パソコンの指紋認証は便利!対応機種も増加!外付けも可能!

MacBook

パソコンはセキュリティの関係上、起動時やある程度操作しないでいた際にパスワードロックがかかり、パスワードを入力しないと使用できなくなります。これは必要な機能ですが、あまりに頻繁にパスワードの入力を求められると、面倒に感じます。

最近は指紋認証が使えるパソコンが増えています。また指紋認証が使えないパソコンを、指紋認証が使えるようにするオプションもあります。これらについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookを使いこなすためのガイド

パソコンの指紋認証は便利!MacBook Proを使って分かった!

私は2年前にMacBook Proを購入しました。初めて有機ELのTouch Barが搭載されたモデルです。このTouch Barの右横にTouch IDと呼ばれる指紋認証のセンサーが取り付けられています。指紋認証が利用できるパソコンを購入したのはこれが初めてだったのですが、使ってみると非常に快適です。画面のパスワードロックを解除するために毎回パスワードを入力する必要もなく、センサー部分に指でタッチすれば良いだけですので、本当に楽です。作業効率もアップしたような気がします。

 

最近はスマホでも指紋認証などの生体認証は標準装備されている機種が増えていますので、それらに慣れてしまうほど、パスワードを入力するのは面倒になりますね。セキュリティ的にも指紋認証の方が優れているでしょう。

パソコンの指紋認証は便利!Windows PCでも対応機種あり!

指紋認証が装備されているのはMacBookだけではありません。Windows PCでも標準で装備されている機種が増えています。以下の人気の機種を紹介します。

1.13.3型 FHD IPS液晶 HP Pavilion 13 (型番:5YT22PA-AAAD) ノートパソコン

世界シェアNo.1のHPが販売するこのノートパソコンは、アルミボディで美しいSAKURA色やシャンパンゴールドなどのカラーバリエーションがあります。高速の起動が可能なSSDを搭載し、第8世代のCore i5と高画質のIPS液晶ディスプレイで映像も楽しめます。バッテリーも最大10時間30分、質量約1.26kgでモバイルパソコンとして持ち歩くのも便利です。もちろん指紋認証を搭載しています。

 

2.Huawei ノートパソコン MateBook 13(i5/8GB/256GB) スペースグレー WRT19AH58BNCNNUA

指紋センサーと電源ボタンが一緒になっているので、ボタンを押すだけで起動・ログインできます。13インチのIPSパネルで、解像度2160×1440、スリムベゼルデザインの美しいディスプレイです。第8世代のCore i5、SSD搭載で、快適な使い心地です。

 

3.LG gram 13Z990-GA56J

指紋認証を装備していて便利です。13.3インチのIPS液晶のフルHD(1920×1080)で、sRGBの色域を96%以上カバーの鮮やかなディスプレイです。965gという1kgを切る軽量なノートパソコンでありながら、大容量のバッテリーで最大28時間使えます。米国国防省の厳しい耐久試験をクリアした頑丈さです。第8世代Core i5、SSD搭載で快適に使えます。

 

最近はSSDの価格も下がりましたので、多くのノートパソコンでHDDの替わりにSDDを搭載しています。起動も速く、快適です。


スポンサードリンク

パソコンの指紋認証を外付けすることも可能!

現在使っているノートパソコンで外付けで指紋認証を追加することができます。Windows 10搭載のパソコンに、マウスコンピューターの販売するUSB指紋認証リーダー FP01を取り付けることで、簡単に指紋認証が使えるようになります(*すべてのノートパソコンで確認したわけではありません。詳しくはマウスコンピューターのサイトをご覧ください)。USB 2.0のインターフェイスを使用しますので、空いているUSBのスロットが必要です。一度取り付けてしまえば、その便利さに感動してしまうでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント10倍!】マウスコンピューター FP01 WindowsHello対応 USB指紋認証リーダー
価格:5478円(税込、送料別) (2020/1/10時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

ノートパソコンの指紋認証について紹介しました。これからノートパソコンを買うならば、指紋認証機能が装備されているものがおすすめです。現在使用中のノートパソコンでも、外付けで指紋認証機能を追加できます。

▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookを使いこなすためのガイド

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました