ライフ

光化学スモッグ注意報が増えている?症状と対処方法は?

投稿日:2019年6月2日 更新日:

先日、自分の住んでいる地域で光化学スモッグ注意報が発令されていました。自分が子供だった頃は、もっと頻繁に光化学スモッグ注意報が発令されていたような気がしますが、最近も光化学スモッグ注意報が増えているのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

光化学スモッグ注意報が増えているような気がしませんか?

光化学スモッグ注意報などの発表延べ日数は、1973年(昭和48年)に300日を超えてピークに達しています。その後、1984年(昭和59年)の100日以下まで減少しましたが、再び増加に転じ、2000年と2007年には200日を超えています。また日本国内でも、地域別に光化学オキシダント濃度の経年変化のトレンドに違いが観られ、近年は西日本や日本海側などで増加傾向が確認されています。

日本では、かつて大気汚染が深刻であった時代から、継続的に大気汚染の原因となる排出物の抑制に取り組んできました。光化学スモッグの原因となる主要な物質に窒素酸化物(NOx)があります。窒素酸化物は主に自動車、船舶、工場などから排出されています。人が住む地域には道路があり、そこを走行する自動車からの排ガスについては、社会的には厳しい目が向けられることもあり、排ガス規制も設けられ、自動車メーカーが排出ガス抑制の研究開発が続けられてきました。その結果、窒素酸化物の排出量は減少しています。

それにもかかわらず光化学スモッグ注意報が再び増加傾向にあるのは、主に中国から流れてきた大気汚染物質の影響と観られています。西日本や日本海側などの中国から大気汚染物質が流れ込みやすい地域の方が、関東よりも増加傾向にあることもそれを支持しています。

中国国内の大気汚染については、ニュースなどでもよく報道されています。またPM2.5などによる中国からの影響もよく知られています。それだけでなく、光化学スモッグの原因物質についても中国の影響が大きく、日本の大気汚染を抑制するためには、発生源の中国の大気汚染抑制まで考えないといけないということのようです。

*参考:環境省 光化学オキシダント調査検討会「光化学オキシダント調査検討会 報告書」、平成29年3月
*参考:ウィキペディア「光化学スモッグ」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%B0

光化学スモッグ注意報・警報が発令されたらどうすれば良い?

前述のような状況ですので、現在の日本でも光化学スモッグ注意報・警報は珍しくありません。

光化学スモッグは、自動車や工場などから排出される窒素酸化物および炭化水素が太陽の強い紫外線により光化学反応を起こし、二次的汚染物質を生成することから引き起こされます。この二次的汚染物質が大気の流れによって拡散せずに、ある地域に滞留してしまうと、霞んで遠くがよく見えなくなります。このモヤモヤした状態を光化学スモッグと呼んでいます。

光化学スモッグ注意報が発令されたら、屋外での長時間の激しい運動を控えましょう。できるだけ外出せずに屋内に居る方が安全です。

光化学スモッグの原因物質が気体(ガス)状ですので、屋内でも換気や窓の開閉を最小限にした方が良いでしょう。


スポンサードリンク

光化学スモッグによる症状と対処方法

光化学スモッグの健康被害としては、以下のようなものがあります。

・目がチカチカする、痛み、異物感、涙が出る
・喉の痛み
・めまい、頭痛
・呼吸困難
・嘔吐
・意識障害

上記の症状のうち、めまい以降に記載の症状は重症化した場合のもので、通常は光化学スモッグ注意報が発令された時に屋外にいたからといって直ちにこのような症状が出るわけではありません。光化学スモッグ注意報の発令に気がついたり、何らかの身体の異変を感じたら、すぐに屋内に入りましょう。

光化学スモッグの原因物質はガス状ですので、通常のマスクを着用してもほとんど効果はありません。目を洗う、うがいをする、露出していた部分の肌を洗うと良いでしょう。特に気管支炎や喘息の症状のある方は、これらが悪化する可能性がありますので要注意です。

これらの対処をしても症状が改善しない場合は、医療機関で診察を受けましょう。

まとめ

最近増加傾向にある光化学スモッグについて紹介しました。現代の便利な生活を実現するためには、環境に大きな負荷をかけていることをあらためて認識しますね。

大気汚染防止にために排気ガスを出さない電気自動車などに期待が寄せられています。電気自動車は本当に環境に良いのでしょうか?こちらの記事「電気自動車は環境にいいのか?デメリットは?普及の課題は?」で紹介しています。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

長期投資とデイトレードのどちらを選ぶ?メリットとデメリット

スポンサードリンク インターネットでの株取引が格安の手数料でできるようになって以来、多くの個人投資家が誕生しました。もはや株式投資は一部の人のやることではなく、一般的なものとなったと言えるでしょう …

賃貸アパートが寒い!ヒートショックが心配!断熱が必要!

スポンサードリンク 寒い季節になると住宅の断熱性能の差が出ます。高性能の断熱住宅は、家全体がしっかり断熱されていて、家の中の場所による温度差が小さく、快適です。しかし、一般的な賃貸アパートは、断熱 …

台風による被害を過去の事例から学ぶ!被害を防止するために

スポンサードリンク 地球温暖化が進んでいるのでしょうか?日本へ来襲する台風の数が増えるとともに、その勢力も強くなっているようです。台風により大きな被害を受けたことがない方は、天気予報で台風が近づい …

お金持ちになる方法は株式投資か?調べてみました!

スポンサードリンク 多くの人が経済的な問題に苦しんでいます。非正規社員が増え、日本で働く人の平均給与が下がり続けています。年金問題も深刻化し、今後は受給開始年齢も上がり、受給額も下がる可能性が高そ …

エアコンを安く買う方法と時期を知らないと損!買い替えの方必見!

スポンサードリンク 日本の夏は暑いので、熱中症予防のためにもエアコンは必要です。エアコン無しで気温が35℃以上になった状況を想像すると、ゾッとします。まだエアコンが無い場合は、暑くなり過ぎる前に購 …

最近のコメント