お月見を子供と楽しみましょう! お団子 すすき 月餅

イベント

日本では竹取物語のように、月にちなんだ物語もあり、月を身近に感じ、眺めてきたようです。

特に中秋の名月をお供え物をして楽しんだ経験のある方は多いでしょう。

お月見を是非子供にも体験させてあげましょう!

スポンサードリンク

お月見の団子の意味は?

月を鑑賞して楽しむという風習は古くからあったようですが、家庭でお供え物をして月見が行われるようになったのは江戸時代の中期以降と言われています。

白い月見団子は、月に見立てて丸にしています。地域によっては違う形もあるようです。

月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも行われる。中秋の名月は「八月十五夜の月」のことを指します。また「十五夜の月」は満月のことを意味します。

「十五夜」にちなんで月見団子は15個並べるのが主流です。しかし、もっと少ない数でも家族で楽しめれば良いでしょう。

お供えをした月見団子は、その後にみんなでいただくのが正しいお月見です。美味しくいただきましょう。

お月見のすすきの意味は?

作物の収穫に感謝し、すすきをお供えするようになりました。すすきをお供えするのは、お月見の時期に稲穂が無く、すすきの穂が実った稲穂に似ているからという説があります。

すすきではなく、稲穂を飾る地域もあります。

すすきにしても稲穂にしても風情がありますね。

お月見の月餅の意味は?

「十五夜の月」を鑑賞する風習は中国から伝わりました。中国では古くから月餅をお供え物としてお月見をしていました。しかし、現代では、月餅は中秋節の贈り物に用いられるようになっています。

そんな月餅の由来を知り、いろいろな月餅を味わってみるのも楽しいです。日本でも横浜の中華街などではいろいろな月餅が販売されています。国土の広い中国では、月餅にもいろいろなバリエーションがあります。

中秋節の少し前から販売されますので中華街へ行って食べてみるのも雰囲気に浸れます。インターネットでも有名店の月餅が購入できます。

月餅に限らず、カレーなどのように海外から伝わった後に日本人好みにアレンジされて、定着しているものもあります。中村屋の月餅は、日本風にアレンジされていて食べやすいです。


スポンサードリンク

まとめ

少しずつ日本の風習が失われていくようで寂しくなることがあります。是非、子供と一緒にお月見を楽しんでいただければ、きっと子供にとって一生の大切な思い出になるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました