トラベル

あしかがフラワーパークに東武鉄道で行きました!滞在時間は?

投稿日:

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」。少し遠いという印象があるかもしれませんが、都内からでも特急に乗っていけば案外速く、快適に行くことができます。実際にゴールデンウィークに行ってきましたので、以下に報告します。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークに東武鉄道で行きました!

東武鉄道の北千住駅から「特急りょうもう」に乗って足利市駅まで行きました。北千住駅8:52発、足利市駅10:06着でした。特急りょうもうは全席指定で、左右2列ずつの席の配置で、快適です。車内はジュース、お茶などの自動販売機はがあるだけですので、車内で何かを食べたり、飲んだりしたい場合は、事前に買って持ち込むと良いでしょう。車内にトイレはあります。車両は1990年代に製造されたものですので、さすがに古い印象はあります。

特急りょうもう号の指定券は、インターネットで事前に購入しました。東武では「春の花めぐりきっぷ」を販売していましたのでそれを利用しました。2019年4月13日(土)~6月9日(日)の期間限定で、毎年発売されているようです。「春の花めぐりきっぷ」は、「発売駅〜茂林寺前駅までの往復割引乗車券+フリー区画乗車券(茂林寺前駅〜足利市駅間・館林駅〜佐野駅間は乗り降り自由)+あしかがフラワーパーク入園券+シャトルバス乗車券」という内容で、非常にお得です。単純に金額的にお得という他に、入園券やシャトルバス乗車券を現地で並んで買わなくて良いというメリットもかなりのお得感です。

「春の花めぐりきっぷ」は、残念ながらインターネットで購入することはできず、以下の場所で購入する必要があります。

・浅草駅~久喜駅、杉戸高野台駅~南栗橋駅
・小村井駅~亀戸駅、大宮駅~船橋駅の各駅窓口(押上駅除く)
・東武トップツアーズ各支店

私は、前述のように特急りょうもう号の指定券をクレジットカード決済で購入しました。これは発券する必要はなく、予約後に送られてくる確認メールを、スマホで表示して提示すれば大丈夫です。もちろんそれを紙に印刷して提示しても大丈夫です。万が一のトラブルも想定して、念のために紙にも印刷して持っていきましたが、スマホで提示しました。

「春の花めぐりきっぷ」は、東武鉄道の北千住駅まで行き、改札から出て、購入しました。通常の券売機では買えず、窓口での購入となりました。利用期間が短いので、券売機での対応をしていないのかもしれません。

特急りょうもう号で足利市駅に到着してからは、駅の南口のすぐ近くにあるシャトルバス乗り場からすぐに乗ることができました。ここでシャトルバスのチケットを買う手間がかからないアドバンテージを感じました。バスが出発してから16分程度であしかがフラワーパークの駐車場に到着しました。

あしかがフラワーパークのサイトでは、シャトルバスで約30分と案内されていますが、これはある程度渋滞することを想定した所要時間のようです。今回はゴールデンウィーク中なのに渋滞はほとんどなかったです。

あしかがフラワーパークの滞在時間は?

あしかがフラワーパークに着いた時も、入園券をすでに購入済みなので、すぐに入園できました。

あしかがフラワーパークは、四季折々、数多くの花々で彩られており年間で150万人の来場者があります。ゴールデンウィークの時期には、藤がメインで、その他はツツジなどがあります。藤は、うす紅・紫・白・黄色の順に開花し、長い期間楽しめます。

藤のトンネルも壮観です。花の状況については、あしかがフラワーパークのサイトでも紹介されています。

今回は、日中に行ったのですが、実は夜の部17:30~21:00になると、藤がライトアップされ、別世界です。

あしかがフラワーパーク内は多くの花があり、日常とは違う美しい空間です。楽しみ方は人それぞれで、滞在時間も人によります。例えば、普通に歩いて一通り見学すると、40〜50分程度でしょう。私も、実際、40分ぐらい歩き回って、その後に疲れたので、パーク内のパラソル付テーブルで、持ち込んだお弁当を食べました。レストランなどは非常に混雑しますので、お弁当を持ち込むのがおすすめです。昼食後に売店によって買い物をしてからフラワーパークを出ました。これら全ての滞在時間では、2時間でした。買い物をした売店がかなり混雑していて、レジで待たされました。つまり、食事をせず、売店でショッピングをしなければ、前述のように40〜50分程度でしょう。


スポンサードリンク

あしかがフラワーパークの後に足利学校へ行きました

あしかがフラワーパークから足利市駅行きのシャトルバスは、足利学校に停車し、降車のみ可能です。せっかくですので、足利学校を見学してみることにしました。日本最古の学校と言われているところです。今回は、新元号「令和」にちなんで「元号ゆかりの本」として、万葉集などが展示されていました。敷地内は案外広く、多くの建物、門などもあり、一通り見学すると、滞在時間は40〜50分程度でしょう。

足利学校から東武伊勢崎線足利市駅までは、徒歩15分程度です。帰りの特急りょうもう号も予約していたのですが、予定より早く足利市駅まで戻れそうでしたので、1本前の特急りょうもう号にスマホでから変更しました。ちなみにインターネット経由で購入した特急りょうもう号の指定券の変更は、駅の窓口ではできず、インターネット経由のみになります。

まとめ

あしかがフラワーパークに東武鉄道で行きましたので、その内容を報告しました。咲き誇る藤を鑑賞できました。他の季節には、他の花が楽しめます。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外出張のための保険・カード・空港の基礎知識

スポンサードリンク 初めて仕事で海外に出張することになると、いろいろと緊張することも多く、不安なこともあるでしょう。 それは海外出張が2回目、3回目の人でも同じかもしれません。 ここでは、海外出張 …

海外出張でアメリカに行く時のESTA・入国審査・税関

スポンサードリンク 海外出張で外国に到着すると、そこでは入国審査などの手続きがあります。対応を間違えると、最悪の場合は入国させてもらえません。 問題なく入国できるように、毎年多くの日本人が訪れるア …

名古屋国際会議場へ行くのに便利なホテルは名鉄イン名古屋金山

スポンサードリンク 名古屋国際会議場は、日本の三大都市圏である中京圏の中核となる施設で、総事業費392億円をかけて作られました。東海道新幹線の名古屋駅および中部国際空港セントレアからのアクセスも良 …

荷物のパッキング シワにならないワイシャツ・スーツの運び方 

スポンサードリンク 海外出張と違って、短期の国内出張時はあまり大きなスーツケースを持って行くこともなく、案外荷造りに困るものです。 特にワイシャツやスーツがしわにならないように持って行くには一工夫 …

帰省時の渋滞回避方法!無理なく渋滞にはまらないようにする

スポンサードリンク 日本ではお盆と年末年始に帰省する人が多く、道路も大渋滞します。長時間のドライブで渋滞にはまってしまうと疲れますし、危険でもあります。できるだけ渋滞を回避し、快適なドライブをした …

最近のコメント