テニス

テニスでサービスエースを獲りたい!中級からの上達法は?

投稿日:2019年5月10日 更新日:

現在テニススクールなどの中級レベルぐらいの人は、上級に昇格するためにはサービスのレベルアップは必須です。特に試合で勝とうとするならば、サービスの攻撃力アップが効果的です。さらに上を目指して行きましょう!中級のためのサービスの上達法について紹介します。

スポンサードリンク

テニスでサービスエースを獲る!中級からの上達法!

初心、初級、中級と順調にレベルアップして来る時に、まずはダブルフォルトを連発せずに、しっかりサービスを入れることが最優先だったでしょう。初心はフラットで山なりのゆるいサービス、初級はスライスの回転のゆるいサービス、中級になるとスライスとトップスピンのサービスなどを練習することが多いでしょう。

中級者が上級者と試合をすると、中級者のそれほど威力が無いサービスを上級者がリターンエースを狙ってくることがよくあります。特別サービスが得意な人を除けば、一般的には中級者のサービスは、スピード・回転・コースが甘く、上級者にとっては打ちやすいボールとなります。

テニスは、サービスゲームとリターンゲームを交互に交代して進めていくスポーツです。トッププロの試合を見ていても、強力なサービスを武器としている選手は非常に有利であることがわかります(*もちろん、強力なリターンを持っている選手も有利ですが、ここではサービスに話を絞ります)。中級者のサービスは、スピード・回転・コースが甘い上に、ダブルフォルトも多いので、必ずしもサーバーが有利とは限らないようです。

それだけに上級レベルのサービスを習得できれば、中級者に対しては圧倒的に有利ですし、上級への昇格もできるでしょう。上級レベルのサービスを習得するためには、もう一度基本から確認し、スピードと回転量をアップし、コースを狙えるようにしましょう!

テニスのサービス上達法:グリップ・スイング・トスを再確認!

サービスの基本は、グリップ、スイング、トスです。これらが打とうとする球種によって異なります。まずは自分がどのようなサービスを打てるようになりたいのかを明確にしましょう。

サービスの球種は、フラット、スライス、スピンです。中級者は、とりあえず「どフラット」言われるほとんど回転をかけないフラットサーブは考えなくて良いでしょう。スピンサーブとスライスサーブをしっかり打ち分けられることを目指し、さらにその回転量を調整して「フラット気味」に打てるようにすれば良いでしょう。

実際、トッププロでも2m近い身長の選手以外は、どフラットのサービスはほとんど打ちません。フラットサーブに見えてもかなり縦回転をかけて、確率を高めています。そのため、スライスサーブもある程度縦回転が加わっているトップスライスがおすすめです。

それでは、グリップ、スイング、トスについてさらに詳しく紹介します。

1.グリップ

基本はコンチネンタルグリップです。特にこだわりがなければ、プロネーションを使いやすいコンチネンタルグリップをおすすめします。スピンサーブを打つ時に、コンチネンタルグリップよりも薄いグリップの方が回転がかけやすくなる場合もあり、実際にそのようなグリップをしているトッププロもいます。興味があれば、スピンサーブ用に薄いグリップを試してみても良いでっしょう。

2.スイング

質の高いスピンサーブを習得できていない中級者が多いようです。しっかり、スピンサーブのスイングを動画や連続写真などを見て頭にインプットしましょう。そして素振りをして、身体にもインプットすることが必要です。サービスの利点は、自分からスタートできることです。唯一相手のボールを打ち返すのではなく、自分から打っていけますので、自分のスイングがしっかりできれば安定します。フラットサーブおよびスライスサーブとの違いは、身体の軸を回転させずに打つことです。詳しくは、こちらの記事「テニスの中級からスピンサーブの威力を高める!スイングとトス!」に紹介しました。

スライスサーブは、フラットサーブと同様に身体の軸を回転させて打ちます。スライスサーブのスイングを同様に動画や連続写真など見て頭にインプットし、素振りで身体にインプットしましょう。スイング方向とボールを飛ばす方向が異なり、インパクトでボールに対し斜めに面を入れる感覚を身につけることが必要です。

