テクノロジー

4K放送を録画するには?レコーダーは?ブルーレイディスクは?

投稿日:

2018年12月1日から4K放送が始まりました。地デジの4倍の画素数の高画質な映像が魅力です。4Kチューナーを用意して4K放送を楽しもうとしている方も多いでしょう。放送を楽しむとなると欲しくなるのは録画機能ですね。4K放送を録画するにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

4K放送を録画するには?

4K放送を録画するためには、まず前提として4K放送を受信する設備が必要です。アンテナ設備で現行のBS・110度CS放送が問題なく受信できている場合は、右旋BSの新4K衛星放送が受信できます。「SHマーク」のついたアンテナや混合器、ブースター、分配器などの機器、それに対応する広帯域ケーブルに交換すれば、右旋BSだけでなく左旋BS・左旋110度CSの新4K衛星放送も受信できます。これらの設備に4Kチューナーと対応する4Kテレビを接続することで4K放送を視聴することができます(*もちろん4K放送の放送波を障害なく受信できることが前提です)。

以上のような4K放送を視聴できる設備・機器が準備できている状況で、4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーを用意することで、初めて4K放送を録画できます。4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーはまだ機種が少なく、従来の地デジ用のレコーダーでは4K画質のまま録画することができませんので注意が必要です。

次項で現在販売されている主な4Kレコーダーを紹介します。

4K放送を録画できるレコーダーは?

1.シャープ 4B-C40AT3 AQUOS 4Kレコーダー 4TB 3チューナー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャープ 4B-C40AT3 AQUOS 4Kレコーダー 4TB 3チューナー
価格:106962円(税込、送料別) (2019/1/9時点)

シャープが販売する新4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーです。地デジ・BS・110度CSに対応するトリプルチューナーとBS4K・110度CS4K対応のチューナーが1つ搭載されています。地デジ・BS・110度CSの3番組同時録画、あるいは地デジ・BS・110度CSの2番組同時録画+4K放送1番組録画が可能です。HDDは4TBモデルと2TBモデルがありますが、4Kを録画するならば4TBモデルがおすすめです。4TBでは4Kを約262時間録画できますが、2TBでは約130時間しか録画できないからです。HDDの容量は、4K用のレコーダーを選ぶ時の重要ポイントでしょう。またULTRRA HD Blue-ray再生にも対応し、HDDに録画した番組を4K画質のままブルーレイディスクにダビングすることも可能です。4K60pアップコンバート出力も可能です。その場合は18Gbps対応のHIGH SPEED HDMIケーブルを使いましょう。アクオスのテレビと組み合わせるならば最適です。

2.パナソニック4K DIGA DMR-SCZ2060 2TB HDD

前述の「シャープ 4B-C40AT3 AQUOS 4Kレコーダー 4TB 3チューナー」とほぼ同等の機能があります。HDDは残念ながら2TBモデルのみで、4K画質のままの4K放送の録画は約130時間までです。パナソニックのビエラとの相性は良く、またパナソニックの「おうちクラウドDIGA」との連携も可能です。フルにスペックを引き出すには、18Gbps対応のHDMIケーブルを使いましょう。

3.ソニー DST-SHV1 地上・BS4K・110度CS4Kチューナー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント3倍!】ソニー DST-SHV1 地上・BS4K・110度CS4Kチューナー
価格:53344円(税込、送料別) (2019/1/9時点)

これは4Kのダブルチューナーなのですが、外付けUSBハードディスクを接続すれば4K画質で録画できます。4K放送の番組を視聴しながら、同時に別の4K放送の番組を録画できます。HDMIケーブルでブラビアと接続すれば、ブラビアのリモコン1つで操作が可能です。


スポンサードリンク

4K放送をブルーレイディスクに録画できる?

前述のようにシャープとパナソニックの4Kレコーダーはブルーレイディスクドライブが搭載されており、HDDに録画した番組をブルーレイディスクにダビングできます。ブルーレイディスクには種類があり、データを記録する層が1層から4層まであります。通常のものは1層で25GB、2層が50GB、3層が100GB、4層が128GBです。4K画質での録画時間は、それぞれ約1時間30分、約3時間10分、約6時間20分、約8時間10分です。2層以上のものはまだ高価で、4K放送をブルーレイディスクに保存しようとするとそれなりのコストがかかるようです。またブルーレイディスクに録画した4K番組は、同じメーカーの4Kレコーダーでなければ再生できないこともありますので、注意が必要です。

まとめ

4K放送を録画するための方法とレコーダー、ブルーレイディスクなどについて紹介しました。高画質な映像を楽しみましょう。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スマホは有機ELになり液晶は消える?シャープも有機ELを搭載!

スポンサードリンク 毎年、AppleのiPhoneの新製品が発表される度に大きなニュースになります。長年、IPS液晶を搭載していましたが、iPhone Xから有機ELが搭載され、スマホの大きなトレ …

MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

スポンサードリンク 長年、プライベートと仕事の両方でWindowsのパソコンを使ってきました。スターバックスなどのカフェでMacBookを使っている人をよう見かけるようになり、「カッコいいなあ」と …

カーナビはスマホで十分なのでしょうか?後悔しないために

スポンサードリンク 年々スマホが高機能になり、デジタルカメラなどの他の機器が売れなくなっています。最近はスマホのナビゲーション機能が向上し、車の運転時にも使用する人が増え、車載専用のカーナビが売れ …

有機ELと液晶のコントラストを比較すると?4K・8Kテレビでは?

スポンサードリンク テレビ、スマホ、パソコンのディスプレイでは、液晶ディスプレイが主流ですが、有機ELもかなり使われるようになってきました。有機ELは液晶に比べてコントラストに優れると言われていま …

WiFiのスピードが遅い場合の原因と対策!

スポンサードリンク 自宅でインターネットを存分に楽しむためには、光ファイバー回線などのブロードバンド回線を引き込み、最新のWiFiルーターを接続して使用する方法がおすすめです。スマホなどのデータ通 …

最近のコメント