いでしょう。

名古屋国際会議場のランチのおすすめは?周辺のレストラン?

ランチのお店としては、名古屋国際会議場内の施設だけでなく、周辺のお店も利用可能です。名古屋国際会議場に隣接した場所にはレストランは見当たりませんが、地下鉄名港線の日比野駅周辺まで行くと、中華の「北京楼」、回転寿司の「寿司処角」などがあります。名古屋国際会議場までは徒歩で5分ぐらいですので、ランチの時間でも行けるでしょう。私は回転寿司のお店に行きました。美味しかったので、調子に乗って食べていたら、ランチなのに2,000円以上になってしまいました・・・。


スポンサードリンク

名古屋国際会議場のランチのおすすめは?安いのは?

名古屋国際会議場は大きな施設なのですが、公式サイトのイベント案内を見ても、施設全体をフル稼働させることはかなり難しそうな印象を受けます。さらに施設内のレストランにどれぐらいお客さんが来て、売上が上がるのかということを考えると、案外厳しいのではないかと感じました。そのため、メニューはあまり豊富ではないですし、価格も少々高めという気がします。そうすると、安くておすすめなのが、すぐ近くのセブンイレブンで買ってきて、名古屋国際会議場内で食べるという選択です。

ご存知のようにセブンイレブンのお弁当やいろいろな食物は、多大な費用をかけて開発されたものですので、価格の割にはかなり美味しいです。レジの会計も速いので、長い列ができていても案外早く会計ができます。Suicaなどのキャッシュレス決済が増えていることも関係しているのかもしれません。また名古屋国際会議場内には、座れる場所が多く、お弁当などを食べる場所を探すのもそれほど難しくありません。

まとめ

名古屋国際会議場のランチについて紹介しました。仕事で国際会議などに参加している場合は、ランチの時間も短くて忙しいことが多いので、素早く、美味しく、安くランチを食べたいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました