ライフ

冬でも脱水症状になるのでしょうか?便秘になる?対策は?

投稿日:

冬になると空気が乾燥してきて、お肌や喉・鼻の粘膜が乾いて辛いですね。男性はカミソリ負けしやすくなるので、そのケアを入念にしている方もいらっしゃるでしょう。それだけでなく、もしかしたら冬でも脱水症状になるのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

冬でも脱水症状になるのでしょうか?

脱水症状とは体内の水分量が不足し、それに起因して現れる症状です。水分が不足している状態を脱水症と呼びます。脱水症状は汗をかきやすい夏になりやすいので、暑い時になるものと思い込みやすいですが、実は空気が乾燥する冬場にもなります。

冬は湿度が低いので、身体の表面から水分が失われやすくなります。実際にお肌のカサツキや喉・鼻の粘膜の渇きを感じるぐらいですので、相応の水分が蒸発して失われています。

また寒くなると、身体を冷やさないように冷たい飲み物・水をを飲む量が減る傾向があります。その結果、個人差がありますが、水分の摂取量も減ることが多いようです。これらのよって脱水症になることがあります。

このような通常の場合と異なり、冬に流行しやすいノロウイルスなどによって嘔吐・下痢となった場合は注意が必要です。このような症状が出たら、季節に関係なく脱水症になる可能性があります。

冬に脱水症状で便秘になりました

嘔吐・下痢や、運動により多量の汗をかいた時のように明らかに身体の水分を大量に失った場合は脱水症に注意すると思います。しかし、特にそのようなことがなく、普通にしていて軽い脱水症となると脱水症によるものと気が付くのが遅くなることがあります。

冬は湿度が低く、座っているだけでもどんどん身体の水分が失われ、また寒いので水を飲む量も減り、自覚していない内に脱水症になることがあります。私も、ある空気が乾燥した日から便秘になりました。便が固く、排便が辛くなりました。最初は何が原因なのか分からなかったのですが、どうやら脱水症のようでした(*医療機関で診断を受けたわけではありません)。

そのためミネラルウォーターを2リットル買ってきて、意識して多めに水を飲むようにしたら、かなり症状が改善しました。便秘もなってみると分かりますが、本当につらいです。ウエストが数㎝は大きくなり、何かを食べようとしてもお腹がパンパンな感じがして食べられなくなりました。

冬には脱水症状にならないように注意しましょう。


スポンサードリンク

冬の脱水症状の対策は?

冬に脱水症にならないようにするには、上記のことから考えて以下のような対策がおすすめです。

1.部屋を加湿する

長時間居る部屋と寝室を加湿しましょう。湿度を高くすることで、身体から蒸発する水分量を減らすことができます。

2.意識して水分を摂る

寒くなると身体を冷やさないように水分摂取量が減りがちです。意識して水分を摂りましょう。

まとめ

夏だけでなく、冬でも脱水症状が出る可能性があります。脱水症にならないように注意しましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供がグリルでやけどする事故!ガスコンロで魚を焼いたら注意!

スポンサードリンク 外出して自宅に戻ってくるとホッとしますが、小さな子どもにとっては家の中にも危険があります。注意が必要なのが、小さな子どものキッチンでやけどです。ガスコンロのグリルに触ってしまい …

自転車で傘をさすのは違法?ヘッドホンは?事故の過失割合は?

スポンサードリンク 自転車によく乗る人は、便利なので雨の日も乗りたくなることが多いでしょう。 傘をさしながら片手で自転車を運転することは違法なのでしょうか? ヘッドホンを着用しながら自転車を運転す …

アロマ加湿器を使ってみて分かったメリットとデメリット

スポンサードリンク 先日、知り合いからアロマ加湿器をプレゼントされたので、実際に2週間程度使ってみました。使ってみるとメリットもありますが、やはりデメリットもあるようです。アロマ加湿器の使って分か …

加湿器を暖房と一緒に使う効果は?省エネ?風邪予防?

スポンサードリンク 寒い時期になるとエアコンなどの暖房器具を使います。温度の低い空気は含んでいる水蒸気の絶対量が少なく、暖めて温度が上がると湿度がかなり低くなります。そのため暖房器具と加湿器は一緒 …

埼玉県出身者がもらうと懐かしい銘菓はこれだ!お土産に!

スポンサードリンク 誰でも子供の頃によく食べたお菓子が一つぐらいはあるのではないでしょうか?大人になって、しばらくそのお菓子を食べていなかった時に、思いがけなくそのお菓子をもらったりすると、懐かし …

最近のコメント