テニス

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つ方法

投稿日:2019年4月20日 更新日:

テニススクールの中級では、ダブルスの試合を想定したショットの練習をします。ダブルスでは、相手のベースライン深くまで伸びてきたスライスを、下がらずにライジングで打ち返すショットを習得しておくと、かなり役に立つ場面が多いです。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つことが必要

ダブルスでは、相手がベースライン深くまで伸びてくるスライスをアプローチショットとして打つことがよくあります。雁行陣から後衛が前に出る時間を稼ぎやすいですし、スライスで高くバウンドしなければ次に攻撃され難いからです。

ベースライン深く伸びてくるスライスを、下がって確実に打ち返すこともできるのですが、ダブルスの場合はあまり下がると相手前衛につかまりやすいですし、相手のボレーも短く落とされると簡単に決められてしまいます。できるだけ下がらずに、ライジングで打ち返せれば、アプローチショットを打って前に出てくる相手の時間を奪うことができますし、相手前衛にとっても早いタイミングで返球されてきますので、ポーチに出るのも難しくなります。

ダブルスで戦うためには使えるようにしておきたいショットですね。実際、上級者ならば通常は使えます。中級から上級に昇格するためにもマスターしましょう。

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずにスピンで打つ方法

アプローチショットを打って前に出てくる相手には、その足下に沈めるショットを打てれば理想的です。そのためにもスピン系のボールを打てれば役立ちます。しかし、ベースライン深くに伸びてくるスライスのボールを、あまり軌道が高くならないように強い回転のトップスピンで打ち返すことはかなり難しいです。

相手のスライスをタイミング的にはライジングで打たなければなりませんし、下がらずに打つので、通常の打点よりは少し後ろで打つことが多くなります。そのため重心も少し後ろ足体重に残した状態でスイングします。体幹も少し後ろ寄りに傾いた感じです。こうすることで、スライスの低いバウンドのボールをネットを越える高さまで持ち上げやすくなります。

ダブルスなのであまりネットを通過する軌道が高くなるとボレーされやすくなりますし、つなぐだけのゆるい返球になってしまうとポーチされやすくなってしまいます。ライジングで相手のボールのスピードを利用して、それなりに威力のあるボールを打ちたいものです。

そこでコツは、フラットドライブ気味の少なめのスピン回転のボールを打つことです。ライジングで、低い打点で、ボールをフラット気味にインパクトすれば、それなりの威力が出やすいですし、あまりボールを浮かさずにネットを越えることができます。低い打点なので、態勢を低く構えることも重要です。

ネットが多かったり、高く打ち上げてしまうようなミスが多い場合は、打点をよく確認し、インパクトでの面の向きを安定させましょう。またライジングで打つことは難易度が高いので、あまり身体の軸回転を使い過ぎず、ボールにタイミングを合わせることに集中しましょう。


スポンサードリンク

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずにスライスで打つ方法

ダブルスは、前衛がボレーを決めることが試合に勝つためには必要です。積極的にポーチしてボレーを打って来ない前衛は怖くありませんし、プレッシャーもより少ないものです。

しかし、自分が前衛になって、ボレーを決めようとすると、ボレーの難しさをしみじみと感じてしまいます。それが分かると、中級レベルであれば、前衛のボレーに捕まったからと言って、必ずしもすぐに決められるとは限らないということを実感できるでしょう。

ボレーする立場になるとどんなボールがボレーし難いのでしょうか?スピンとスライスなどの球種を混ぜられたり、強弱(緩急)をつけたり、高低をつけられたりすると、ボレーが格段に難しくなります。反対に一本調子で、軌道もスピードも安定していれば、仮にスピードが早くても、試合の間に徐々に慣れてくるものです。

フラットドライブのスピードボールが来たり、トップスピンで自分の前でバウンドしたり、スライスで少し遅いスピードなので伸びてきたりすると、ボレーヤーも揺さぶられます。

このことから、前述の回転少なめのスピン系のボールだけではなく、スライスでも返球できるように練習しておくと、相手はボレーし難くなりますし、またスライスならばかなり打点を後ろにしても打ち返せますので、守備力も上がります。またスライスでは、同じようなフォームからロブを上げることもできますので、ダブルスではかなり有効なショットとなります。

まとめ

ベースライン際まで伸びてくる相手のスライスを、フォアハンドストロークで打ち返す方法について紹介しました。

テニスのフォアハンドの打ち方については、こちらの記事「テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのサービスは中級からはスピンとスライスを打ち分ける

スポンサードリンク テニスのゲームはサービスから始まります。サーバーは、自分で考えて、自分が有利になるようなコースに、いろいろな球種のサービスを打つことができますので、本来は圧倒的に有利です。しか …

テニススクールの中級にも効果がある見て上達する方法

スポンサードリンク 週に1回テニススクールに通ってテニスを楽しんでいる方も多いと思います。プロを目指したり、部活やサークルなどで本格的に練習をした経験の無い方が、ある程度の年齢になってからテニスス …

テニススクールの中級から着実にレベルアップする方法

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている人は、ボールを追って思いっきり身体を、気持ちの良い汗をかければ満足できるかもしれません。プロテニスプレーヤーではないので、それもアリ …

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

テニスの片手バックハンドのコツは?初級から中級向け!

スポンサードリンク テニスのトッププロでは、一時期、ジョコビッチが圧倒的な強さを誇り、フェデラーが勝てなくなった時期に、「片手バックハンドではもう勝てない!」と言ったイメージが広がったことがありま …

最近のコメント