4K放送を録画するには?レコーダーは?ブルーレイディスクは?

4Kテレビ・ビデオ

2018年12月1日から4K放送が始まりました。地デジの4倍の画素数の高画質な映像が魅力です。4Kチューナーを用意して4K放送を楽しもうとしている方も多いでしょう。放送を楽しむとなると欲しくなるのは録画機能ですね。4K放送を録画するにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

4K放送を録画するには?

4K放送を録画するためには、まず前提として4K放送を受信する設備が必要です。アンテナ設備で現行のBS・110度CS放送が問題なく受信できている場合は、右旋BSの新4K衛星放送が受信できます。「SHマーク」のついたアンテナや混合器、ブースター、分配器などの機器、それに対応する広帯域ケーブルに交換すれば、右旋BSだけでなく左旋BS・左旋110度CSの新4K衛星放送も受信できます。これらの設備に4Kチューナーと対応する4Kテレビを接続することで4K放送を視聴することができます(*もちろん4K放送の放送波を障害なく受信できることが前提です)。

以上のような4K放送を視聴できる設備・機器が準備できている状況で、4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーを用意することで、初めて4K放送を録画できます。4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーはまだ機種が少なく、従来の地デジ用のレコーダーでは4K画質のまま録画することができませんので注意が必要です。

次項で現在販売されている主な4Kレコーダーを紹介します。

4K放送を録画できるレコーダーは?

ソニー BDZ-FBT4000 4Kチューナー内蔵Ultra HD ブルーレイ/DVDレコーダー

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダーのフラッグシップモデルです。

BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵で、4K放送2番組+地デジ2番組の同時録画が可能です。4K放送は、DRモード(放送波そのまま画質)以外に、XRからEERまで7つの長時間モードで録画できます。いずれも解像度は4K画質のままです。

画質を落とさずに録画するDRモードの場合、4TBで約260時間、3TBで約195時間、2TBで約130時間、1TBで約65時間録画できます。せっかくハイエンドのレコーダーを購入するのであれば、できるだけHDD容量の大きな機種がおすすめです。

録画した4K放送番組は、ブルーレイディスクに4K画質のままダビングできます。光ディスクドライブは、「Ultra HDブルーレイ」再生対応ですので、現在の最高画質の映像が楽しめます!

パナソニック ブルーレイディスクレコーダー DMR-4T401

 

パナソニックの売れ筋のレコーダーです。新4K衛星放送対応チューナーを搭載し、新4K衛星放送の3番組同時録画ができます。4K放送が同時録画できるレコーダーとしては、現時点で最大の同時録画数でしょう。

録画した4K放送をブルーレイディスクにダビングすることができます。録画した番組は、外出先でスマホなどで視聴することもできます。またパナソニックの外付けHDDを増設することもできます。

 

4Kレコーダーの性能を十分に活かすためには、テレビと接続するHDMIケーブルもそれに対応したものを選ぶ必要があります。詳しくは、こちらの記事で紹介しています。


スポンサードリンク

4K放送をブルーレイディスクに録画できる?

前述のようにシャープとパナソニックの4Kレコーダーはブルーレイディスクドライブが搭載されており、HDDに録画した番組をブルーレイディスクにダビングできます。ブルーレイディスクには種類があり、データを記録する層が1層から4層まであります。通常のものは1層で25GB、2層が50GB、3層が100GB、4層が128GBです。4K画質での録画時間は、それぞれ約1時間30分、約3時間10分、約6時間20分、約8時間10分です。2層以上のものはまだ高価で、4K放送をブルーレイディスクに保存しようとするとそれなりのコストがかかるようです。またブルーレイディスクに録画した4K番組は、同じメーカーの4Kレコーダーでなければ再生できないこともありますので、注意が必要です。

まとめ

4K放送を録画するための方法とレコーダー、ブルーレイディスクなどについて紹介しました。高画質な映像を楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました