加湿器と暖房を併用して省エネ効果と風邪・乾燥予防!

ライフ

寒い時期になるとエアコンなどの暖房器具を使います。温度の低い空気は含んでいる水蒸気の絶対量が少なく、暖めて温度が上がると湿度がかなり低くなります。そのため暖房器具と加湿器は一緒に使用すると良いでしょう。それにより得られるメリットについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼その他の加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

加湿器を暖房と併用する効果は省エネ?

「暖房だけで部屋を暖めるよりも、加湿器を一緒に使った方が暖かくなる」という話を聞いたことがあるでしょうか?私は、最初のこの話を聞いた時には、「本当かなあ?」と疑問を感じていました。しかし、その原理を知り、さらに実際に試してみてからは、「これは良い!みんなやるべきだなあ!」と納得しました。

その原理とは、体感温度が温度だけではなく湿度にも依存するということです。これは夏に部屋の温度と湿度を測りながら、除湿をしてみるとよくわかります。例えば部屋の温度を27℃とした時に、冷房だけで調節して湿度が高い状態と、除湿を使って湿度を下げた状態では、断然後者の湿度が低い状態の方が涼しく感じます。これは湿度が低いほど、皮膚表面から水分が蒸発し、熱を奪うからです。

これと同じことが暖房の使用時でも起こります。つまり、寒い時期に暖房で部屋の温度を20℃にした時に、加湿しないと湿度が40%未満になってしまうことが多く、皮膚表面から水分が蒸発し、熱が奪われて寒く感じます。ところが加湿器を使って50〜60%程度にするとかなり皮膚の乾燥が抑えられ、温度が20℃でも暖かく感じます。

このことは快適に感じる温度を、加湿器を使うと1〜3℃下げられる可能性があることを意味します。冬の電力需要は夏よりも多いことからも、エアコンなどの暖房器具の設定温度を1〜3℃下げると省エネ効果が非常に大きいことが分かります。特に気化式加湿器などのように、消費電力の低いタイプの加湿器を選ぶと効果は大きいです。まだ加湿器を併用していない方は、是非お試しください。

ちなみに自宅内でも、防寒効果の高い下着を着込んでおくなど、ある程度服装でも防寒対策をすればさらに節電効果は高くなります。また部屋の大きさ・形状と暖房器具に設置場所によっては、部屋内の温度・湿度ムラができやすく、サーキュレーターなどでムラがすくなくなるように空気を循環させるとさらに省エネ効果がアップするでしょう。

加湿器を暖房と併用する効果は肌の乾燥予防?

前述のように湿度が低くなると皮膚から水分が蒸発します。当然のことながらこれは肌の乾燥につながります。女性は自分の肌の潤いをよく観察してお手入れをされている方が多いので、寒い時期の肌の乾燥はよくご存知でしょう。男性は毎日ひげ剃りをする人が多く、夏はカミソリ負けしないので、冬はカミソリ負けしてしまうひとも多いのではないでしょうか?それは空気が乾燥することが原因です。保湿クリームなどを用いると効果がありますが、自宅で暖房と一緒に加湿器を使えば肌の乾燥を抑えられます。


スポンサードリンク

加湿器を暖房と併用する効果は風邪予防?

空気が乾燥すると、喉や鼻の粘膜も乾きやすくなり、ウイルスに感染しやすくなります。インフルエンザウイルスなどは、空浮き中に放出された後、湿度が高い方が早く死滅することが明らかになっています。これらのことから暖房と一緒に加湿器を使った方が風邪の予防につながることは理解できるでしょう。

朝起きて喉の痛みや渇きを感じたら空気が乾燥している可能性があります。より客観的には、温度・湿度が両方共計測できるような機器などを部屋に置いて、毎日確認すると良いでしょう。

まとめ

加湿器を暖房と一緒に使うことによる効果について紹介しました。省エネにも健康にも効果がありますので、是非お試しください。

▼その他の加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました