ライフ

石油ファンヒーターのメリットとデメリットは?おすすめは?

投稿日:

日本では家庭用の暖房器具としてはエアコンが主流で、最近は年間800万台以上の販売台数となっています。それに比べると石油ファンヒーターは少ないのですが、それでも年間200万台以上の販売台数となっています。気温がかなり低くなると、石油ファンヒーターの販売が急激に伸びたりすることからも、その人気が分かります。石油ファンヒーターのメリットとデメリット、おすすめの機種などを紹介します。

スポンサードリンク

石油ファンヒーターのメリットは?

石油ファンヒーターの主なメリットは以下のような点です。

1.部屋全体が足元から短時間で暖まる

エアコンも即暖性に優れた暖房器具で、電源を入れてから比較的短時間で部屋が暖まります。しかし、通常はエアコンは部屋の高い位置に設置されており、部屋がある程度高くなってからも足元が寒かったりします。それに比べ、石油ファンヒーターも即暖性に優れるだけでなく、床に置きますので足元から暖まります。

2.暖房費・トータルコスト

首都圏などで使用する場合では、石油ファンヒーターよりもエアコンの暖房費が安くなることが多いようです。しかし、部屋の温度が快適な20〜22℃程度に保とうとすると、外気温が下がるほどエアコンの暖房効率が下がり、電気代が高くなることがあります。灯油の値段にも依りますが、首都圏よりももっと冬の平均気温が低くなる地域では、石油ファンヒーターが有利になることもあるでしょう。またエアコンを快適に使用するには定期的に業者に内部をクリーニングしてもらう必要がありますし、暖房器具そのものの価格も石油ファンヒーターよりもエアコンの方が高いです。エアコンは取り付けの工事費もかかります。このようにトータルコストで考えると、寒い地域ほど石油ファンヒーターは魅力があるでしょう。

3.簡単に持ち運べる

エアコンは取り付け工事をして部屋に固定しますので簡単には移動させられませんが、石油ファンヒーターならば家の中で簡単に移動させられます。必要に応じて寒い部屋をすぐに暖められるので便利です。

4.積雪時でも問題なく使える

毎年積雪量が多い地域では十分な雪対策が施されていることが多いのですが、都心などは雪に弱いです。ある程度の積雪量になると、エアコンの室外機の周囲が雪で覆われ、エアコンが十分に空気の取り込み・排気ができず、故障してしまう事例が報告されています。雪が積もるほど寒い日にエアコンが使えなくなると痛恨ですが、石油ファンヒーターならばそのような心配は要らないでしょう。

5.消費電力が比較的低い

部屋全体を暖める暖房器具としては、石油ファンヒーターは比較的消費電力が低いです。石油ファンヒーターは灯油を入れて使用するので、電力を使用しないと誤解する方もいらっしゃるかもしれませんが、着火時や送風に電力を使用します。広い部屋用ほど、消費電力は高く、特に着火時は300Wを超える場合がありますが、通常は定常運転時ならば100Wでしょう。これがどのような点でメリットかというと、家の電気容量に余裕が無い時に大きな意味があります。

例えば、我が家では2階の子供部屋2つと我々夫婦の寝室にオイルヒーターがあります。これら3つのオイルヒーターを同時に使用すると、2階の電気のブレーカーが落ちてしまうことにオイルヒーターの購入後に気がつきました。もちろん電気の容量を増やせば解決するのですが、それでは毎月の電気代が1年中高くなってしまいます。そんな時に石油ファンヒーターを組み合わせれば、電気のブレーカーを落とさないで済みます。

6.湿度が下がりにくい

冬は空気が乾燥し、湿度が低くなります。エアコンで暖房を入れると、さらに湿度が下がります。それに比べると、灯油を燃焼させると水蒸気も出ますので、エアコン使用時に比べると湿度が下がり難くなります。

石油ファンヒーターのデメリットは?

石油ファンヒーターのデメリットは以下のような点です。

1.灯油を買って、タンクに入れなければならない

灯油はガソリンスタンドなどから配達してもらえることもありますが、それにしてもエアコンなどではスイッチを入れるだけで部屋が暖かくなることに比べると、灯油を購入し、さらにタンクに入れるのも面倒です。場合によっては灯油を入れたポリタンクごと家の中で保管して置かなければなりません。

2.換気が必要

石油ファンヒーターは室内で灯油を燃焼させますので、必ず換気が必要です。換気を怠ると危険です。

3.石油を使い切らないといけない

気温が高くなり、灯油をタンクの入れたまま次のシーズンまでそのままにしておくのは良くないとされています。1回入れ放しにしてしまったからと言ってすぐに壊れることはないと思いますが、少しずつ石油ファンヒーターにダメージを与えます。


スポンサードリンク

石油ファンヒーターのおすすめは?

石油ファンヒーターはある程度成熟している商品ですので、1万円程度の機種でも十分使えます。以下の機種などは売れ筋です。

石油ファンヒーターの消化時の臭いが気になるという方は、一つ上の消臭機能のついた機種がおすすめです。同じラインアップでより大きな部屋用のものもありますので、使用する部屋のサイズと対応機種の関係は確認した方が良いでしょう。

より広い部屋にはフルスペックの最上位機種をおすすめします(*といってもこの程度の価格です)。ecoモードなどの省エネ機能がありますので、トータルコストで考えるとお得でしょう。

まとめ

根強い人気のある石油ファンヒーターについて紹介しました。冬の平均気温が低くなる地域ほど、お得感のある暖房器具です。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本トラスティが大株主になっている企業はGPIFが買っているのか?

スポンサードリンク 株式投資をするならば、投資先となる企業について調べることが大切です。売上、利益などの業績だけではなく、株主構成も重要です。最近は株主構成を調べると、日本トラスティ・サービス信託 …

敬老の日のプレゼントを施設にいる父へ贈るには何が良い?

スポンサードリンク 敬老の日に何を贈りますか?高齢化が進む日本では、高齢者の父母を持つ方々も多いです。その中には父母の両方あるいは一方が施設に入居している場合もあるでしょう。私の父は施設に入居して …

洗顔料とボディソープ(ボディシャンプー)とシャンプーの何が違う?

スポンサードリンク 普段は洗顔料とボディソープを使い分けていますか?ボディシャンプーとシャンプーは使い分けている人が多いのではないでしょうか? 温泉や銭湯に行くと、シャンプーとボディソープしか置い …

夏場に椅子に座っているとお尻が蒸れる!パンツの臭いも心配!

スポンサードリンク 梅雨の頃から湿度・気温が高くなり、真夏から残暑の時期まで、椅子に座っているとお尻が蒸れて気になることがあります。これは冷房の効いている室内でも起こり得ることで、気がつくと案外蒸 …

テニススクールでの怪我を予防するには?

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている方も多いです。ジュニアから60歳以上の方々まで、幅広い年齢層の方々がテニスを楽しんでいます。テニスも長期間楽しめるスポーツですね。長 …

最近のコメント