テニス

テニスのシングルスでは後ろに下がるフットワークが必要

投稿日:2019年5月29日 更新日:

テニスの試合では、ラリーが続くと、1球ごとに形勢が変わることはよくあります。相手の返球が甘く、短くなれば、前に詰めて打ちます。しかし、それを相手が深いボールで返球してきた時には、後ろに下がって守らなければなりません。つまり、後ろに下がるフットワークについて紹介します。

スポンサードリンク

テニスのシングルスでは後ろに下がるフットワークが必要

テニスのシングルスは、ある意味陣取り合戦的なところがあり、相手を深く、後ろに押し込めて、自分が前に詰められると有利になります。前に行くほど角度のあるショットを打つことができるからです。

反対に相手有利な時は、ポジションを下げて、守備を重視しなければなりません。後ろに下がるほど、相手の打ったボールが自分のところへ来るまで時間があるので、コートの広い範囲を守れる可能性が高くなります。

したがって、前述のようにチャンスでは前に詰めて攻勢に出ますが、守勢になれば後ろに下がります。この後ろに下がるためのフットワークを意識して練習しておけば、試合で守勢に回っても粘ることができます。

もう一つ、少しバック側に来たボールを回り込んでフォアで逆クロスに打つ時も、後ろに下がるフットワークが必要になります。

以下、それぞれについて見てみましょう。

シングルスで相手の返球が良ければ後ろに下がる

シングルスでは、相手コート深くに打って、相手を後ろに押し込むことをまずは考えます。そして、相手の返球が甘く、短くなった時に、ベースラインからコート内に入って、前に詰めて角度をつけて打ちます。しかし、相手も必死に打ち返してきますので、前に詰めて打ったボールを、こちらコート深くに打ち返してくることもあります。深いボールが返ってくると判断したら、素早く下がらなければなりません。

速いボールでは、1歩ぐらいしか下がれないかもしれませんが、中級レベルの試合ならば、トッププロのように非常に速いボールばかりというわけではありませんので、数歩ぐらいは動けるでしょう。

ボールとの距離にもよりますが、通常はサイドステップとクロスステップを組み合わせて下がることになります。打つ時は、後ろ足を踏ん張って、後ろに下がる動きから前に出る方向に重心を移しながら打つことになります。これをせずに、重心が後ろに行きながら打ってしまうと、ボールを上手くコントロールできません。

実際にこのような動きをできるようにするためには、フットワークと素振りの練習をしましょう。


スポンサードリンク

シングルスでは回り込んで逆クロス

少しバック側に来たボールを回り込んでフォアで打つ時も、打点に入るためには後ろに下がりながら回り込むフットワークが必要です。このフットワークが素早くできれば、チャンスボールを増やすことができるでしょう。

回り込んだ時は、ボールと身体の距離を適切に取ることが案外難しいので、少し離れるぐらいの感覚で調整し、打つギリギリまで足を動かして打点に合わせましょう。

回り込んでのフォアを成功させるためには、何よりもフットワークが重要です。これもフットワークと素振りの練習を繰り返し行い、素早く動けるように練習することに尽きます。

実際、後ろに下がるフットワークに限らず、どのフットワークでも同様ですが、フットワークと素振りの練習をしっかりしたか否かではっきりと差が出ます。逆に言えば、練習すればするほど動けるようになります。フットワークの練習は、テニスコートでなくてもできますので、週に1回テニススクールでレッスンを受けているような人でも、テニスコート外で練習しておけば練習量を増やせるでしょう。

まとめ

テニスのシングルスの試合で勝つためには、素早いフットワークが必要です。練習すればするほどフットワークは速くなりますので、しっかり練習しましょう。

テニスのシングルスで勝つための戦術と練習については、こちらの記事「テニスのシングルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのストロークはダブルスとシングルスで違う!解説します!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人は、ストロークでスピンやスライスの練習をします。テニススクールの練習メニューに従って、ベースライン間でストロークを打ったり、ダブルスの試合を想定し …

片手バックハンドの打ち方!ライジングで下がらず打つ!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、片手バックハンドが苦手な人が多いようです。中級同士の試合ならば、ほとんどの場合、相手のバック側にボールを集めた方が有利に試合を進めることができま …

テニスのダブルスでバックのスライスでも相手のポーチを防ぐには?

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、安定して威力のあるバックハンドを打てる人はかなり少ないです。まずは相手コートに返球することが必要ですので、特に片手バックハンドの人はスライスで返 …

テニススクールの中級からポーチの出方をマスターする

スポンサードリンク テニススクールの中級のレッスンでは、試合形式の練習をすることがありますが、クラスの人数が多ければほとんどはダブルスでしょう。ダブルスでは、レベルが高ければ前衛がポーチに出てボレ …

テニスのスライスを極めよう!バックとフォアハンド!

スポンサードリンク ウインブルドンの錦織圭選手と大坂なおみ選手の試合がテレビで放送されていました。トッププロはエースが獲れる強力なショットを持っていますが、それだけでは勝てません。スライスを上手く …

最近のコメント