加湿器と暖房を併用して電気代節約・省エネ効果!加湿機能付きの暖房器具は?

ライフ

寒い時期になるとエアコンなどの暖房器具を使います。温度の低い空気は含んでいる水蒸気の絶対量が少なく、暖めて温度が上がると湿度がかなり低くなります。そのため暖房器具と加湿器は一緒に使用すると良いでしょう。

「加湿器に暖房効果がある」「加湿器と暖房を同時に使った方が電気代が節約できる」という話を聞くこともありますが、本当でしょうか?以下に紹介します!

スポンサードリンク

▼その他の加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

加湿器を暖房と併用する効果は?

加湿器に暖房効果がある?体感温度を上げる?

「暖房だけで部屋を暖めるよりも、加湿器を一緒に使った方が暖かくなる」という話を聞いたことがあるでしょうか?私は、最初のこの話を聞いた時には、「本当かなあ?」と疑問を感じていました。

しかし、その原理を知り、さらに実際に試してみてからは、「これは良い!みんなやるべきだなあ!」と納得しました。

その原理とは、体感温度が温度だけではなく湿度にも依存するということです。これは夏に部屋の温度と湿度を測りながら、除湿をしてみるとよくわかります。

例えば部屋の温度を27℃とした時に、冷房だけで調節して湿度が高い状態と、除湿を使って湿度を下げた状態では、断然後者の湿度が低い状態の方が涼しく感じます。これは湿度が低いほど、皮膚表面から水分が蒸発し、熱を奪うからです。

これと同じことが暖房の使用時でも起こります。つまり、寒い時期に暖房で部屋の温度を20℃にした時に、加湿しないと湿度が40%未満になってしまうことが多く、皮膚表面から水分が蒸発し、熱が奪われて寒く感じます。ところが加湿器を使って50〜60%程度にするとかなり皮膚の乾燥が抑えられ、温度が20℃でも暖かく感じます。

以上を整理すると、加湿器に部屋の温度を上げる効果はありませんが、加湿前の湿度の低い状態から加湿して湿度を高め、体感温度を上げる効果があるということです。

加湿器と暖房を併用することで電気代を節約する

このことは快適に感じる温度を、加湿器を使うと1〜3℃下げられる可能性があることを意味します。冬の電力需要は夏よりも多いことからも、エアコンなどの暖房器具の設定温度を1〜3℃下げると省エネ効果が非常に大きいことが分かります。したがって、電気代の節約になります。

追加で使用する加湿器の電気代はかかりますが、気化式加湿器などのように、消費電力の低いタイプの加湿器を選ぶとトータルで省エネになり、電気代節約効果は大きいです。まだ加湿器を併用していない方は、是非お試しください。

ちなみに自宅内でも、防寒効果の高い下着を着込んでおくなど、ある程度服装でも防寒対策をすればさらに節電効果は高くなります。

また部屋の大きさ・形状と暖房器具に設置場所によっては、部屋内の温度・湿度ムラができやすく、サーキュレーターなどでムラがすくなくなるように空気を循環させるとさらに省エネ効果がアップするでしょう。

暖房器具で加湿機能付きのものを使う

加湿器と暖房器具を併用するために、加湿機能付きの暖房器具を使うという方法があります。

 

コンパクトで持ち運びでき、加湿と暖房の両方を1台でできますので便利です。特にエアコンや他の暖房器具が無い部屋などで急遽作業をしなければならない状況などでは、これ一台を持ち込めば良いので助かります。


スポンサードリンク

加湿器と暖房器具をそれぞれ使用する

加湿機能付きの暖房器具を使用する最大のデメリットは、加湿器と暖房器具の選択肢がかなり狭くなってしまうことです。また加湿器および暖房器具の性能という点でも、それぞれ単独の製品を選んで両方使った方が優れた性能のものを選べます。

暖房器具は、多くの家庭ではエアコンを利用しています。夏の冷房用に各部屋にエアコンを設置している場合が多く、それがそのまま暖房に利用できますし、部屋全体を暖めるにはもっとも効率が高く、電気代も節約できるためです。

ほとんどのエアコンに加湿機能は無く、加湿機能付きにこだわると機種選びが大変になりますので、高性能でコスパが高く、加湿機能が無い機種を選ぶ方が得策です。

ただし、寒冷地では外気温が低くなり過ぎてエアコンの暖房機能も低下するため、オイルヒーターなども好まれます。寒冷地以外でも、温風が吹き付けないオイルヒーターは身体に優しく、人気があります。オイルヒーターでも加湿機能付きはほとんど無く(無い?)、別途加湿器を用意する方が簡単です。

これらの暖房器具と加湿器を併用するためには、前述のように消費電力が低い加湿器を選ぶと良いでしょう。一般に消費電力量が増えやすい冬場でも、低消費電力の加湿器を選べば容量オーバーでブレーカーが落ちるリスクも低くなりますし、電気代の節約にもつながります。

代表的な低消費電力の加湿器としては、気化式加湿器とハイブリッド式加湿器がおすすめです。部屋の広さに合わせて機種を選びましょう。通常、ハイブリッド式加湿器の方が加湿能力が高いです。

 

まとめ

加湿器を暖房と一緒に使うことによる効果について紹介しました。省エネにも健康にも効果がありますので、是非お試しください。

▼その他の加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました