ライフ

養殖できる魚の種類は?美味しくて安全なの?

投稿日:2019年3月20日 更新日:

海に囲まれた日本では、昔からいろいろな種類の魚を食べる文化があります。特に食料自給率の低い日本では、水産資源は本当に貴重です。天然の水産資源にも限りがありますし、天候などの影響で漁獲高が少なくなることもあります。魚の養殖がますます重要ですね。現在はどのような種類の魚が養殖できるのでしょうか?その味や安全性はどうなのでしょうか?以下で紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼その他の魚の養殖・消費量・アニサキスなどの疑問についてはこちら▼
魚の養殖・消費量・匂い消し・アニサキスなどのまとめ!

養殖できる魚の種類は?

魚好きの日本人の胃袋を満たすために、いろいろな種類の魚が養殖されています。その生産量のトップ5は以下のようになっています。

1.ブリ・ハマチ
2.マダイ
3.カンパチ
4.クロマグロ
5.トラフグ

美味しくて、商品価値が高そうな人気の魚がズラリと並んでいますね。これ以外にも以下のような魚が養殖されています。

ヒラメ、シマアジ、マアジ、ヒラマサ、イシダイ、クルマエビ、カワハギ、メバル、カサゴ、クロダイ、クロソイ、スズキ、チダイ、イサキ、オオニベ、メジナ、マサバ、マハタ、クエ

一般的な養殖は、小規模な生簀(いけす)に稚魚を入れるところからスタートします。完全養殖していないほとんどの魚については、自然界などから稚魚を獲ってきます。

小規模な生簀内でエサを食べさせ、大きく育ってきたら、ほとんどの場合は会場などに作られたもっと大きな生簀に移します。海水の温度が高い方が魚の成長が速いため、日本の南の方に海面養殖業が集中しています。

*参考:一般社団法人全国海水養魚協会のサイト

養殖した魚は美味しいの?

まず魚は、死亡してから適切に処理し、温度等を適切に管理した状態で保存をしなければ、時間とともに急速に鮮度が落ち、味も落ちます。したがって、養殖魚あるいは天然魚にかかわらず、適切に処理・保存されていることが大前提です。

その上で、養殖魚は天然魚と比べて美味しいのでしょうか?

一概には言い難いのですが、明らかなことは、養殖魚は栄養のバランスを考えた餌が計画的に与えられ、管理された狭い生簀の中で育てられていますので、十分に脂が乗っています。前述の多くの魚種において、ある程度以上は脂が乗っている方が美味しく感じるでしょう。また養殖の研究開発も多大な努力を注いで進められてきましたので、美味しくなるような栄養素を考えて餌を作っています。

天然魚は、天候等の影響で味も変わりますし、個体差も大きいでしょう。中にも身が締まっていて美味しいこともあると思いますが、養殖魚の味は安定していてバラツキも少ないでしょう。


スポンサードリンク

養殖した魚は安全なの?

養殖した魚は食品として安全なのでしょうか?

まずアニサキスなどの寄生虫という点においては養殖魚の方が安全度が高いです。養殖魚も、前述のように稚魚を自然界から獲ってくることが多く、その際に混入するリスクがゼロではないのですが、天然魚比べると格段に少ないです。天然魚は、広い海を自由に泳ぎ回り、いろいろなものを食べていますので、寄生虫がいる可能性が高いです。

養殖魚の餌は、生の餌を与えることは少なく、原料から加工し、ペレット化したものを適量与えています。したがって、病原菌なっどが混入する可能性は低く、天然魚よりも安全性が高いでしょう。

魚も生物ですので、ウイルスや最近によって病気になることがあります。病気になってしまった魚を薬品で治療しようとすると、その薬品が残留してしまうリスクがあります。そのため、養殖では、魚由来のウイルスや細菌を不活性化したものを成分とし、特定の病気を予防するワクチンを摂取することが行われています。この方法ならば抗生物質などが残留する心配が無いので安全性が高いです。

アニサキスについては、こちらの記事「アニサキスのいる魚の種類は?刺身を食べる時は?症状は?」で紹介しています。

まとめ

日本で育てられている養殖魚について紹介しました。適切な栄養管理で脂が乗っており、安全性も高い優れた養殖魚です。じっくり味わいながら食べましょう。

日本の養殖の状況については、こちらの記事「魚の養殖は日本と世界でどうなっているの?自給率は?」で紹介しています。

▼その他の魚の養殖・消費量・アニサキスなどの疑問についてはこちら▼
魚の養殖・消費量・匂い消し・アニサキスなどのまとめ!

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

埼玉県出身者がもらうと懐かしい銘菓はこれだ!お土産に!

スポンサードリンク 誰でも子供の頃によく食べたお菓子が一つぐらいはあるのではないでしょうか?大人になって、しばらくそのお菓子を食べていなかった時に、思いがけなくそのお菓子をもらったりすると、懐かし …

ジューンブライドに憧れますか?結婚式はいつが多いの?

スポンサードリンク 結婚式は人生のビッグイベントです。結婚する2人はもちろんのこと、親族にとっても大切ねイベントですね。 日本ではジューンブライドがある程度定着しています。 結婚式について考えてみ …

かにやのケンキ!亀屋の最中!十万石まんじゅう!美味しい埼玉の銘菓

埼玉県の銘菓というと何を思い浮かべるでしょうか? 埼玉県出身の人ならばきっと子供の頃から食べていて、愛着のあるお菓子があるでしょう。実際、美味しい銘菓があり、地元では有名なのですが、全国的な知名度はそ …

光化学スモッグ注意報が増えている?症状と対処方法は?

スポンサードリンク 先日、自分の住んでいる地域で光化学スモッグ注意報が発令されていました。自分が子供だった頃は、もっと頻繁に光化学スモッグ注意報が発令されていたような気がしますが、最近も光化学スモ …

うなぎパイの工場を見学しよう!アクセスと料金などについて

スポンサードリンク 休日に子供と一緒に楽しめるものとして工場見学はおすすめです。工場というと海の近くにある化学工場をイメージする方も多いと思いますが、子供が好きで、大人にも人気があるお菓子の工場の …

最近のコメント