テニス

テニスのダブルスでバックのスライスでも相手のポーチを防ぐには?

投稿日:2019年5月25日 更新日:

テニススクールの中級レベルでも、安定して威力のあるバックハンドを打てる人はかなり少ないです。まずは相手コートに返球することが必要ですので、特に片手バックハンドの人はスライスで返球する人が多いようです。このスライスの返球を狙われてポーチで決められると、かなり困りますね。ポーチを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニスのダブルスでバックのスライスでも相手のポーチを防ぐには?

上級者やプロならば、スライスでもかなりレベルの高いショットを打ちますので、簡単に相手にポーチさせません。そもそも上級者やプロならば、バックでスピンをしっかり打てますので、スライスしか打てなくて悩むこともないでしょう。

ところがそのようなレベルまでバックハンドを習得することは難しく、特にバックハンドの場合は、中級レベルではほとんどマスターしている人を見かけません。バックにボールが来たらまったく返球できないようでは試合になりませんので、まずは返球できる打ち方の習得を目指すことが多く、ほとんどの場合はあまり威力のないスライスをまずはマスターするでしょう。これがスピードも遅く、回転も弱いため、ダブルスでは狙われてしまうことが多いです。

初級から中級レベルの試合では、ほとんどの人がバックハンドが苦手なので、できるだけ相手のバック側へ集めるような配球になりがちです。ダブルスの場合、相手の返球が弱くてチャンスボールになりそうであれば、前衛がポーチをしてボレーを狙います。バックハンドが弱いスライスしか打てないとバレてしまうと、バックで打つ度にポーチをかけられてしまうこともあります。

私も以前そのような攻撃をされて、試合をするのが嫌になるほど、どうしたら良いのか分からなくなりました。バックハンドで無謀なハードヒットをしてもネットやアウトが増えて自滅するだけです。そんなスライスでも、工夫をすればそれなりに戦えるものです。

相手がポーチに出てくるということは、基本的にはクロス方向に返球してくると読まれてしまうからです。そしてスライスのスピードが遅いために追いつかれてしまう確率が高くなり、ポーチが決まってしまうことが多くなるわけです。そこで相手にポーチをさせないための方法としては、スライスで返球するコースを3つ以上にして、相手にどこに来るのか分かりにくくさせることが必要です。

バックのスライスで打つコースを3つ以上にする

まずクロス方向を基本として、これにストレートと頭上を越えるストレートロブの2つを組み合わせましょう。ストレートがあると思わせるだけで、簡単にポーチに出にくくなります。さらに頭上を抜くロブがあると思わせれば、簡単に前に詰められなくなります。

相手にストレートとストレートロブがあると思わせるには、試合の早い段階で実際にこれらを打つことが必要です。もちろん、ネットしたり、バックアウトしないように練習しておきたいですが、これらのミスを恐れて打たないよりは、失敗しても打っておき、相手に印象付けることが重要です。

ストレートは、相手の正面ではなく、サイドライン側を抜けるようなコースが良いのですが、必ずしも抜けなくても構いません。相手を外側に動かせば、真ん中にオープンコートができますので、次にそこを狙うことができます。

ストレートロブは、前衛の頭上を抜ければそれだけで決まってしまうこともありますし、後衛が追いついても、相手のサイドチェンジとなるので、態勢が崩れ、こちらが有利になることもあります。ダブルスでは、ロブは前衛の頭上さえ越えられれば、かなり強力なショットとなりますので、使えるショットにしましょう。

スライスのコントロールに自信があれば、ショートクロスへも打てるようにしましょう。さらにポーチを防ぎやすくなります。


スポンサードリンク

バックのスライスでコースを隠す

相手にクロスだけでなく、ストレート、ストレートロブなどの他のコースもあることを印象づけられれば、さらに打つ瞬間までコースを隠す練習をしましょう。実際に、これらのどのコースへも打てるような態勢でテイクバックし、相手前衛の動きを見ながらギリギリのタイミングで打つコースを決定し、そこへ打てるように練習すればコースが分かり難くなるでしょう。

打つ側もギリギリまで打つコースを決めていないので、それまで相手も分かりようがないですし、そこから本当にどこへでも打てるならば、テイクバック時の構えだけからは分からないはずです。

特にスライスはコースを隠しやすいという特徴があります。スイングを開始してからの体感を軸とした回転と打点の調整でコースを変えられますし、ロブを打つ時は、打点を前にすれば面が開いて上を向きますので、上に打てます。実際に練習してそれぞれのコースに打てるようにしましょう。

まとめ

バックハンドがスライスしか打てなくても、ここで紹介したような方法で、3つ以上のコースへ打ち分け、ギリギリまでコースを隠すことができれば、相手に簡単にはポーチさせないでしょう。しかし、さらに上を目指すには、バックハンドのスピンも練習しましょう。

テニスのダブルスで勝つための戦術と練習については、こちらの記事「テニスのダブルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールでの片手バックハンドのスピンの練習法

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人で、片手バックハンドのスピンを安定して上手く打てている人は少ないです。それだけ難易度が高いショットで、練習しても上手く …

テニスの調子が悪い時に試合中にできること!中級向け!

スポンサードリンク 試合経験が少ない中級レベルの方々は、試合に出ると緊張して、普段の練習では打てているようなショットをミスしてしまい、負けてしまうことはないでしょうか?自分の実力が出し切れないで、 …

テニスのボレーのコツ!チャンスボールを決める方法!

スポンサードリンク テニスの中級者は、せっかくのチャンスボールをボレーで決めようとした時に決められないことが案外あります。ネットやアウトしてしまったり、相手に難なく打ち返されてしまったり。決めるべ …

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルになるとフォアハンドのスピンをかける練習をします。そしてある程度スピンをかけられるようになっても、回転量を増やすことができなかったり、回転量を増やすと …

テニスのボレーで速い球への対処方法は?予測・準備が重要

スポンサードリンク テニスのレベルが上ってくると、相手もスピードのあるボールを打つようになってきます。ボレーの基本練習では、それほど速くない球でしっかり練習していても、スピードボールが飛んで来ると …

最近のコメント