3.トス

スピンサーブとスライスサーブで打点が異なります。そのためそれぞれの打点にトスを正確に上げられるように練習しましょう。私は、一時期、サーブを打つのが怖くなるほどスランプになりましたが、トスの練習をすることで復活できました。トスが正しい位置に上がらず、無理やり正しくない打点で打っていたことがスランプの原因でした。サービスは、トスが乱れてしまうと、その他がどんなに上手くできていても良いサービスになりません。地味ですがトスはそれだけ重要なのです。

質の高いスピンサーブとスライスサーブを打ち分けられていない中級者は、そもそも正しいトスの位置がイメージできてなく、何となく上げていることがあります。まず素振りをして、どこでインパクトするのかを把握し、トスの位置を確認しましょう。そして、そこへ正確に上げられるように練習しましょう。


スポンサードリンク

テニスのサービス上達法:デュースサイド・アドサイドからのコースと球種

まず前述のステップで、しっかりとスライスサーブおよびスピンサーブを打てるところまで練習しましょう。その時は、あまりフォルトかインなのかそれほど神経質にならなくても良いでしょう。力み過ぎず、ラケットの真ん中でボールが捉えられるように丁寧にスイングしましょう。トスが正しくないところに上がってしまった場合は、無理して打たないようにしましょう。無理して、不自然なフォームで打つと、身体を痛める原因となります。

ある程度自分のスイングでボールを捉えられるようになったら、次はコースです。サーブの長さよりもまずは方向を確認しましょう。最初に構えたスタンスの方向と、インパクトでの面の方向、スイング方向などで、ボールの飛ぶ方向が決まります。インパクトで面がどちらの方向を向いているのか、その結果ボールがどの方向へ飛んだのかを、1球ごとに確認しましょう。そして、スイングを変えるのではなく、スタンスの方向を微調整して自分の狙っている方向に打つことができるインパクトの位置とスタンスの方向を覚えましょう。

これにより、デュースサイドおよびアドサイドから、相手のフォア、バック、ボディの3つに打ち分けられるようになりましょう。

最後にインパクトでの面の微調整、ボールのどこに当てるのかを調整し、回転量をコントロールしましょう。スイングスピードはあまり変えないで、回転量でサーブの長さを調節できれば安定性が高くできるでしょう。

スライスサーブは、ボールの横を打って、横方向の回転を与えますので、インパクトの厚さでコースや回転量が変わってきます。ある程度入る確率を高くするために、真横の回転よりは、縦回転を加えたトップスライスの方が良いでしょう。

スピンサーブも慣れないうちは、方向や長さのコントロールが難しいでしょう。上手くできない時は、とにかくトスを安定させて、同じ打点で打つようにすることが重要です。

まとめ

中級からレベルアップするためのサーブの上達法について紹介しました。トスを安定させることが最大のポイントです。

テニスのサービスの打ち方については、こちらの記事「テニスのサービスの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールで試合に勝てるようになる?効果的な練習方法は?

スポンサードリンク テニスは楽しいですよね。楽しみ方は人それぞれですので、身体を動かして、ボールをたくさん打てればそれで良いという考え方もアリですし、否定しません。それだけにある程度テニスをやって …

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

テニスで脱力してフォアハンドとバックハンドを打つメリット!

スポンサードリンク テニスの中級レベルの人で、練習してもストロークの回転数やスピードが上がらない・安定しない・フットワークがあまり良くないという場合は、無駄な力が入り過ぎている可能性があります。意 …

テニスで遅いボールの打ち方!リターンとストローク!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人は、積極的に試合で出場しましょう。レッスンの時のコーチの球出しと違い、試合での活きたボールを打ち返す経験を積まないと、本当の意味でテニスで必要な打 …

テニススクールの上級に昇格するためのトレーニング!

スポンサードリンク テニスは対人競技ですので、試合に勝つためには少なくとも試合中動き回り、相手に勝てるレベルのパフォーマンスを発揮し続ける必要があります。テニススクールで週に1回テニスを楽しんでい …

最近のコメント