テニス

テニスのシングルスで勝つためには前へのフットワークを練習!

投稿日:

週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人でも、試合で勝つために必要なことを地道に練習して習得していけば、着実に上達し、強くなれるはずです。案外見落とされることが多い、前へのフットワークについて紹介します。

スポンサードリンク

テニスのシングルスで勝つためには前へのフットワーク!

中級者がテニスのシングルスの試合で勝てるようになるためには、まずは試合をして経験を積むことが必要です。プロのテニスプレーヤーではありませんので、試合で負けたからと言って失うものはありません。負けた試合でも、考え、振り返ることで、上達のために必要なことが得られます。

ストローク、サービス、ボレーなどの各ショットなどについては、多くの人が言われなくても考えます。フットワークの練習もするでしょう。しかし、案外ありがちなのが、前への動きの練習をあまりやらないということです。フットワークと言うと、何となく横の素早い動きをイメージしてしまうようで、前に詰めていくフットワークを練習する人が中級者では少ないようです。

シングルスでは、前への動きでポイントが決まる状況があります。これを練習しておけば、ポイントできる可能性が高くなるでしょう。

シングルスでは甘い短いボールを前に出て決める

中級者のシングルスの試合で、基本パターンとして練習しておきたいのは、ループボールを相手コート深くに打つこと。そして相手の返球が短く、甘くなったところで、逃さず前に詰め、角度をつけて打つこと。

粘り強くループボールを打ち続け、相手の返球が短く、甘くなった時に、前に出るのが遅れ、そのままつないでしまったらチャンスを逃してしまいます。相手の返球が甘くなった時に、素早く前に詰め、ボールの横に入らないと角度をつけて決めに行けません。イメージトレーニングで、まず前に走り、ボールの横に入ってテイクバックし、しっかり打つ練習をしておきましょう。

このように頭の中に前に詰めて決めるイメージがしっかり頭と身体にインプットされているのか否かで、反応速度がかなり差が出ます。ラリー中も集中し、チャンスを待ちながら相手のフォーム、インパクトなどを集中してみていれば、1歩目を素早く踏み出せるでしょう。1秒未満の短い時間の差が、実際にボールを打つ時には大きな差となります。


スポンサードリンク

シングルスではドロップショットを拾う!

シングルスの試合では、相手のドロップショットを拾うことができるのか否かもポイントに直結します。ドロップショットを追わないと、相手は前に落とせば決まると思ってどんどん狙ってくるでしょう。必死に拾って、ドロップショットはリスクが高いと思わせる必要があります。

良いドロップショットを打たれると、追いつけるかどうかというタイミングになりますので、とにかく前にダッシュして、ラケットに当ててネットを越えさせるので精一杯ですし、それで十分です。トッププロの試合でも、ドロップショットを打って、相手が前にダッシュして来たら、打った人も前にダッシュするのが普通です。追いつかれると反対に前に落とされることが多いからです。

前にダッシュしてドロップショットに追いつけた場合は、相手の動きを見ながら逆をつく必要があることが多いようです。クロスに打つか、ストレートに打つか、ロブを上げるかの3択であることもありますが、ネットにあまりに近いとロブは打てないことが多いようです。この時も早く追いつけるほど高い位置で打てるので、選択肢も増えます。

ドロップショットを拾う場合も、相手の動きをよく見て、少しでも反応を早くすることが重要です。まずは相手がドロップショットを打ってくることを想定しておくことが重要です。

最初は相手の動きが予測できなくても、ある程度試合が進んでくると、相手がどのような時にどのようなボールを打ってくるのか少しずつ観察してデータが得られるはずです。さらに相手のフォームやインパクトの面などを注意してみれば、見破れる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

シングルスの試合で勝つためには、前への動きが重要です。前へのフットワークを練習しましょう。そして、テニスでは相手を観察し、次のショットのコース、軌道を予測することが勝率を上げるためのポイントです。トッププロの試合でも、相手のショットを予測したり裏をかいたりする駆け引きが勝敗を分けることが少なくありません。観察力と予測する力を磨きましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのダブルスで強くなるには?中級レベル向けの方法

スポンサードリンク テニススクールで週に1回中級クラスでレッスンを受けている人の多くは、何年も中級クラスにいて上級クラスには昇格できないようです。テニススクールでは試合形式でダブルスの練習をするこ …

テニスの上級になるためにフォアハンドの基本をチェックする!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人の中には、週に1回何年も通っているのに上級になれない人が少なくありません。中級レベルまでは、ある程度基本から外れた自己流の打ち方をしていてもごまか …

片手バックハンドの打ち方!ライジングで下がらず打つ!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、片手バックハンドが苦手な人が多いようです。中級同士の試合ならば、ほとんどの場合、相手のバック側にボールを集めた方が有利に試合を進めることができま …

テニススクールで上達するためには自分で打ち方を学ぶ!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベル以上の方は、上達が止まっているような気がして悩んでいる人も多いです。その理由の1つとして、自分でショットの打ち方を調べてい …

テニスのダブルスでバックのスライスでも相手のポーチを防ぐには?

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、安定して威力のあるバックハンドを打てる人はかなり少ないです。まずは相手コートに返球することが必要ですので、特に片手バックハンドの人はスライスで返 …

最近のコメント