ライフ

エスカレーターを歩くのは危険?JR東日本は歩行禁止を呼びかけ

投稿日:

最近、危険防止のためにエスカレーターでの歩行をやめるべきとの意見が聞かれます。これまではエスカレーターでは、急いで歩くための人のために片側を空けることがマナーとされてきました。それだけに片側を空けずに歩かないという意見を聞いても、どうするべきか悩みますね。以下に紹介します。

スポンサードリンク

エスカレーターを歩くのは危険?事故につながる?

エスカレーターとは、そもそもその上を人が歩くことを前提に設計されて無く、歩かずに所定のスペースに乗って利用することになっています。つまり、エスカレーター上で歩くという使い方が間違った使い方ということになります。強度的にある程度余裕を持って設計されているためか、実際にエスカレーター上で歩いたからと言っても、それが原因でエスカレーターが壊れて事故になったという事例は聞いたことがありません。

しかし、エスカレーター上を歩いたことが原因で事故になった事例は少なくありません。JR東日本の駅に設置されているエスカレーターでは2017年度、転倒などの事故が約180件あったそうです。また消費者庁によれば、東京都内で2014年までの過去3年間に、エスカレーターで転倒等により怪我をした人は約4,000人に上るそうです。これらのすべてが、エスカレーター上を歩いたことが事故の原因となっているわけではありませんが、エスカレーター上を歩く人が、片側に寄って立っている人に接触し、そのことが原因となって転倒して怪我をする事例があります。特に歩行に杖が必要な人が杖にぶつかられたりすると、バランスを崩してしまうことが多いです。また立っている人が手すり側の手を怪我していたり、障害があって手すりに掴まれないこともあります。

エスカレーターの幅もいくつか種類があるようですが、特に寒い季節にコートなどを着用して荷物を持っていると、エスカレーター上を歩く時に立っている人に接触することが多くなります。エスカレーター上を歩くと危険で、事故につながりやすいということは事実であり、そのことをまず理解すべきでしょう。

すでにJR東日本などにより、エスカレーター上の歩行を禁止する呼びかけが行われています。

エスカレーターで歩く人のために片側を空けるのがマナー?

「エスカレーター上の歩行禁止!」と言われても戸惑うのは、すでにエスカレーターの乗る時に片側に寄って、その反対側を急ぐ人が通れるように空けておくことがマナーとして定着していることです。関東では左側に寄って右側を空けますし、関西ではその逆です。そのため空けておく側に乗って歩かずにいると、たまに怒られることがあります。したがって、日本中で統一して「エスカレーター上の歩行禁止!」を標準としないと、マナーについての認識の違いでトラブルになる可能性が高いです。

日本人は、一斉にある方向へ方針を統一して動くことが得意な国民性と思いますので、マスコミも協力して周知すべきでしょう。


スポンサードリンク

エスカレーターでの歩行を禁止するには?

エスカレーターでの歩行禁止を定着させるためには、前述のようにマスコミの協力も得て、一斉にそのことを周知すべきでしょう。その際には歩行禁止にする必要性を理解してもらうために、エスカレーター上を歩いたことによる事故事例を紹介すべきでしょう。

現時点(2018年12月24日時点)では、エスカレーター上の歩行を禁止するための法律はないようです。そのためあくまでも歩行をしないように呼びかけていくことになります。エスカレーター上で事故が起こった場合は、施設側は何らかの損害賠償を要求される可能性もありますので、鉄道会社だけでなく、その他の交通機関や商業施設などでも、安全配慮に努力する必要があります。

今後、エスカレーター上での事故が続くようであれば、法律で規制される可能性もあるかもしれません。

まとめ

最近、呼びかけが行われているエスカレーター上での歩行禁止について紹介しました。エスカレーター上で歩行することが事故の原因になることがあります。特に走るなどということは論外と考えてよいでしょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

株の配当と株主優待で生活するには?食事券・お米・クオカード

スポンサードリンク インターネットで株のトレードができるようになり、売買の手数料も安くなったため、多くの人が株式投資をするようになりました。20年ぐらい前には、株式投資をしているというと驚かれるよ …

ふるさと納税の仕組みはお得?限度額は?ワンストップ特例制度とは?

スポンサードリンク 2008年からふるさと納税制度が始まり、現在ではすっかり定着しました。2015年には控除額の上限が2倍になり、この制度を活用しないと非常にもったいない状況となっています。すでに …

セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

スポンサードリンク ガソリンで走行する車に乗るならばガソリンスタンドで給油する必要があります。電気自動車の販売が始まりまりましたが、まだまだ圧倒的にガソリン車の方が多いでしょう。ガソリンを少しでも …

冬でも脱水症状になるのでしょうか?便秘になる?対策は?

スポンサードリンク 冬になると空気が乾燥してきて、お肌や喉・鼻の粘膜が乾いて辛いですね。男性はカミソリ負けしやすくなるので、そのケアを入念にしている方もいらっしゃるでしょう。それだけでなく、もしか …

熱中症対策としてのエアコンの設定温度は?正しい使い方はこれだ!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、毎年多くの人が熱中症で搬送されます。実は熱中症で搬送される人が出てくるのは真夏だけではありません。気温が上がり始める4月にも、まだ身体が暑さに慣れていな …

最近のコメント