ライフ

賃貸アパートが寒い!ヒートショックが心配!断熱が必要!

投稿日:

寒い季節になると住宅の断熱性能の差が出ます。高性能の断熱住宅は、家全体がしっかり断熱されていて、家の中の場所による温度差が小さく、快適です。しかし、一般的な賃貸アパートは、断熱性能が低く、冬は寒く、家の中の温度差も大きいです。私もそんな賃貸アパートに住んでいます。

スポンサードリンク

賃貸アパートが寒い!ヒートショックが心配

賃貸アパートでは、通常は大家さんができるだけ早期に投資を回収できるように、建設コストを抑えます。業界には、一般の住宅用とは異なる賃貸アパート用の資材・設備があります。これは賃貸アパートに住んだことがある方ならばご存知でしょう。要するにある程度品質を下げてコストダウンしているわけです。「持ち家派VS賃貸派」の議論をする時に、この住宅の品質の低さが賃貸派の弱点の1つでもあります。

私は、これまで数十年も賃貸アパートに住んでいますが、住宅の品質を下げることによってヒートショックの危険が高まること、省エネ性能が低くなり、地球環境に良くないことは実感として分かります。年間のヒートショックの死亡数は交通事故の死亡数よりも多いことは有名です。死亡に至らなくても、重度の障害が残ることもあります。これらによる経済的な損失も大きいはずです。また断熱性能の低い住宅を暖めようとすると、多くのエネルギーを浪費します。日本中の賃貸アパートの断熱性能を向上させれば、ヒートショックによる被害を減らし、省エネルギーに大きく貢献できるでしょう。

しかし、今現在住んでいる賃貸アパートの断熱性能が低く、寒い場合は、すぐに改善したいです。

賃貸アパートが寒いので断熱して暖かくする

住宅の場合、屋内の熱が逃げていく主要な経路は窓です。窓の断熱性能を改善することで、かなり家の中を暖かくすることができます。自分の持ち家であれば、リフォームして複層ガラスや二重窓にすることで断熱性能を高めることができます。しかし、賃貸アパートではそのようなリフォームは通常は認められませんので、退去時に簡単に元に戻せる範囲での方法となります。

具体的には、DIYでの簡易内窓の設置、中空ポリカの断熱材の貼付け、断熱カーテンの設置です。窓の大きさにもよりますが、これらは窓1つに対し、それぞれ数千円程度でできます。作業的にもそれほど難しいものではなく、また退去時には簡単に撤去することができますので、賃貸アパートでも問題になることは少ないでしょう。ただし、設置や撤去時にアパートに傷や汚れを付けないように注意する必要はあります。


スポンサードリンク

賃貸アパートが寒いので断熱して暖かくしてみた!

実際にこれまでに15年以上住んでいる賃貸アパートに、前述の断熱性能を高めるための方法を試してみました。

まず以下のバナーの写真のような簡易内窓をインターネットで購入し、お風呂場の窓に取り付けました。

プラスチック製の本当に簡素な軽い窓なのですが、断熱性能はかなり高いです。お風呂場の窓と扉を閉め切った状態でお風呂を沸かすと、浴室内はすぐに暖まり、ヒートショックのリスクはかなり下がりました。統計的にもヒートショックは入浴時が多いので、わずか数千円の投資でヒートショックのリスクを大きく下げられるならば非常に価値ある投資と言えるでしょう。また浴室内が暖まりますので、お湯の温度を下がり難くする効果もあり、省エネです。

お風呂場以外の窓には、ほぼ全てに以下のバナーの写真のような中空ポリカーボネートを貼りました。窓の大きさを測り、それに合わせてサイズを指定するとカットしてもられます。

これを窓に貼るときは、後から剥がすことを考えて、以下のバナーのニトムズの剥がせる両面テープを使いました。

ちなみに玄関のドアもガラスが使われているため、そこにも中空ポリカーボネートを同様に貼りました。これまでは玄関部分が家の中でもっとも寒かったのですが、これを貼り付けただけでおそらく2℃以上は暖かくなったと思います(*気象条件が日々変わるので、貼り付けた場合と貼り付けなかった場合の正確な比較は難しく、おおよその感覚です)。

子供の部屋の机の横には窓があり、寒い日には窓際から冷気が伝わって来ていたのですが、中空ポリカーボネートを貼り、さらに断熱カーテンを設置したら、ほぼ冷気は遮断できました。ここまでやればオイルヒーターでじんわり暖めると、本当に部屋の中が快適です。是非お試しください。

まとめ

寒い賃貸アパートを断熱して、暖かく、快適にする方法および実際にそれを実践してみた状況について紹介しました。ちょっとした作業で大きな効果がありますので、寒くて困っている方にはおすすめしたいです。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

足型測定を店舗でやってもらおう!ゼビオでやってみました!

スポンサードリンク 自分の足型をシューフィッターなどに計測したもらったことはありますか?足型を計測し、自分の足に合った靴を履くようにしないと、足が変形し、様々な身体のトラブルの原因になります。足型 …

熟睡するために役立つ4つの方法!ぐっすり眠れない方向け!

スポンサードリンク 1日に8時間の睡眠をとるとすると、人生の3分の1は睡眠時間です。もちろん、多忙でもっと睡眠時間が短い人も多いですが、人生のかなりの割合が睡眠時間であることは変わりません。単純に …

確定申告で医療費は戻ってくる?医療費控除に領収書が必要?

スポンサードリンク 多くの人が1年の間に、風邪をひいたり、調子が悪くなったりして、医療機関にお世話になることがあります。そこで医療費を支払うと、確定申告した時に支払った税金を還付してもらえることが …

お風呂のカビを除去する方法 天井は難しい?発生を抑える方法は?

スポンサードリンク 仕事から帰ってきて、お風呂に入り、1日の疲れを癒す時間は大切ですよね。浴槽のお湯に浸かって、のんびりとしている時は「至福の時間」です。そんな時にお風呂の黒いカビが目に入ると、急 …

車のエアコンの温度で燃費が良くなる設定は?換気とシェードも!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で、屋内に居ても熱中症になる危険があります。屋外はもっと暑いのですが、直射日光にさらされている車の中は極めて暑く、エアコンを使って温度を下げないと車内にいることは …

最近のコメント