ライフ

カタツムリの寄生虫の危険性!感染症を予防するには?

投稿日:

梅雨の時期になると、アジサイやその他の植物の葉の上をカタツムリが移動している光景をよく目にします。そのユーモラスな動きは、眺めていると癒やされます。子供の頃は捕まえて、飼っていたこともあります。実はカタツムリには寄生虫がいることがあり、感染すると非常に重篤な症状が出る危険性があることをご存知でしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

カタツムリの寄生虫の危険性

カタツムリの寄生虫として「広東住血線虫」が知られています。これに感染する例は、台湾、タイ、ポナペ、ニューカレドニア、タヒチなどで多く、世界的には1992年までに2,500例報告されています。日本では沖縄で確認された例が多いですが、その他の地域でも確認されています。中には感染源が特定できていない例もあり、比較的多い地域に旅行したり、そこから運ばれた食品等から感染した可能性もあります。人やネズミなどの移動も活発ですので、日本中のどの地域で発生しても不思議ではないでしょう。

広東住血線虫に感染すると、寄生虫が脊髄や脳に集まり、そして幼虫が脳に侵入すると好酸球性髄膜脳炎を発症します。微熱から中等度の発熱、激しい頭痛、 Brudzinski徴候、項部硬直、悪心、嘔吐、Kernig徴候、脳神経麻痺などを示し、さらに筋力の著しい低下、知覚異常、四肢の疼痛などを示すこともあります。最悪の場合は死に至ります。まれに失明することもあります。潜伏期間は2〜35日(平均16日)です。

特効薬は無く、対症療法で治療することになります。多くの場合は症状が2〜4週間続き、自然に緩解・治癒し、通常は予後はよいです。

寄生虫の成虫は、ドブネズミやクマネズミの肺動脈内に寄生しています。産卵し、生まれた幼虫が肺胞から気管、食道、胃、腸を経て糞として排出されます。これをカタツムリが食べ、体内で幼虫が成長し、感染できる幼虫になります。このカタツムリをまたネズミが食べ、感染するということが繰り返されます。人間が感染できる幼虫をもっているカタツムリを食べたり、カタツムリがはって、粘液がついている野菜などを食べる、カタツムリを触った手などから経口感染するなどのルートで人間の体内に侵入します。

感染源については、アフリカマイマイ、ナメクジ、アジアヒキガエルが確認されています。

(*出典:国立感染症研究所ホームページ https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/384-kanton-intro.html)
(*出典:愛知衛生研究所ホームページ http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/kanton.html)

カタツムリやナメクジを食べるのは危険!

海外では、カタツムリを食べる習慣がある地域があります。十分に火が通っていれば寄生虫は死滅していると考えられますが、火が通っていない部分が残っていると寄生虫が生き残っている可能性があります。もちろん、生で食べることは極めて危険です。

また恐ろしいのは、一部地域などの民間療法で、ナメクジを生のまま食べるというものがあるということです。カタツムリだけでなく、ナメクジにも寄生虫が確認されていますので、非常に危険な行為です。

前述のようにアジアヒキガエルにも感染が確認されています。カエルを食べる地域もありますので、とにかく十分に火が通っていないものを食べるのは危険です。

(*出典:松山大学論集 第26巻第6号抜刷 p.323)


スポンサードリンク

カタツムリの寄生虫の感染を予防する方法

カタツムリからの感染を予防するためには、基本的には食べないことです。カタツムリの料理を食べる時には、十分に火が通っていることを確認しましょう。

日本でもっとも起こる可能性が高いのは、カタツムリを素手で触って、その手から経口感染するルートと、カタツムリがはって粘液が残っている野菜のサラダを食べて感染する例です。カタツムリを触る場合は、ゴムの手袋などを装着して触り、後で手袋もよく洗いましょう。またサラダなどを食べる時には、カタツムリ、ナメクジが残っていないか、それらがはった粘液が残っていないのかをよく確認し、野菜を十分に洗って食べるようにしましょう。

まとめ

カタツムリの寄生虫について紹介しました。極端に恐れる必要はありませんが、食事や料理の前にはよく手を洗い、さらに生の食品もよく洗いましょう。

日本に生息する危険な生物については、こちらの「危険な生物のことが分かるまとめ」に紹介しました。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

照明の節電方法は?冷蔵庫・エアコン・テレビ・パソコンは?

日本では東日本大震災以降、節電の意識が高くなり、着実に省エネルギー化・節電が進んでいます。電力需要をみても減少傾向にあります。日本に住むみんなの努力で消費電力量を減らすことができるということができると …

車のエアコンは外気と内気のどっちで使うべき?正しい使い方は?

スポンサードリンク 気温が25℃以下でも、直射日光が当たる場所では車の中の温度はかなり高くなりますので、エアコンを使って車内温度を下げる必要があります。寒い時期では、エアコンで車内を暖める必要があ …

エスカレーターを歩くのは危険?JR東日本は歩行禁止を呼びかけ

スポンサードリンク 最近、危険防止のためにエスカレーターでの歩行をやめるべきとの意見が聞かれます。これまではエスカレーターでは、急いで歩くための人のために片側を空けることがマナーとされてきました。 …

花粉の除去に空気清浄機は効果ある?掃除機でフィルター清掃

花粉症の方は、花粉が飛散する季節になると、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの典型的な花粉症の症状が出ます。さらに悪化すると喘息に似た症状が出る、あるいは頭痛、睡眠不足、イライラするなど、色々と …

車のエアコンの温度で燃費が良くなる設定は?換気とシェードも!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で、屋内に居ても熱中症になる危険があります。屋外はもっと暑いのですが、直射日光にさらされている車の中は極めて暑く、エアコンを使って温度を下げないと車内にいることは …

最近のコメント