まとめ

魚についてのまとめ

投稿日:

日本ではサケやマグロが人気で、刺身や寿司で食べてると美味しいですし、焼いて食べても美味しいです。最近は健康志向で鯖缶が品薄になるほどの人気です。日本人の食文化には欠かせない魚ですが、天然の漁獲資源は減少し始めており、養殖により魚を増やすことが重要となっています。以下に魚に関することをまとめます。

スポンサードリンク

魚の臭いを消す方法!これなら簡単です!原因物質から知る!

日本では魚を好む人が多く、刺身、寿司、焼き魚、煮魚などの料理で食べられています。それでも年々魚の消費量が減少しています。少子高齢化・人口減少の影響もありますが、家庭で料理をする場合に、魚を取り扱うよりも、肉を取り扱う方が簡単なこともその理由と言われています。また食べ終えた後の魚の頭、尻尾、骨などの部分を生ゴミとして捨てる際に、ごみ収集日まで保管して置かなければならないことも敬遠される理由です。なぜなら魚を取り扱った時やゴミを保管している時に、魚の臭いがするからです。魚の臭いを消す方法について以下の記事で紹介しています。

記事:魚の臭いを消す方法!これなら簡単です!原因物質から知る!

アニサキスのいる魚の種類は?刺身を食べる時は?症状は?

サバ、アジ、サンマ、イワシなどの青魚には、アニサキスがいることがあります。しかし、これらの魚だけでなく、カツオやサケにも寄生していることがあります。アニサキスがいるのかどうか注意しながら魚を食べないといけませんが、どのような種類の魚にアニサキスがいるのか分かれば参考になるでしょう。養殖された魚にはアニサキスがいる可能性が低く、大きな魅力の1つになっています。天然の魚を食べる時も、適切な処理をすることでアニサキスを死滅させることができます。以下の記事で紹介しています。

記事:アニサキスのいる魚の種類は?刺身を食べる時は?症状は?


スポンサードリンク

養殖できる魚の種類は?美味しくて安全なの?

日本では魚の消費量が減少しています。それでも中国やその他の海外の国々で魚を食べる量が急増しており、国際的には天然の漁獲資源の争奪戦が繰り広げられています。しかし、漁獲資源の量に比べて、世界の魚介類の消費量は多過ぎて、食べたいだけ天然の魚介類を獲ったら漁獲資源がすぐに枯渇してしまうような状況です。そのため天然の魚介類を獲る量を制限し、漁獲資源が維持できるようにしなければなりません。魚介類の消費量とのギャップを埋めるために行われているのが魚介類の養殖です。日本ではどのような種類の魚が養殖されているのでしょうか?以下の記事で紹介しています。

記事:養殖できる魚の種類は?美味しくて安全なの?

魚の養殖は日本と世界でどうなっているの?自給率は?

世界での魚の消費量は増え続けており、もはや天然の漁獲資源だけではその必要量を支えきれません。天然の漁獲資源の乱獲を防ぎ、魚の必要量を供給するためには魚を養殖して増やさなければなりません。現時点でも魚介類の生産量の半分弱は養殖によるものになっており、近い将来は過半数となる見込みです。もちろん日本でも魚介類の養殖は活発に進めています。マダイ、ブリ類、クロマグロなどは、生産量の過半数が養殖となっています。それでも日本の魚介類の自給率は約半分で、残りの約半分は輸入に頼っています。国際的に漁獲資源の争奪戦が激しくなると、自給率が低いままでは不安を感じます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:魚の養殖は日本と世界でどうなっているの?自給率は?

日本の魚の消費量は?種類は?自給率・漁獲量を増やすには?

日本人の魚の消費量は、2001年度から2016年度までの15年間で約4割も減少しました。肉などに比べて家庭で魚を取り扱って料理することが面倒と考える人が増えているようです。それでも切り身などの食べやすい形で販売されているものは人気があり、また寿司などとしても食べられています。具体的にはサケやマグロが人気があります。それでも日本の漁獲量は減少していて、魚介類の自給率も下がっています。天然の漁獲量の減少は、地球レベルの気候変動の影響もあり、非常に難しい問題です。今後の日本の魚食のためにも、ますます魚の養殖が重要となっています。以下の記事で紹介します。

記事:日本の魚の消費量は?種類は?自給率・漁獲量を増やすには?

鯖缶の開封後の保存方法は?賞味期限と保存方法は?

鯖缶がブームで、スーパーの売場などでも品薄の状況が続いています。ブームが始まったのは2017年で、すぐに沈静化すると思っていたのですが、まだまだ続いており、むしろさらに盛り上がっているような印象もあります。そんな鯖缶をなんとか手に入れて食べた場合に、開封後に一度にすべて食べきれないこともあるでしょう。そんな時はどのように保存すれば良いのでしょうか?開缶後の缶の中に残りを入れたままにせずに、他の食品と同様に別の皿や容器に移し、ラップをかけたり、フタをしたりしましょう。さらにそれを冷蔵庫に入れて保存し、2日以内に食べ切るようにしましょう。また未開封の鯖缶の賞味期限が過ぎてしまった場合や、未開封の鯖缶の保存方法などについても、以下の記事で紹介します。

記事:鯖缶の開封後の保存方法は?賞味期限と保存方法は?

まとめ

日本と世界の漁獲資源と養殖による努力について紹介しました。また最近は家庭で魚を取り扱った料理を避ける傾向があります。その原因の1つと言われる魚臭さを消す方法やアニサキスへの対処方法などについても紹介しました。

スポンサードリンク


-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

入間基地航空祭のまとめ

スポンサードリンク 埼玉県狭山市と入間市にまたがって位置している航空自衛隊入間基地。ここで毎年11月3日の文化の日に開催される入間航空祭は、都心からのアクセスも良く、ブルーインパルスのアクロバット …

お風呂についてのことが分かるまとめ

スポンサードリンク お風呂は気持ちいいですね。ゆっくり湯船に浸かれば、疲れた身体も心も癒されます。海外に行って、シャワーだけで済ませていて、帰国後にお風呂に入ると、「日本は良いなあ!」なんて思った …

成人式の着物・前撮り・うなじの処理などがわかるまとめ

スポンサードリンク 成人式は、人生の節目となる大切なイベントです。着物を着たり、記念写真を撮ったりするなど、事前に予約し、いろいろと準備が大変です。よく調べて、早めに余裕を持って準備を進めて行きま …

エアコンのことが分かるまとめ

スポンサードリンク 日本の夏は高温多湿で厳しく、もはやエアコン無しでは危険と言っても過言ではありません。また寒い冬は、日本中で暖房のために多くのエネルギーが使用されますが、いろいろな暖房器具の中で …

有機ELのまとめ

スポンサードリンク 有機ELを搭載したiPhoneが発売され、大型テレビも有機ELを搭載したものがプレミアムラインとして各社から販売されています。有機ELは本格的な普及期に入ったようです。有機EL …

最近のコメント