トラベル

海外旅行でのロストバゲージの確率・原因と対策は?

投稿日:

海外出張・旅行に行く時は、ほとんどの場合は宿泊を伴い、スーツケースを持っていくことになるでしょう。機内持ち込みができるサイズを超えると、空港でのチェックイン時に手荷物を預けることになります。飛行機が着陸後にこの手荷物が戻ってこない「ロストバゲージ」になってしまったらどうすればよいでしょうか?

スポンサードリンク

海外旅行でのロストバゲージの確率と原因は?

私はこれまでに50回以上は海外出張・旅行をしていますが、ロストバゲージになったことはありません。ロストバゲージになる確率は高いのでしょうか?SITA(世界中で運航する航空会社、旅行代理店、その他の関連業界のための業界団体)の発表によれば、荷物の遅延・損傷・紛失・盗難などのトラブルの確率は0.65%です(*2015年実績)。その内の6%が紛失・盗難で、つまり0.039%が最終的に手元に戻って来ないロストバゲージです。

しかし、この確率は、すべての乗客に対して同じものではありません。まず航空会社によってロストバゲージの確率が大きく異なります。日本の航空会社はさすがにしっかり管理しており、滅多にロストバゲージとなることはありません。正確な統計データが確認できていませんが、一説には0.01%程度と言われています。これが某国の航空会社となると2%以上となることもあると言われています。これも統計データが確認できていないのですが、航空会社によるサービスの違いがあることは複数の航空会社の飛行機に搭乗してみればすぐに分かりますし、前述のSITAの平均値よりも確率が低い航空会社があれば、もっと確率が高い航空会社があることも納得できます。また直行便よりも、荷物を載せ替える必要がある乗継便の方がロストバゲージの確率が高そうです。さらに路線によっても大きな差があるでしょう。

ロストバゲージとなる原因は、以下のようなことが考えられます。

1.航空会社・空港スタッフのミス

手荷物に付けるタグを付け間違えたり、荷物を間違ったコンテナに入れてしまったりすることによって起こります。乗り継ぎ空港などでも起こり得ます。

2.手荷物の取り間違え

空港につくとバゲージクレームに手荷物が出てきます。この時に他の乗客が手荷物を取り間違えることがあります。

3.盗難

手荷物を狙っている泥棒もいるようです。場合によっては空港スタッフなどの中にいる場合もあるそうです。

海外旅行でのロストバゲージの対策は?

海外旅行の時にロストバゲージになるとつらいですね。特に往路のフライトでロストバゲージになると大変です。上記の原因から、以下のような対策が考えられるでしょう。

1.氏名・住所・電話番号を記載したタグを付ける

2.以前のフライトのシールを剥がす

3.日本の航空会社などのようにロストバゲージの確率の低い航空会社を選ぶ

4.直行便がある場合は、できるだけ直行便を選ぶ

5.ステッカーなどで目立つ目印を付ける

6.最悪の場合はロストバゲージとなっても何とかなるように、重要なものを機内持ち込みの手荷物に入れ、フレキシブルな対応が可能な服装で搭乗する

7.ロストバゲージに対する保険をかけておく


スポンサードリンク

海外旅行でロストバゲージとなったらどうする?

海外出張・旅行で、着陸後に手荷物が出てこない場合はどうすれば良いでしょうか?まずは航空会社に手荷物を預けた際の控えを提示し、手荷物が出てこないことを届け出ましょう。ディレイドバゲージなのか、ロストバゲージなのかを調べてもらいます。そして航空会社にどのような補償をしてもらえるのかを確認しましょう。必ず当日中に空港で交渉することが必要です。

一般に航空会社からは十分な補償が受けられないことが多いようです。そのためロストバゲージをカバーできる海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。年に複数回海外に行く方ならば、これらが付帯しているクレジットカードを作るとお得です。ロストバゲージになったら、クレジットカード会社の海外用のヘルプデスクなどに連絡して補償を受けるための手続きなどについて問い合わせましょう。

まとめ

海外出張・旅行時のロストバゲージの確率・原因と対策について紹介しました。海外に行く貴重な機会に、手荷物を紛失してしまうとショックが大きいです。まずはロストバゲージにならないように対策しましょう。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

成田空港では顔認証で出国手続きする!入国手続きも!

スポンサードリンク 海外へ行くときは、日本で出国審査を受けます。パスポートを提示し、顔写真と照合し、本人確認をする必要があります。帰国時にも入国審査として、同様なことをする必要があります。違法な出 …

ESTAの申請を忘れた!申請はいつまで?印刷を忘れたら?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行く場合は、パスポートが必要なことはご存知でしょう。それでも出発する日に空港でパスポートを忘れたことや有効期限が切れていたことに気が付く人がいます。パスポートで …

パスポートの写真の撮り方は?写真屋で撮る方が良い?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行くためにはパスポートを申請する必要があります。初めて申請する人は分からないことが多い場合がありますし、2回目以降の人でも有効期限が少なくなって5年あるいは10 …

Holiday Inn Express & Suites San Francisco Fishermans Wharfに宿泊

スポンサードリンク 米国サンフランシスコに何度か出張で行っています。サンフランシスコにはいろいろなものがありますが、私がよく行くのはフィッシャーマンズワーフです。観光地として人気が高い場所で、多く …

お盆に帰省しない?する? 荷物 ピーク 安く楽な方法

スポンサードリンク お盆・お正月は帰省のピークです。日本中で帰省のための大移動が行われます。遠方への帰省は大変です。帰省を少しでも楽にする方法を紹介します。 スポンサードリンク 関連

最近のコメント