母の日にバラを贈っても良い?プリザーブドフラワーやアレンジメント

イベント

母の日に贈る花と言えば、もっともポピュラーなのはカーネーションです。それはアメリカで始まった母の日の起源にまで遡るようです。それでは現代の日本において、母の日にバラを贈るのは良いのでしょうか?それともカーネーションを贈るべきなのでしょうか?

スポンサードリンク

注目!!
▼▼母の日についての疑問についてはこちら▼▼
母の日のことがわかるまとめ

母の日にバラを贈っても良い?

母の日には、その起源まで遡ると「白いカーネーション」を贈っていたそうです。そして現代では様々な色の美しいカーネーションがあり、それらを贈るのが定番です。しかし、母の日には必ずカーネーションを選ばないといけないというほどの厳しいルールがあるわけではなく、他の花を贈っても構いません。

実際に母の日に贈られる花はカーネーションが多いですが、毎年カーネーションでは少々マンネリ化したと感じる人もいるためか、バラを贈る人も少なくないようです。バラはゴージャスで見栄えがしますし、バラだけを花束にしても美しいですし、カーネーションなどの他の花を組み合わせてもとても美しいです。

またカーネーションには無い、バラに特有の魅力の一つに強力な「香り」があります。アロマオイルなどでも「ローズ」があるように、バラの香りの魅力は大きいです。

次の母の日には、カーネーションではなく、バラを贈るのも良いでしょう。

母の日にバラの花束を贈る

バラと言えば花束が豪華です。恋人にバラの花束を贈るシーンはドラマのようですが、母の日でももちろん盛り上がります。以下のバラの花束は、「なでしこJAPAN」にカズが贈ったことでも有名なもので、茎を含めてすべてがプライザーブドフラワーになっています。まるで生花のような美しさです。

価格的に厳しい場合は、1輪からでも大丈夫です。


スポンサードリンク

母の日にバラアレンジメントを贈る

母の日にバラアレンジメントを贈るのもおすすめです。そのまま飾ることができ、花瓶などを用意する必要が無いので手軽に楽しめます。

少々似たようなものにバラのスタンドブーケというものもあります。いわゆるブーケを、そのまま立てて飾れるようにしたものです。いずれも上記のバナーから確認することができます。

まとめ

母の日にこれまでカーネーションを贈っていた方は、バラを贈ることを考えても良いでしょう。バラならではの豪華さや香りの良さがあります。ちょっとしたサプライズになるでしょう。

▼▼母の日についての疑問についてはこちら▼▼
母の日のことがわかるまとめ

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました