まとめ

量子ドットディスプレイ・QLEDのまとめ

投稿日:2019年2月15日 更新日:

液晶ディスプレイの色域を広げる(表示できる色数を多くする)技術として、「量子ドット」が注目されています。すでに量子ドットを搭載した液晶ディスプレイが、テレビやモニターなどとして製品化され、鮮やかな表示を可能としています。量子ドットのについて以下にまとめます。

スポンサードリンク

量子ドットディスプレイとは?原理・特徴・課題について解説!

ディスプレイに利用する「量子ドット」とは、直径数nm~20nmの発光する半導体粒子です。主に青色LEDからの光を量子ドットに照射し、緑色および赤色の光に波長変換します。量子ドットの直径を設計した大きさに制御することで、緑色および赤色の光の波長スペクトル幅を狭くすることができます。液晶ディスプレイでは赤・緑・青の三原色の光を混ぜて白色を作り、さらに三原色の比率を変えて様々な色を作り出すことができます。三原色のそれぞれの波長スペクトル幅が狭いほど、色純度が高くなり、色域が広がります(表示できる色数が多くなります)。以下の記事で解説しています。

記事:量子ドットディスプレイとは?原理・特徴・課題について解説!

QLEDとは?Samsungのテレビと本来の意味について解説!

QLEDという用語がディスプレイの分野で使われていますが、どのような意味なのでしょうか?実は2つの意味で使用されています。1つは、量子ドットを搭載したSamsungの液晶テレビで、マーケティング的な目的で「QLED TV」と命名されています。もう1つは本来の学術的な意味で、量子ドットを用いたLEDのことです。学術的な意味での使い方が先なのですが、Samsungが商業的に使い始めてからは、そちらの方が有名になりました。研究開発が活発に行われ、市場規模も大きいディスプレイの分野ではこのようなことがあります。以下の記事で解説しています。

記事:QLEDとは?Samsungのテレビと本来の意味について解説!


スポンサードリンク

量子ドットディスプレイのメーカーの最新動向

量子ドットディスプレイに関係するメーカーの中には、量子ドットそのものを製造するメーカー、量子ドット混ぜ込んだ光学フィルムなどを作る部材メーカー、量子ドット部材を組み込んだディスプレイを作るメーカーなどがあります。これらそれぞれのメーカーについて最新の動向を紹介します。量子ドットメーカーとしては、QD Visionを買収したSamsungとNanosysや、日本のNSマテリアルズ、昭栄化学工業などがあります。量子ドットを混ぜ込んだ光学フィルムは、Samsung系列のフィルムメーカーや日立化成が製造しています。ディスプレイはSamsungが大型テレビとしてもっとも力を入れており、米国のVIZIOも最近発売しました。以下の記事で解説しています。

記事:量子ドットディスプレイのメーカーの最新動向

有機EL vs 量子ドット液晶、そしてマイクロLEDディスプレイ

テレビやスマートフォンのディスプレイの分野の熾烈な研究開発競争がこれまで繰り広げられてきて、ディスプレイパネルの事業については韓国のSamsungとLGが世界1位と2位です。2000年代前半は日本メーカーが健闘していたことを思えば、大きな敗北感を覚えますが、SamsungとLGでさえ、猛烈な勢いで追い上げてくる中国勢に脅威を感じ、必死に研究開発競争を続けています。この2社は、現在、大型テレビについては「有機EL vs 量子ドット液晶」という構図になっており、将来はマイクロLEDディスプレイを視野に入れています。以下の記事で解説しています。

記事:有機EL vs 量子ドット液晶、そしてマイクロLEDディスプレイ

量子ドットディスプレイのモニターが登場!広色域は魅力?

量子ドットを搭載した液晶ディスプレイは、主に韓国Samsungが力を入れており、LGの有機ELテレビに対抗するハイエンドの液晶テレビとして市場に投入しています。その特徴は広色域(表示できる色数が多い)にあり、鮮やかな画像の表示が可能です。最近、量子ドットを用いた液晶ディスプレイモニターの発売が日本のアイ・オー・データからありました。いよいよパソコンなどのモニターにも量子ドットが搭載され始めます。これは正確な色表現を求めるユーザーには高い評価を得られるでしょう。同じ画像でもディスプレイによって微妙に色が変わりますが、広色域のディスプレイになればより本物に近い色になります。以下の記事で解説しています。

記事:量子ドットディスプレイのモニターが登場!広色域は魅力?

量子ドットディスプレイの色域を比較してみる!改善する?

量子ドットを搭載した液晶ディスプレイが製品化されています。現時点で日本国内で購入できるのは、量子ドットディスプレイの液晶モニターです。量子ドットは、液晶ディスプレイの色域を拡大するために用いられているのですが、どの程度の色域となるのでしょうか?量子ドットの最先端の研究開発は、国際会議や論文等で発表されていますが、実際に購入できる製品がどの程度の性能であるのかをチェックしてみました。確かに従来の液晶ディスプレイと比べると、かなり色域が広く、表示可能な色数も多くなっています。しかし、色域を拡大する技術は量子ドットだけではありません。量子ドットを使用していない液晶ディスプレイでも広色域化された製品があります。それらの色域も調べ、量子ドット液晶ディスプレイの色域と比較してみました。以下の記事で解説しています。

記事:量子ドットディスプレイの色域を比較してみる!改善する?

まとめ

量子ドットディスプレイについてまとめました。現段階では、量子ドットを用いることにより、液晶ディスプレイで最高峰の画質を実現しています。

スポンサードリンク


-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅雨時期に知っておくと役立つことまとめ

スポンサードリンク 気温が徐々に高くなり、雨の日が多い梅雨時期は、湿度が高いため、濡れたものが乾きにくく、トラブルが多くなります。それぞれのトラブルへの対処方法を知っていれば、ジメジメする梅雨でも …

成田空港と羽田空港のことが分かるまとめ

スポンサードリンク 関東地方に住んでいると、飛行機に乗って何処かへ出かける時は、通常は成田空港か羽田空港を利用することになるでしょう。飛行機に乗る時は保安検査場を通過することになりますし、海外へ行 …

MacBookのことが分かるまとめ

スポンサードリンク 最近は周囲の人でもAppleのMacBookを使っている人が増えてきました。近所のカフェなどにも多数MacBookユーザーがいます。私も仕事では長年PanasonicのLet& …

8Kテレビのまとめ

スポンサードリンク 最高峰のテレビである8Kテレビが販売され、8K放送(スーパーハイビジョン放送)も開始されます。主流となった4Kテレビと何が違うのでしょうか?8Kテレビの価格はどれぐらいで、買い …

入間基地航空祭のまとめ

スポンサードリンク 埼玉県狭山市と入間市にまたがって位置している航空自衛隊入間基地。ここで毎年11月3日の文化の日に開催される入間航空祭は、都心からのアクセスも良く、ブルーインパルスのアクロバット …

最近のコメント